長久啓太の「勉客商売」

岡山県労働者学習協会の活動と長久の私的記録。 (twitterとfacebookもやってます)

ひめは今日も旅に出る(14)

相方の「民医連新聞」エッセイ14回目です。このエッセイを書けているのも、相棒・MOMO(上肢補助具)のおかげ。岡山県ではMOMOの補助具申請第1号です。

味わい深い黒井千次

今日(17日)は半日介護休みで、半日は事務所に出てお仕事ちょこちょこと。明日は午後から京都で講師仕事。終了後ただちに岡山に帰ってきて、労働学校。その労働学校の準備で、久しぶりに黒井千次さんの『働くということ』(講談社現代新書)をパラパラと。…

今年も80冊ぐらいかなあ。

最近読み終えた本。さいごの『神に守られた島』で今年69冊目。昨年からの介護生活で自宅読書時間が大幅に減り、去年も80冊ちょい。今年も同様のペースです。ふう。『戦争と性暴力の比較史へ向けて』 (上野千鶴子・蘭信三・平井和子〈編〉、岩波書店、201…

基礎学習を大切にしている岡山県医労連

土曜日(13日)午後は、岡山県医労連の2018役員セミナーで講師仕事。 労働組合のそもそも話を60分で。役員さん対象ということもあり、その角度での話もちょこちょこ入れながら。 その後、倉敷医療生協労組書記長による「労働組合法、労働基準法の基礎」…

けっこう大変でした。

最近仕事のことしかアップしてなかったので、記録として書いておきます。10月4日(木)。相方、寝る前に痰が多量に出て、カフアシスト(痰を出しやすくする医療機器)を使うもSPO2(血中の酸素度)回復せず、23時20分頃訪問看護師さんを呼ぶ。看護師さん吸痰試みる…

ブラック職場を考える

【お知らせ】92期岡山労働学校・第3講義は「ブラック職場を考える」。いまだに無くならない過労死・過労自殺。働く人を病ませる職場。労働法はどこに? 自分の働き方を問い直し、社会全体の問題としても考えます。参加者どうしでたっぷり交流。10月18日(木…

グループトーク中心に「なぜ働くのか?!」

昨夜は、92期岡山労働学校の第2講義。14名の参加でした。今期は、講義らしい講義はしない、と初回に宣言。この日も、簡単な問題提起や材料提供したのみで、基本はグループトーク中心でした。 テーマは「なぜ私たちは働くのか?!」レジュメは、以下。1…

長野集会での講演感想文(抜粋)

長野集会での講演感想文です(抜粋)。みなさん、それぞれ持ち場で生かしていきたいと積極的に受けとめていただいたように思います。感謝です。■「個人の尊厳」「人間の尊厳」、職場での話をするなかで、使えると思いました。学習会の具体的な計画の立て方、…

長野集会での講演報告

全国学習交流集会in長野、3日目(8日)の講演のご報告です。前日(7日)の夕方に長野市内入りし、岡山からの参加者、群馬、愛知のみなさんと懇親会。健全に21時にはホテルに帰り、23時就寝。翌日の会場は、昨年末にも長野民医連の奨学生合宿で講師にこさ…

広島にて講演の予定2つ

【お知らせ】広島にて女性の集会で講演します。どなたでも参加できます。どちらもジェンダーに力点をおいた「講演」ですが、参加者どうしの交流やワークショップも入れながらやります☆ *10月28日(日)10時~「働く女性の中央集会第1分科会」。テーマは「誰…

なぜ私たちは働くのか?

92期岡山労働学校・第2講義は「なぜ私たちは働くのか?!」先週、参加者から多く出された問いは、そのものズバリ「なぜ働くのか」。命や健康や自分の時間を削りながら、それでも働く。なぜこんなことに?この問いをみんなで考えます。10月11日(木)18時半~…

「学びあう場のつくり方」(長野集会レジュメ)

(とりあえず、長野集会での講演レジュメをアップします)一。学習運動と私 1。新しい視野の獲得―私のあゆみとも重ねあわせて 「“労働者としての医師の働き方”という、たんに“医師とし てどうなりたいか”という考えではない考え方ができて新 鮮でした」(医…

峠の釜めしのみ。

きのう(8日)の長野での講演ぶじに終わりましたー。詳細はまたのちほど。今回は時間ほとんどなく、長野の美味しいものを食べたのは、帰りの特急のなかでの「峠の釜めし」のみ。

どうなる憲法改正―労働組合として

昨夜(5日)は、全医労岡山地区協議会の執行委員会にて前段学習会30分。「どうなる憲法改正」がテーマ。まず、労働組合と憲法の関係性をおさえたえと、なぜ憲法改正には高いハードルがあるのか、改憲をめぐる政治情勢、組合員にどう憲法を語っていくかな…

アンコール学習会 「暴力とジェンダー」

9月に行われた「2018ピースエッグinおかやま」の分科会、「暴力とジェンダー」。参加したかった!の声が多く寄せられたため、アンコール学習会を企画しまし。11月12日(月)。詳細はチラシに。日本軍「慰安婦」問題から、日常のジェンダーの問題まで。…

92期岡山労働学校がスタート!

はい。そうなんです。1年以上ぶりの労働学校でした。まずは、参加者の感想をいくつかご紹介します。 ■交流の中から講義内容が決まっていくのが新しいスタイルで、より主体的に参加できるし参加者にとってより充実したものになると学んだ。これからが楽しみ…

ひめは今日も旅に出る(13)

『民医連新聞』の相方エッセイ13回目です。昨年の青森と京都の旅写真を2枚入れたので文章ちょい短めに。先日、山口県のとあるおじさんが相方のエッセイを読んで「曽根さんの筆力には驚いた。一緒に脚本を書きたい」と (@_@)

岡山県の最低賃金は807円になりました。

今朝(4日)、もよりのドラッグストアにて。 昨日から岡山県の最低賃金807円になってるのでアウト。レジを済ませたあと、店の方に「法律違反になりますので」と伝えました…。最賃ギリギリの募集はこういうことが起こりやすいです(怒)。

介護休みで総社→Arioへ。

きのう(2日)は介護休みの1日。ヘルパーさんと3人でお出かけ。障害福祉サービスの外出支援を使っています。総社でランチ。他にも重度障害者のご家庭をいろいろ行かれてきた経験のあるそのヘルパーさんいわく、「すごくご家族が頑張ってると思いますよ。ヘル…

意気投合感。

今日(1日)の午前中、夫さんが昨年ALSを発症された女性とお会いした。とある労働組合の書記の方の、元同僚の方。書記の方が私たち夫婦のことを知っていて、紹介を通じてという形。先方よりアポイントがあった。事務所近くの喫茶店で、たくさんお話をした…

92期は来週開校です!

92期岡山労働学校「職場を変える・哲学教室」 交流とミニ第1講義「なぜ職場を変えるのか」は10月4日(木)18時半~。今期は「職場を変える」を太い軸に、実践につながるものの見方やワークショップを中心に開催。明日への力わく学びと。楽しくとこと…

尊厳をまもるために

昨日夕刻、わが町の健康福祉課長と相方の担当職員が来宅されました。というのも、相方のケアマネさんと担当職員とのあいだで交わされた障害者福祉サービスをめぐるやりとりなかで、耳を疑うような尊厳軽視の発言(詳細はふせます)が担当職員から発せられた…

もう10日後だ。

10月8日(月)、労働者教育協会が主催する「全国学習交流集会in長野」の3日目で講演するのだけれど、レジュメがまだほとんどできていない。まだ先まだ先、と思っていたら、もう10日後だ。人生そんなもんだ。長野では、学習運動の話とか、個人の尊厳の話…

「1対1対話」「よい聞き手になる」

昨夜は『職場を変える秘密のレシピ47』読書会3回目。3回連続で6名の参加(人は多少入れ替わり)。 今回は「1対1対話」「よい聞き手になる」など中心に。あれこれあれこれ90分。話のなかで、岡山労働学校全盛期(20年ほど前)の募集活動を思い出した。誰が…

準備はたいへん。行きたいという意志が大事!

先週末の奈良旅。今回は、旅の準備やバリアフリー視点でのことをちょこっと書きたいと思います(といいつつ長いです)。【介護者は最低2人必要】相方は、重度障害者ですし(気持ちはまったくそうでないのですが)、人工呼吸器24時間装着、車いす移動、な…

「行けるときに行っとこうツアー2018 第5弾in奈良」

この3連休(22日~24日)は、「行けるときに行っとこうツアー2018 第5弾in奈良」でした。22日(土)は相方が民医連で看護学生担当をしていたときの友人と、奈良公園近くのカフェでお会いする。10数年ぶりだそう。23日(日)は奈良町のあたりをウロウロ散策…

先月に引き続き、徳島民医連で6か月職員研修

金曜日(21日)は、徳島民医連の6か月(1年目)職員研修で講師仕事でした。憲法とものの見方の2本です。 いつもの会場です。この研修会は5年連続で、いつも2回しますので、10回目ということになります。午後のものの見方のところでは、社会問題の情…

きっかけと自分の動機

きのう(20日)の午後は、岡山民医連の第6回平和ゼミナールの3回目。今期は人数少なくてちょい寂しい…(>_<)課題文献を読んでの発表と感想交流。 ここ3年ぐらいは、この3冊で変わりなし。あと少しだけワークショップ(その場の思いつきで)。時間を使う優先順…

ひめは今日も旅に出る(12)

相方の「民医連新聞」でのエッセイ12回目。依頼当初は、「半年12回ぐらいで」との計画でしたが、書くことたくさんあるなあーとなり、1年連載に変更したのです。実際、12回でもまだまだ書けてないことたくさん!来年3月までいきますよー。

安心して伝えあえる空間を

『学習の友』9月号に、「安心して伝えあえる空間を~憲法21条の実践」という短い文章を書きました。以下です。* * * * * * * * 「日本人には、長い封建主義の習慣から、頭ごなしの強い意見を主張するものがあると、つい『さわらぬ神にたたりなし…