長久啓太の「勉客商売」

岡山県労働者学習協会の活動と長久の私的記録。 (twitterとfacebookもやってます)

講師活動

社会と健康についてあーだこーだと

火曜日(29日)はソワニエ看護専門学校での今年度12回目の授業。読書日記から、さらに本を読む意味について考える。質問しながら、答えに対してあれこれコメント。「本を読む意味がわかった」「今度図書館に行ってみたい」「読みたいけど時間がない」などの…

松本から富山へ~途中に日本3大車窓が

木曜日(24日)の午前中は松本市内にて、長野民医連4年目職員研修の講師仕事。 「夏休み、まとめて5日以上の休みがとれた人」と聞くと、80人の参加者のなかで手を上げたのは5~6人…。冒頭は、「自分の持ち場から離れることをどきどきしないと、考え方も視野…

健康で文化的な制定限度の生活、はうまっち?

きのう(22日)午後は、ソワニエ看護専門学校での今年度11回目の授業。読書日記では小児科医の先生の本を紹介。講義は前回に続いて憲法の人間観について。尊厳についてふれたのち、「健康で文化的な最低限度の生活」とは、所得でいえばどれくらい必要? と問…

平和ゼミナールで戦争との距離を考える

木曜日(17日)は、岡山県民医連の第5回平和ゼミナールの2回目。 事前学習の感想交流をしたのち、「戦争との距離―生活と人権の視点から」というテーマで私が講義をしました。なぜ平和問題との距離が生まれてくるのか、戦争を知るとはどういうことか、基…

生協労組分会長研修から九条美術展へ

土曜日(5日)の午前中は、生協労組おかやまの新分会長研修4回目。この日が一番人数多く、グループに分けての交流も。 私からは、いつもの労働組合そもそも話。午後は、岡山9条美術展の憲法学習会で講師。 憲法の背負っている歴史や理念、9条2項がもってき…

西日本民医連看護教職員研修交流会にて

今日は朝から大阪に移動。堺にある泉州看護専門学校へ。 築ウン十年で、近々移転するそうです。午前中、西日本民医連看護学校教職員研修交流会にて講師仕事でした。民医連が母体になっている看護学校が西日本には4校あって(京都・大阪・岡山・福岡)、その教…

生協労組おかやまの学習会3連ちゃん

先週金曜日(28日)の夜は生協労組おかやまの新分会長研修にて講師仕事。 分会とは職場単位でつくっているもので、組合活動のベースになるところです。先日の定期大会を受けて新しく選ばれた分会代表者の研修会。だいたいの職場では「順番で」「くじ引きで」…

もみの木保育園で歴史を学ぶ意味について

きのう(25日)は19時からもみの木保育園での職員学習会3回目。 ものの見方シリーズで、歴史を学ぶ意味について「時間認識」の観点からあれこれ。ある保育士さんの感想「今、あたりまえだと思っていることは、昔あたりまえではなかったかもしれない。将来あ…

医学生さんと貧困問題の学習会

22日(土)の夕方は岡山民医連の奨学生(医学生)対象の学習会へ。 テーマは「憲法と貧困」4人の学生さん+職員+現役医師が参加。貧困問題に比重を置き、あれこれ質問しながら、考えながらの展開。貧困とは? なぜ貧困が生まれるのか?構造や人間観、国の政策…

「知っている人が行動しなければ」

今日(22日)は午後、民青同盟岡山県委員会の憲法学習会3回目。「改憲問題を深める」というテーマで、憲法のそもそもをおさらいしたあと、なぜ憲法を変えたいのか?自民党の改正草案の中身、自衛隊明記の改憲案の争点、という流れ。 ■自民党の改憲草案を読ん…

「学ぶための『入門の壁』があるように感じます」

19日、長野から移動し、18時から富山県労連にて講師仕事。全労連わくわく講座を4回のオープン講座として開催。4回とも長野民医連での講師のあと富山に寄るという流れ。 この日は1回目で、労働組合のそもそも。講義の後グループワーク。20数名の参加。みな…

長野民医連4年目研修に懐かしい顔が

19日の午前中、松本市内で長野民医連4年目研修の講師。約80名参加。 ものの見方を中心に人間観や社会認識をどう磨くか、あれやこれや。冒頭は日野原重明さんの話から哲学の大切さについて。なんと岡山で学生時代を過ごした「るがちゃん」が4年目じゃないの…

岩手2日目のミッションはわかものとの学習会

岩手2日目(9日)午後のミッションは、民青同盟岩手県委員会での学習会でした。委員長がぼくの書いたもの(本や論文)を熱心に読んでくれていて、「岩手にくるならぜひ」と声をかけてくれました。ありがたいですね。盛岡市内の某所で13時半から3時間ほ…

岩手県医療研究集会で人権やら尊厳やら語る

土曜日(8日)は、朝から伊丹空港へ移動し、岩手県の花巻空港へびゅんと。午後、第42回岩手県医療研究集会での講演仕事でした。テーマは「患者さんの人権、私たちの人権~人権感覚をみがこう」 100人ほどの参加でした。人権とは尊厳とは人間らしさとは。あ…

「憲法によって守られていることは分かりました」

今日の午後は、ソワニエ看護専門学校での10回目の授業。「憲法の人間観」というテーマでしたが、そもそも憲法とは? というところを丁寧に丁寧に説明することに時間がかかり、尊厳とは? というところまで辿り着きませんでした。夏休み明けに持ちこしなり。…

えひめ母親大会の講演感想文

先日(6月11日)の「えひめ母親大会」での講演感想文が届きました。みなさんの力になれたようで良かったです☆(以下)■わかりやすく、明るく、力強いお話に力をいただきました。テレビでニュースをみて腹が立ち、落ち込んでいた私、こんなことではいけないな…

岡山県母親大会の分科会で「働き方」問題

きのう(2日)午前中は、第51回岡山県母親大会in笠岡にて第4分科会「私たちののぞむ『働き方』~ジェンダー平等の視点で」の助言者。 「働き方改革」という上からの変革ではなく、私たち自らが「こう働きたい」「なにが人間らしい働き方か」ということを議…

「1人の認識では物事が見えきれない」

火曜日(27日)の夜は、もみの木保育園の月イチ職員学習会。ものの見方・考え方の2回目。 事実から出発することはそう簡単ではない。考える力があるから間違いやすい。認識深化の集団的努力必要。部分で一般化してしまったり、先入観や経験がじゃましたり…

「歴史を学んで憲法の重みを感じた」

日曜日(25日)の午後は、民主青年同盟岡山県委員会の連続学習会で、憲法学習の2回目。 今回は「日本国憲法誕生の背景ー歴史を学ぶ」というテーマで、明治維新以後の日本の戦争の歴史と加害の具体的内容、憲法の言葉に込められた意味と決意について80分しゃ…

労働組合の活動をつないでいくのは大変

青森から帰ってきた土曜日(24日)の夜は、岡山県医労連に加盟している、ももたろう会労組の定期大会でした。 「4回」ということからわかるように、まだまだ若い労働組合です。大会前の事前学習で労働組合の基本をあれこれ40分ほど。感想交流でよい交流も…

青森県民医連の青年憲法ゼミナールへ

そして先週金曜日(23日)は、午後から青森県民医連第1回青年憲法ゼミナールでの講師仕事でした。朝イチで岡山空港から羽田へ。そして羽田から青森空港へ。11時15分着。バスで青森駅へ移動。会場はそこから徒歩10分。 8月のねぶた祭に向け、ねぶたが管理…

和歌山で組織づくりとものの見方を語る

土曜日(17日)の午前中は、和歌山生協病院の会議室にて和歌山民医連看護役責者研修交流会の講師仕事でした。看護の役責者のほか、公開講座ということで事務の方も参加されていて、40人ぐらいだったでしょうか。 「人間発達ができる組織づくり~看護とも…

ソワニエ8回目授業を終え、夕方は和歌山に移動です。

さきほどまで、ソワニエ看護専門学校での8回目の授業。今日は人間の言葉についてあれこれ。言葉の役割、考える力と語彙の豊かさの関連、書くことの意味、「痛み」の言葉について考える、言葉はもろ刃のやいば、医療者としてどんな言葉をもつのか、などなど…

第60回えひめ母親大会で講演

日曜日(11日)は、第60回えひめ母親大会での講演仕事でした。出番は午後の全体会。300人ほどの参加だったように思います。 テーマは「私が私であるためにー女性と憲法」。当たり前に思っている「常識」やジェンダーを問い、「人間らしく生きること(尊厳)…

関西看護をよくする会のゼミナールで講演

土曜日(10日)の午後は、京都へ移動。関西看護をよくする会の41回ゼミナールで講師仕事でした。会場は近畿高等看護専門学校。もちろん初めて。なんと2階の入口すぐに、ナイチンゲールさまの像が! テンションあがりました。近代看護の基礎をつくった偉大…

「憲法と共謀罪」 監視社会のおそろしさ

土曜日(10日)の午前中は、生協労組おかやま執行委員会で「憲法と共謀罪」の学習会講師。 既遂(やった)を罪にするという刑法原則の大転換、監視社会への道と強調しました。この法律の問題点のひとつは、共謀とはなんなのか、予備行為とはなんなのか、組織的…

DANS実行委員会の学習会感想文

5月20日(土)に「看護観と社会観―ものの見方の角度から」というテーマでお話した、民医連の中四地協DANS実行委員会での感想文が送られてきたので、主催者の許可を得てそのまま掲載します。すべて打ち直ししてくれて送っていただいたので、ありがたいです。…

「もっと早く知りたいと思いました」

金曜日(2日)は、ソワニエ看護専門学校での6回目の授業でした。テーマは「生活と働くこと」。ゆとりとは何か、労働条件と生活は直結していること、などなど。以前和食のお店で板前をしていた学生さんがいて、労働時間をきいたら、「1日14時間ぐらいで休…

生活の個別性。生活は人権。

30日(火)の午後は、ソワニエ看護専門学校での5回目の授業でした。「生活とはなにか」について考えました。前半は、「きのうのソワニエ下校時から、今日の登校時までの生活を書き出してみよう」ということをしました。生活の個別性を確認するためです。…

第54回鳥取県母親大会にて講演

きのう(28日)は、第54回鳥取県母親大会の全体会にて講演仕事でした。琴浦町というところが会場。ちょっと早く着いたので、近くの日本海を眺める。 気持ちよかった。大山もきれいにみえて素晴らしい場所でしたね。車で行ったのですが(そのほうが早かった…