長久啓太の「勉客商売」

岡山県労働者学習協会の活動と長久の私的記録。 (twitterとfacebookもやってます)

ご報告から1年たちました。映画『ギフト』もおすすめ。

昨年のきのう、相方がALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症したことをこのブログでもみなさんにご報告しました(FBでもしてます)。この1年間のことを、相方とふり返りの夜でした。(もちろん美味しいものを食べながら・・・)生きるのって大変だなあと感じつつ、多く…

今年度の平和ゼミナールも中盤に

今日はこれから岡山県民医連の第5回平和ゼミナールの5回目。今年度のゼミも中盤です。本日の内容は、1月に2泊3日で行く沖縄フィールドワークの事前学習1回目。私から「沖縄戦と沖縄戦後」の45分講義、その後45分版の「標的の村」を観賞し、討論し…

自宅では仕事しません(きっぱり)

今日は介護休みのあいだに、ちょい事務所に出てお仕事。たった90分ですが。自宅で仕事すればいいだろー、って思われるかもしれませんが、自宅では集中できないし、いい仕事できないです。仕事と生活の境目がなくなっちゃいますしね。だから専従生活20年…

違いを残して、手をつなぐ。

屈しない、というのは難しい。相手が強大であればあるほど。だから、屈しないたたかいに、私は心を揺さぶられる。叱咤を受ける。自分が問われる。3年前に訪れた沖縄の「不屈館」で、瀬長亀次郎の言葉にうなり、メモをした。「小異は捨てちゃいかん。人それ…

今年も子守唄と書かれました・・・。

土曜日(11日)は、もろもろの家事労働の合間に、今年度のソワニエ看護専門学校「ものの見方・考え方」授業のレポート採点。「自分のことを見つめ直した時間になった」という感想が多い。手について、言葉について、「わたし」について、生活や労働につい…

スターリン、知っては、医者の、医師崩壊、医療崩壊、オルグの、ゴースト、空き家

最近読み終えた本。『現代史とスターリン~ 「スターリン秘史ー巨悪の成立と展開」が問いかけたもの』 (不破哲三・渡辺治、新日本出版社、2017年6月) 驚愕の連続だった不破氏の『スターリン秘史』全6巻を読んだ人でないとわからない内容だけど、そういうレア…

「書いて伝える・文章教室」 開催します!

活動などをしていて「もっと多くの人に知ってもらいたい」「伝えたい」という思いを持ったことはありませんか。伝えるためには、私たちの言葉や文章をみがく必要があります。今回は「書いて伝える」ことにしぼり、その極意やポイントを学び、実際に練習もし…

富山県労連わくわく講座の最終回!でした。

長野民医連での講師仕事を終え、富山へ移動。7日の夜は富山県労連にて「わくわく講座」の4回目(最終回)でした。 4回のなかでいちばんの参加者数!私から「いきいき労働組合活動」というテーマで1時間の講義。組織はひし形をしていること、生き物であること…

長野民医連新入職員研修の2回目です。

きのう(7日)は、長野・上諏訪のお宿で起床。部屋の窓をあけてみると・・・。 先月は悪天候でまったく見えなかった諏訪湖が一望。 なんと富士山まで見えました。透き通る秋の朝。さて午前中、長野民医連新入職員研修での講師仕事でした。 先月に引き続き2回…

「声をあげてもいいんだと思った」

今日(6日)は、午前・午後と2部制で、生協労組おかやまパート部会の新入労組員研修。いつもの「労働組合そもそも話」。 感想交流では、「わかりやすく学べた」「声をあげていいんだと思った」「日本の状況が当たり前でないことを知った」「言われた条件で…

行っとこうツアー2017 第7弾inしまなみ(下)

「行けるときに行っとこうツアー2017 第7弾inしまなみ」の後半。4日(2日目)は、ゆっくり始動。愛媛の今治市なので、やはりタオルを買ったり。そして今回の旅のメインであるしまなみ海道へ。まずはバラ公園で。 その後も、本格的にしまなみ海道の島々を満…

行っとこうツアー2017 第7弾inしまなみ(上)

3連休は、「行けるときに行っとこうツアー2017 第7弾inしまなみ」でした。前日の2日(木)から、京都や青森から規格外の仲間がふたたび集結。お昼からデミカツ丼を食べ、夕方は美観地区を案内しました。倉敷民芸館に入りました。 でも時間がちょっと足りな…

東京出張の1日。テキストづくり大詰め。

きのう(31日)は、勤労者通信大学入門コースの教科委員会で東京出張。 名古屋を上から眺めるの図。テキストづくりは大詰めです。まあ、初めて開設するコースなので、完璧とはいえませんが、なんとか形になるまでこぎつけました。募集を成功させたいです。

こちらでも無期転換ルール学習会

アップを忘れていましたが、金曜日(27日)の夜も、「無期転換ルール」学習会で講師。岡山医療生協労組にて。 そもそも有期雇用自体が例外であるべき。ヨーロッパでは合理的理由なしに有期雇用は認められない。労働者は賃金で生活が成り立っているが、生活は…

無期転換ルール学習会3回目。

今日(30日)のお昼は、倉敷医療生協労組の「無期転換ルール」学習会。本日はコープリハビリ病院にて。 しつこいですが、労働契約法の改正により、同一使用者との有期雇用契約が通算5年たつと労働者の申し込みで無期(期間の定めがない)契約に転換できるよ…

生協労組おかやまで「人権感覚をみがこう」

今日(28日)はさきほどまで、生協労組おかやまの中央執行委員会で学習会講師仕事。「働き方と人権―人権感覚をみがこう」というテーマで1時間ほどあれやこれや。 人権とは、私が私でいられるためのことがら。すべての国民が生まれながらにしてもっている…

無期転換ルール学習会2回目。

今日(27日)はさきほどまで、倉敷医療生協労組パート部の「無期転換ルール」お昼休み学習会。本日は水島協同病院にて。 メリットがぴんとこないという感想が複数。医療生協の場合は雇い止めの不安もまあないですし、労働組合に入ることをためらうこともな…

たくさんの人に動いていただいて

相方がALS(筋萎縮性側索硬化症)と診断されて、だいたい1年がたちました。今年3月に体調を崩して以降は、ほぼ安定し、好きな旅行にも次々と行くことができ、彼女らしい生活が一定できていると思います。もちろん進行は確実にすすんでいるわけですが。…

無期転換ルール学習会。声をあげる足場をつくる取り組み。

今日(24日)はさきほどまで、倉敷医療生協労組パート部の「無期転換ルール」お昼休み学習会。玉島協同病院にて。同一使用者との有期雇用契約が通算5年たつと労働者の申し込みで無期(期間の定めがない)契約に転換できるように(2018年4月から)。労働者にデ…

その島の、銀翼の、花咲舞が、助け合いたい

最近読み終えた本。少々疲れているため、難しい本は読んでいません。『その島のひとたちは、ひとの話をきかない ~精神科医、「自殺希少地域」を行く』 (森川すいめい、青土社、2016年) 日本で自殺率がとても低い地域(自殺希少地域というらしい)に、精神…

歴史を学ぶことを大事にしてほしい。

いま『学習の友』に連載している「労働組合のむこうに」。2回目となる11月号には、女性労働者たちのたたかいの歴史をふりかえりながら、いまある現実をつくってきた力について書きました。 「よかった」という感想がいろいろなところから届いています。こ…

気持ちは晴れませんが、進んでいきます。

台風一過の快晴です。でも気持ちは晴れません。またまた安倍政権が続くと思うとうんざりですが、これが現実なので、またがんばるしかないですね。でも、がんばり方は、もっともっと練らないといけない。ただがんばればいいのではない。運動と組織を強くした…

投票日まであと2日。そわそわするけど。

投票日まであと2日ですね。奮闘されている全国のみなさんに敬意を表します。先日期日前投票で、選挙区も比例も共産党に入れてきました。自公政権がくつがえることはなさそうな情勢ですが、1議席でも少なく、そして立憲野党が伸びればと、心そわそわする毎…

『健康格差―不平等な世界への挑戦』

『健康格差―不平等な世界への挑戦』 (マイケル・マーモット著・栗林寛幸監訳・野田浩夫訳者代表、 日本評論社、2017年8月)を読み終える。 WHOにおける健康の社会的決定要因(SDH)の報告づくりを主導した公衆衛生の医学者。広い見識とヒューマニズム…

『死を前にした人にあなたは何ができますか?』

『死を前にした人にあなたは何ができますか?』(小澤竹俊、医学書院、2017年8月)を読み終える。 著者はホスピス医。これまでも小澤先生の著書は何冊も読んできて、多くのことを教えてもらった。とくに解決できない苦しみを抱える人への寄り添い方や援助方法…

富山県労連で3回目のわくわく講座

そして長野から移動して16日夜は富山県労連わくわく講座学習会の3回目。 この日も約20名の方が参加。これってなかなかすごいですよ。今回は「労働組合のたたかい方」がテーマ。要求をなにより大事にする、集まる場の工夫、民主主義的運営、要求の重層性…

長野民医連新入職員研修 温泉宿で1泊研修すごいぞ

きのう(16日)の午前中は、長野民医連新入職員研修での講師仕事。「ものの見方・考え方ー民医連職員としての成長」というテーマで休憩はさみ2時間。 前半のテーマを「生活と労働から疾病をとらえる」、後半を「憲法、人権感覚」としました。1年目のみな…

働き方にこだわろう。岡山県医労連パート部で。

今日(15日)午前中は、岡山県医労連のパート部集会で講師仕事。「労働組合のそもそも~働き方にこだわろう」がテーマ。1時間ほどしゃべりまくり。ランチを食べたあと、感想交流などするようです。 岡山市内の某ホテルの一室にて。以下、講義の大枠です。…

気が早い。明日はビラまきしよう。

今日午後は仕事上のとある原稿書きに没頭。資本主義社会は「つくる」と「つかう」が極度に分離した社会。「買う」という生活行為の比重が大きくなった。商品の2つの性質は使用価値と価値で・・・。価値の大きさはこのように・・・。久しぶりに、経済学をわかりや…

クルマ社会と子どもたち

『クルマ社会と子どもたち』(杉田聡・今井博之、岩波ブックレット1998年)を読み終える。 交通事故を無数に引き起こすクルマ社会の異常、かつて人びとの生活空間・子どもの遊び場だった道の変質、変わるべきは車優先の道路環境…。コンパクトに学べます。日本…