読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長久啓太の「勉客商売」

岡山県労働者学習協会の活動と長久の私的記録。 (twitterとfacebookもやってます)

静かに、でも着実な船出。

パンフレット『高まりあいの運動文化を』(1部150円)ですが、

1週間で150部ほど出ました。ありがとうございます!

(1000部つくりました)

 

といっても、熱心に営業するわけでもなく(そんな余裕はない・・・)、

おつきあいのある学習組織などに「贈呈」する分を送り、

あとはブログ、ツイッター、フェイスブックでの宣伝のみです。

岡山県内では、会った人に、ぽつりぽつりと売っています。

 

まとまった注文もいただいています。

東京学習会議の活動家でもあるY岡さんから50冊。

高知県学習協から20冊。

大阪社保協のT内事務局長から30冊。

笠岡市職労から20冊など。

 

とくに、大阪社保協のT内さんは、大阪社保協の

「再建」20周年記念誌を先日いただいたお返しにと、

パンフを送ったところ、さっそく読んでいただいて、

「私が常々思っていたことが書かれていた。まわりの

人にも読んでもらいます!!」と、速攻で30部の注文が。

感謝感激。

読んでいただいた方が、「よかったから周りにも」となるのが、

書いた人間としてのいちばんの喜びなんです。

 

 

きょう(8日)は、笠岡市職労から20冊の注文が入ってびっくり。

とくに宣伝などしていません。

わたしのブログを見てのご注文だと思います。オドロキ!

労働組合でまとまって買っていただくとは。

 

 

他にも、東京のまったく見ず知らずの人から

「とりあえず6冊送ってほしい」とメールが。

これがネットのすごいところです。

だれが見ているかわからない(笑)。

 

また、今日は島根県学習協のY儀事務局長から

「贈呈」パンフのお礼の葉書が届きました。

内容への肯定的感想ふくめ、励みになりました。

 

 

書くって、すごいですよ。

それがパンフの前半の内容そのものなんですが。

いろんな人とのつながりが生まれます。

思ってみないことが起こるんです。だから書くことはおもしろい。

 

 

ちなみにこのパンフレットの内容は、
すぐに古くなるものではなく、

「情勢にぴったり」とか、「いま読むべき!」

というものでもありません。

私も講義仕事の先で売ったり、地味な販売活動で、

3年~5年ぐらいで完売できればいいかなと思っております。

 

これからも、仕事の片隅で、ひっそり売っていきます(笑)。