長久啓太の「勉客商売」

岡山県労働者学習協会の活動と長久の私的記録。 (twitterとfacebookもやってます)

時間を考えることは、人生や生活を考えること。

91期岡山労働学校「時間を考える教室」も今日最終講義。第5講義以外の講師を担当し、講義を通じて自分自身の時間に対する考え方がさらに豊かに広がったと思う。参加者のみなさんの感想や討論も、とても学ぶこと多かったです。時間を考えることは、自分の…

この夏は難しい理論書を読もう

最近読み終えた本。ここ1か月ぐらいです。理論書がないね・・・。この夏は難しい本よもっと。『身体へのまなざしーほんとうの看護学のために』 (阿保順子、すぴか書房、2015年) ケアする人間とケアされる人間。身体の相互浸透。ではその身体とは何か? 臨床の…

「歴史を学んで憲法の重みを感じた」

日曜日(25日)の午後は、民主青年同盟岡山県委員会の連続学習会で、憲法学習の2回目。 今回は「日本国憲法誕生の背景ー歴史を学ぶ」というテーマで、明治維新以後の日本の戦争の歴史と加害の具体的内容、憲法の言葉に込められた意味と決意について80分しゃ…

労働組合の活動をつないでいくのは大変

青森から帰ってきた土曜日(24日)の夜は、岡山県医労連に加盟している、ももたろう会労組の定期大会でした。 「4回」ということからわかるように、まだまだ若い労働組合です。大会前の事前学習で労働組合の基本をあれこれ40分ほど。感想交流でよい交流も…

青森県民医連の青年憲法ゼミナールへ

そして先週金曜日(23日)は、午後から青森県民医連第1回青年憲法ゼミナールでの講師仕事でした。朝イチで岡山空港から羽田へ。そして羽田から青森空港へ。11時15分着。バスで青森駅へ移動。会場はそこから徒歩10分。 8月のねぶた祭に向け、ねぶたが管理…

「これを伝えるしかないと思った」

遅くなりましたが、先週の労働学校(22日)の報告です。91期「時間を考える教室」の第7講義は、「労働時間短縮の歴史とその原動力」でした。参加は11名でした。以下、講義の概要です。一。資本主義社会では、労働時間は伸び縮みする 1。資本主義以前では …

明日、今期の最終講義です。

91期岡山労働学校「時間を考える教室」第8講義(最終講義)は6月28日(水)18時半~。「ゆとりある私的時間の創造―時短革命の時代」人間らしい生活、豊かな生活とは何かを考えながら、時短がもたらす社会的効果も問題提起。今期の最終講義です。単発参加OK。…

あっぷあっぷと。7月中旬までかなあ。

あっぷあっぷと喘ぎながら仕事をしております。今月はあと9日しかないのに、講師仕事はあと8回あります。さらに、もろもろの実務活動などもあり・・・。まあ、6月は毎年こんな感じでありますが、今年は労働時間に制限があるので、いろんなものをカットカット…

本日。「労働時間短縮の歴史とその原動力」

91期岡山労働学校「時間を考える教室」第7講義は6月22日(木)18時半~。「労働時間短縮の歴史とその原動力」。労働時間を短くする、制限する労働者のたたかいの歴史。そしてその原動力は何だったのかついて学びます。 単発参加OK。詳細チラシに。

今日は実務の1日でした。

今日はほとんど実務、実務、実務でした。会報印刷して、請求書つくって、郵送して、配達の準備して。なんとか目処がついた。明日は雨みたいなんで、やっぱり事務所でゴソゴソしますかね。実務って始まる前はちょっとユーツですけど、終わるとスッキリします…

ユマニチュード(人間らしさ)

『ユマニチュード~なぜ、このケアで認知症高齢者と心が通うのか』 (イヴ・ジネスト、ロゼット・マレスコッティ著、 本田美和子日本語監修、誠文堂新光社、2016年)を読み終える。 人間の尊厳の問題から、それがケアの理論と技術につながっているということ…

和歌山で組織づくりとものの見方を語る

土曜日(17日)の午前中は、和歌山生協病院の会議室にて和歌山民医連看護役責者研修交流会の講師仕事でした。看護の役責者のほか、公開講座ということで事務の方も参加されていて、40人ぐらいだったでしょうか。 「人間発達ができる組織づくり~看護とも…

ソワニエ8回目授業を終え、夕方は和歌山に移動です。

さきほどまで、ソワニエ看護専門学校での8回目の授業。今日は人間の言葉についてあれこれ。言葉の役割、考える力と語彙の豊かさの関連、書くことの意味、「痛み」の言葉について考える、言葉はもろ刃のやいば、医療者としてどんな言葉をもつのか、などなど…

『友』読書会、次回は7月3日です。

だれでも参加OK!月刊誌『学習の友』の読書会☆記事を読みあわせて感想交流するだけ。みんなで読むと受けとめの違いもわかって面白い。7月3日(月)18:00~。地方自治会館2階(岡山市北区春日町)です。7月号を使います。読者でない方でもOK。参加無料。

家事労働とジェンダー問題で討論白熱!

昨夜は、91期岡山労働学校の第6講義、「家事労働時間とジェンダー問題」でした。参加はとうとう8名に!内容が超面白いだけに残念です・・・(やっぱり毎週言っている)。きのうのグループ討論もはげしく盛り上がっていました。白熱です。それぞれ家庭文化や環…

民主主義をつくりたい。

相談や共謀(話しあいの段階)が罪となり警察の捜査対象に。法律の内容・定義があいまいで恣意的に乱用される。罪を立証するため電話やメールやラインを盗聴。民主主義が押しつぶされた戦中の教訓から憲法21条では「通信の秘密」を侵してはならないと規定…

家事労働時間とジェンダー問題

91期岡山労働学校「時間を考える教室」第6講義は6月15日(木)18時半~。「家事労働時間とジェンダー問題」 家事労働とはそもそも?日本では女性に負担が集中している現実が。家事労働と人生の時間の考察! 単発参加OK。詳細チラシに。

余暇学。いい学問である。

『余暇学を学ぶ人のために』(瀬沼克彰・薗田碩哉編/日本余暇学会監修、世界思想社、2004年)を読み終える。 「労働の後に入手する余暇という考え方でなく、余暇は独自な存在意義がある」に強く共感する。平日余暇、週末余暇、季節余暇、年に1度程度の長期余暇…

第60回えひめ母親大会で講演

日曜日(11日)は、第60回えひめ母親大会での講演仕事でした。出番は午後の全体会。300人ほどの参加だったように思います。 テーマは「私が私であるためにー女性と憲法」。当たり前に思っている「常識」やジェンダーを問い、「人間らしく生きること(尊厳)…

関西看護をよくする会のゼミナールで講演

土曜日(10日)の午後は、京都へ移動。関西看護をよくする会の41回ゼミナールで講師仕事でした。会場は近畿高等看護専門学校。もちろん初めて。なんと2階の入口すぐに、ナイチンゲールさまの像が! テンションあがりました。近代看護の基礎をつくった偉大…

「憲法と共謀罪」 監視社会のおそろしさ

土曜日(10日)の午前中は、生協労組おかやま執行委員会で「憲法と共謀罪」の学習会講師。 既遂(やった)を罪にするという刑法原則の大転換、監視社会への道と強調しました。この法律の問題点のひとつは、共謀とはなんなのか、予備行為とはなんなのか、組織的…

権利行使していく「わたし」をつくらないと。

昨夜(8日)は、91期岡山労働学校「時間を考える教室」の第5講義「イチから分かる残業問題」でした。3週連続の11名参加。通し受講が15名ですから、まあしょうがないです。講義内容が面白いだけに残念ですが(毎週言ってる)。 講師は生協労組おかや…

DANS実行委員会の学習会感想文

5月20日(土)に「看護観と社会観―ものの見方の角度から」というテーマでお話した、民医連の中四地協DANS実行委員会での感想文が送られてきたので、主催者の許可を得てそのまま掲載します。すべて打ち直ししてくれて送っていただいたので、ありがたいです。…

イチから分かる残業問題~。8日です。

91期岡山労働学校「時間を考える教室」第5講義は6月8日(木)18時半~。テーマは「イチから分かる残業問題」日本はなぜこんなに残業が多いのか。賃金不払い労働(サービス残業)問題、問題解決のために何が必要か?現場の実状ふまえた残業のお話!講師は生協…

2017 学習運動・中国ブロック研修会は大好評

週末(3日・4日)は、学習運動の2017中国ブロック研修会in倉敷でした。26名の参加でした。1日目は、「楽しかった」「また来たい!」と思える学習会ってどんな学習会だろう? そのために必要な準備とは? を中心に問題提起(長久)と議論をしました。以下、…

「もっと早く知りたいと思いました」

金曜日(2日)は、ソワニエ看護専門学校での6回目の授業でした。テーマは「生活と働くこと」。ゆとりとは何か、労働条件と生活は直結していること、などなど。以前和食のお店で板前をしていた学生さんがいて、労働時間をきいたら、「1日14時間ぐらいで休…

岩手の医療研究集会で講演します~

来月8日(土)に、岩手の医療研究集会(in志戸平温泉)で「患者さんの人権、私たちの人権~人権感覚をみがこう」をテーマに講演します。どなたでも参加できるみたいです(市民、学生は無料とチラシにあります)。岩手、通過したことはありますが、「岩手に…

「何もしない権利を行使していたんだな」

昨夜(1日)は、91期岡山労働学校「時間を考える教室」の第4講義「労働時間を考える(2)―休日・有給休暇・余暇」でした。参加は先週とおなじ11名。なかなか厳しい。おもしろい内容になっているんですけどね・・・。(写真は取り忘れてしまいました・・・)…

次の『学習の友』読書会は来週月曜日

だれでも参加OK!月刊誌『学習の友』の読書会☆その場でチョイスした記事を読みあわせて感想交流するだけ。学んでスッキリ、交流もワイワイ楽しい。6月5日(月)18:30~。地方自治会館2階(岡山市北区春日町)です。6月号を使います。読者でない方でもOK。参…

生活の個別性。生活は人権。

30日(火)の午後は、ソワニエ看護専門学校での5回目の授業でした。「生活とはなにか」について考えました。前半は、「きのうのソワニエ下校時から、今日の登校時までの生活を書き出してみよう」ということをしました。生活の個別性を確認するためです。…

休日・有給休暇・余暇のそもそも!

91期岡山労働学校「時間を考える教室」第4講義は6月1日(木)18時半~。「労働時間を考える(2)―休日・有給休暇・余暇」がテーマです。自分らしい生活を左右する要素のひとつは、休日・有給休暇がどれだけあるか。そもそもから法律的な知識まで。人間にとっ…

憲法の心に耳をすます~連載10回目

毎月、山口県の医療生協健文会の機関紙「健康のひろば」に連載している憲法の話、10回目で、これで最終回です。 日本国憲法は、人権の規定でも、徹底した平和主義の点でも、世界に誇れる憲法です。しかし私たちの生活や働き方、日本の政治の中身をみると、…

あきらめないことは難しい

きのうの鳥取での講演終了後、 本を販売していたときの話。ある女性が「家庭内での平等はどうしたら実現できますか?」と。私「たたかいです」その方「…そうですよね。でももう(夫に)あきらめちゃっていて…」となりにいたお友達の女性「がんばりましょうよ。…

第54回鳥取県母親大会にて講演

きのう(28日)は、第54回鳥取県母親大会の全体会にて講演仕事でした。琴浦町というところが会場。ちょっと早く着いたので、近くの日本海を眺める。 気持ちよかった。大山もきれいにみえて素晴らしい場所でしたね。車で行ったのですが(そのほうが早かった…

「けんぽす」企画で講師のち、労働学校ふれあいコンパ

土曜日(27日)は労働者教育協会の年に1回の総会(inトウキョウ)でしたが、日程を勘違いしていてあれこれ予定を入れてしまい、欠席でした・・・。 この日は午後、岡山の若者たちの「けんぽす」という企画で憲法学習会の講師をしました。 たのしく憲法を学びた…

香川労働学校にて「働き方を改革します??」

昨夜(26日)は、香川労働学校(わーくわーくスクール)の第1講義に。「働き方を改革します??」をテーマに講義。最終的に20名ほどの参加だったかと。若い人は3分の1ぐらいかな。 安倍政権「働き方改革」をめぐる動きもお話しましたが 、まずは自分たち…

書こう、書こう、書こう、書こう。

【5年前のFB記事を自分のために再掲】①自然のなかでからだを動かしたりしたなかで、美しいと感じたり、ふしぎだ、うまくできていると心から感じとったことを、だれにでもよくわかるように書こう。②自分のことでいつも気になったり、いいたくてたまらないこと…

1日何時間働くのか

きのう(25日)は、91期岡山労働学校「時間を考える教室」第3講義。ちょっと参加数落ちて11名。講義は「労働時間を考える(1)―1日何時間働くのか」というテーマでした。それぞれの経験ふまえた話になるので、引き続き討論活発です。 以下、第3講…

宇宙のはじまりから資本主義社会まで

遅くなりましたが、先週18日(木)の労働学校報告です(汗)。91期岡山労働学校「時間を考える教室」第2講義には第1講義とおなじ16名が参加。ななんと16名中12名が女性。男子もきてね…!講義は「宇宙(時間)のはじまりから資本主義社会まで」とい…

ソワニエでももみの木でも「ものの見方」

火曜日(23日)の午後は、ソワニエ看護専門学校での「ものの見方・考え方」第4講義。絵本『わたし』を読みながら、多様な「顔」(属性や役割)をもつのが人間であることを確認。医療者には患者の医療者向けの顔だけでなく、生活に根差したその人のさまざまな…

第3講義は「1日何時間働くのか」

91期岡山労働学校「時間を考える教室」第3講義は5月25日(木)18時半~。「労働時間を考える(1)―1日何時間働くのか」 働く時間が長くなれば、自由な時間がその分減ります。労働時間についてのそもそもを考える決定版! 単発参加OK。詳細チラシに。

無事に第4弾京都旅から帰ってきました。

「行けるときに行っとこうツアー2017 第4弾in京都」無事に帰ってきました。3日間、充実でした。 ここはもみじの有名な永観堂。バリアフリー度高くびっくりしました。すばらしい。新緑も味わえたし、京都の友人・知人のみなさんとも会えて、とても楽しい旅に…

看護学生のつどい実行委員会にて

先週土曜日(20日)は、民医連の中四国地協DANS(看護学生のつどい)の実行委員会学習会で講師仕事。会議での学習会ですが、50数名参加で人数多め。 中四国から、看護学生さん中心に、現役の看護師さんや事務職員も参加されていました。「看護観と社会観―…

きびしい時間とのタタカイ。来週も。

労働学校「時間を考える教室」で講義をしながらも、日々時間に追われているという矛盾。がんばろう。ところで、明日は東京日帰り出張なので、ブログ更新はありません。土曜日から月曜日までは、「行けるときに行っとこうツアー2017 第4弾in京都」ということ…

どちらで、最賃、モモ、知の、時計の、10万年史

最近読み終えた本。『どちらであってもー臨床は反対言葉の群生地』(徳永進、岩波書店、2016年) 一極の言葉で覆って「正しさ」「正解」を言い切ろうとする風潮にたいする臨床からのアンチテーゼ。臨床の場にかぎらず、反対言葉入り乱れるのが私たちの日常だし…

割り切っていくしかない

あれこれあれこれあるけど、割り切っていくしかない。以前の半分の労働時間で何ができるか。しっかし、ほんといろいろあるな。

「3人でグループの力学が変わる」

28日(日)に行く鳥取県母親大会の記念講演資料をつくる。 いつもはホワイトボードを使いながらの講義ですが、人数多いんで、珍しくパワーポイントでの講演です。冒頭は、男女平等指数1位のアイスランドのお話から。■オーロラ、火山、氷河、温泉・・・。■197…

【再告知】 学習運動・中国ブロック研修会2017

上記の研修会を6月に開催します。テーマは 「学ぶ楽しさを職場で広げる」です。中国5県の学習運動組織の共同の取り組みとなります。とき : 6月3日(土)14:00~6月4日(日)12:30会場 : 倉敷物語館(岡山県倉敷市阿知2丁目23−18)◆岡…

91期岡山労働学校がスタート。雰囲気よし。

先週木曜日(11日)、91期岡山労働学校「時間を考える教室」が開校しました。参加16名(男性6・女性10)と、入学式にしてはこじんまりですが、初参加者多く新鮮でした。女性が多かったのもよかったですね。 ミニ第1講義「時間をどう使う?―時間の主権」は…

第2講義は時間の歴史だよー

【告知】91期岡山労働学校「時間を考える教室」第2講義は5月18日(木)18時半~。「宇宙(時間)のはじまりから資本主義社会まで」宇宙の誕生と発展、「暦」「時刻」を生活のなかに取り入れてきた人類、時計の発達、資本主義社会での時間認識の変化について…