長久啓太の「勉客商売」

岡山県労働者学習協会の活動と長久の私的記録。 (twitterとfacebookもやってます)

沖縄からの本土爆撃

最近読んだ本。『沖縄からの本土爆撃~米軍出撃基地の誕生』(林博史、吉川弘文館、2018年) 米軍の沖縄戦そのものが、日本本土進攻のために出撃基地確保という目的をもっていた。4月1日の上陸後、すぐさま滑走路の接収・整備・拡張が行われ、沖縄戦の真っ…

沢山さんの新刊です。

岡山労働学校などで以前、数回講演いただいた沢山美果子さんが、岩波新書から新刊を出されました(8月刊)。 『性からよむ江戸時代~生活の現場から』(820円+税)です。江戸時代の人々の性意識や規範を、史料から丁寧に読み解いています。現代の価値観から…

おでかけ&おでかけ

前日体調崩したので、どうなるかと思いましたが、日曜日(20日)、相方の体調は無事に回復し、前から予定していたお出かけ。 高島屋の北海道展に! 並んでいた商品はいつもの感じでしたが、人は思ったより少なかったです(^_^;)相変わらずの次々爆買い! 新…

社会権再生への連帯―講義概要

9月4日の社会権講座3回目の講義要旨です。8000字ぐらいあります。あくまで要約です。 最終回になる。今日は元気になるような問題提起をしたい。はじめに紹介したいのは、2日前の菅官房長官の総裁選出馬会見での発言だ。「国の基本は自助、共助、公助だ。ま…

『ブラックウェルに憧れて』を読む

土曜日(19日)は相方が調子イマイチで(痰が多く)、午後の会議も休ませてもらい、1日オウチに。といってもヘルパーさんいるのでひとり介護ではないですが。そんなわけで一気に『ブラックウェルに憧れて』(南杏子、光文社、2020年7月)を読み終えました…

反響のお手紙

金曜日(18日)、知り合いの方からお手紙が届く。なにごと? と思って読みすすめていたら、水曜日のRSKイブニングニュースをたまたま見ていたところ、ぼくが映ってビックリしたと。 相方が病気だということも初めて知って驚いたと。暖かい励ましのお手紙に…

94期労働学校、再度延期します。

問い合わせがありましたので、あらためて。10月開校予定だった94期岡山労働学校は、再度延期いたします。コロナ感染が収まりきっていない状況のなかで募集活動も思い切りできず、93期受講の約半数が医療関係者という特徴もあり、94期の成功条件がつくれない…

いつものように乱読

最近読んだ本。 『「知識基盤社会」論批判―学力・教育の未来像』 (佐貫浩、花伝社、2020年3月)いつものように、佐貫さんはラディカル。「この本で展開した論理は…今日の経済学と教育学をつなぐ一つの挑戦」と述べられている。グローバル資本によって歪めら…

『官製ワーキングプアの女性たち』

『官製ワーキングプアの女性たち~あなたを支える人たちのリアル』(竹信三恵子・戒能民江・瀬山紀子編、岩波ブックレット、2020年9月)を読み終える。 暗澹たる気持ちになる現場からの報告。会計年度任用職員制度そのものが、働くひとの尊厳を奪うもの。官…

コロナ禍のもとで-講義概要

(8/21の社会権講座2回目の講義要旨です。7500字ぐらいあります。あくまで要約です) まず前回(1回目)のポイントを振りかえる。1点目、日本の最高法規である憲法には、社会権が明記されている。25条~28条+24条がそれにあたる。2点目、社会権はおもに…

時間について考えた

今日(15日)午後は、ソワニエ看護専門学校の今年度11回目の授業。めずらしく3限目。「人間の時間について」をテーマに、時間について深めました。人間にとって時間とは何か。時間を認識し生活できることの意味。暦をつくり出した。時計の発達。時間意識を…

「毎回、目からウロコがおちる」

今日(14日)は、10時から生協労組おかやまパート部会の新入組合員研修でいつもの労働組合そもそも話。 前の席の方がうなづきながら聞いてくれて、とてもやりやすかった。ある方は「熱いお話をありがとうございました」と感想で。専従の部会長はぼくのこの話…

岩国でものの見方学習会

きのう(13日)は岩国へ。山口県学習協・岩国地域労連・岩国ユニオン共催の、ものの見方学習会でのお役目でした。テーマは「変革の哲学~ものの見方をみがく」。 主催者予想の倍、40人超える参加で会場いっぱい(密でした…笑)。哲学と労働組合のそもそもを“…

またテレビの取材を受ける

今日(12日)午前中、RSK山陽放送からの取材。 来週水曜日(たぶん)のイブニングニュースという番組でALS患者さんのことを放送するそうで、うちと、もうひとり患者さんを取材。京都のALS嘱託殺人の件もふまえての内容になるそう。主治医の難波先生も同席。…

久しぶりの長距離移動で千葉まで

久しぶりの長距離移動の出張でした。水曜日(9日)の午後から移動し、千葉まで。めっちゃ久しぶりの関東。 千葉駅に隣接するホテル13階からの眺めよし。なんと部屋にマッサージチェアもあって、もみほぐされました(笑)。で、きのう(10日)、丸1日の講…

「運動なきところに変革なし、という言葉に」

昨夜は社会権講座の最終回(3回目)でした。 参加は、やはり伸びずに12名。3回通して女性参加率が高かったのと、若者も一定数いたので、そこは評価。きのうは「社会権再生への連帯」ということで、財源論、富と貧困の相互性・共同性、エンパワーメントの…

1条1条ていねいに解説すると

今日(1日)午前中は、林精神医学研究所(林病院、ひだまりの里病院)の4年目研修で日本国憲法の講義。3時間たっぷり。13人の参加。 憲法のそもそもと第3章の人権解説を中心に。1条1条ていねいに解説すると、憲法がぐっと身近になるよう。時間がある…

最終回は4日(金)です~

社会権講座の最終回(第3回)は今週4日(金)に開催です。 「社会権再生への連帯~新しい社会の核心と展望」がテーマ。 ここまで社会権(人権)が壊されている状況のなかで、 私たちの運動に何が求められているのか。 財源論、連帯とエンパワーメント、社…

受けとめのたしかさ。

きのう(27日)は広島へ。14時~17時まで、広島民医連・幹部養成基礎講座の2回目でした。 まずは自分と民医連のヒストリーを3分で個人発表。それぞれの職種や経歴ごとに「民医連らしい事例」が違い、その多様さが面白い。また自分が心動かされたことが語ら…

『深夜航路』とはいかに。

おもしろい本を読んだ。たまたま本屋で出会った掘り出し物である。『深夜航路~午前0時からはじまる船旅』(清水浩史、草思社、2018年)である。 といっても、私の趣味のど真ん中ストライク、の内容だから、興味のわかない人も多いかもしれない。そういう人…

2回目でした!

昨夜(21日)は社会権講座の2回目、「コロナ禍のもとで~人権の危機とその背景」でした。 参加は1回目とほぼ同じ12名。うち20代小学校教員の男性以外はすべて女性。どうしてこうなるのかは謎です。講義は、日本における社会権の毀損、新自由主義と自己責任論…

社会権とは何か―講義要旨

(先日の社会権講座1回目の講義要旨です。5400字ぐらいあります。あくまで要約です) はじめに、なぜこの講座を開こうと思ったのかというと、やはりコロナのことが念頭にある。コロナは社会の様々な問題をあぶり出し、鮮明にしたと言われるが、その大きなひ…

社会権講座の壁と課題と

昨夜(7日)の社会権講座1回目「社会権とは何か~獲得されてきた現代的人権」は13人の参加(また内容はご報告します)。コロナで集まりにくかった(声かけしづらい)のもあるけど、宣伝しても、今回は反応がほぼ皆無。「社会権講座」というのがピンとこない…

憲法を身につけ、人権感覚をみがく

今日午前中は、林精神医学研究所(林病院、ひだまりの里病院)の4年目職員研修で日本国憲法と人権感覚の講義。3時間弱たっぷりと。対象は20人いるんですが2回に分けて、今日は6人。少し寂しい雰囲気でしたね・・・(部屋広いし)。 最初、ちょっとお題…

広島出張の寄り道編

きのうの広島出張は7月唯一の県外でのお仕事でした。半年ぶりぐらいに新幹線乗りましたが、やはりガラガラ。これだけ感染が広がってるんで、当然ですよね。でも長距離移動って、やっぱり気晴らしにはなります。 で、黒い雨裁判の翌日なんで、中国新聞を買っ…

3年目となる広島民医連幹部養成基礎講座へ

きのう(30日)は広島へ。14時から、3年目となる広島民医連幹部養成基礎講座の1回目。今年はコロナの影響で1回少なくなり、全6回のカリキュラムで、そのうち私は5回参加します。 まあ、内容は1年目・2年目とほぼ変わりません。きのうの1回目は、偏愛マップ自…

来週から始まります~

岡山県学習協では、8月7日(金)より隔週金曜日、 「社会権講座~コロナ禍のなかで、人権を守る」 を開催します(全3回)。 縦バージョンのチラシをつくりました。ぜひご参加を! ≪全3回のカリキュラム≫ ①8月 7日(金)「社会権とは何か~獲得されてき…

蒜山高原へお出かけ

岡山では連日コロナ感染者が増え、きのうは岡山市で県内初のクラスターと… うーん。たいへん。そんななか昨日(19日)は相方と毎年恒例の蒜山高原へお出かけ。姪っ子さんとヘルパーさんと。 観光客も日曜日なのに少なめ。心配された天気も暑すぎず、ときより…

「立場が意識をつくる」について考えた

昨夜、酔っぱらった頭でふと、「立場が意識をつくる(規定する)」という、わが活動界隈で時々使われる言説について考えてしまった。この言説については、経験的にも理論的にも納得していてその通りなのだけれど、運動論的にはもう1歩踏みこんで考える必要が…

感想文を深めるだけでいい授業ができそう

先週火曜日(7日)のソワニエ看護専門学校の授業(今年度6回目)では、「生活と働くこと」というテーマで、日本の労働者の現状ふくめいろいろ話をしたのですが、各自の体験や認識ふくめ、さまざまな感想文がでてきます。明日(14日)の授業は、看護の労…