読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長久啓太の「勉客商売」

岡山県労働者学習協会の活動と長久の私的記録。 (twitterとfacebookもやってます)

2013日本軍『慰安婦』被害者証言キャンペーンinおかやま

学習会

きょう(23日)の午後13時から、
「2013日本軍『慰安婦』被害者証言キャンペーンinおかやま」集会が
おこなわれ、参加してきました。

 f:id:benkaku:20130523135713j:plain


会場は100名の定員をはるかにこえ、

立ち見がでる状況。

橋下大阪市長の発言が、皮肉にもこの集会の注目を

集める結果となり、マスコミのみなさんも多数こられていました。

 

 

わたしは、おふたりのハルモニの肉声をじかに

お聞きし、その背負ってこられた歴史や

さまざまな経験・思いを想像すると、

その言葉の重みに、こちらも全力で受けとめようという

姿勢にならざるをえないなと思いました。

 

さまざま感じたことはありますが、

 

とりあえず、以下、
リアルタイムでツイッターでつぶやいたことを

そのまま時系列に載せます。



これから、

「2013日本軍『慰安婦』被害者証言キャンペーンinおかやま」へ。

キム・ポクトン(金福童)さんと、

キル・ウォノク(吉元玉)さんの証言をじかにお聞きします。

10代で日本軍「慰安婦」とさせられたおふたりの人生を、

怒りを、せいいっぱい、ぼくなりに受けとめてこようと思います。

 

会場到着なう。

外で橋下市長と同じような主張内容を

大声で叫んでいた人がいた。

「在特会がくるらしい」と聞いていたが、そうだろうか。

許せんな。

 

しかし、警察もたくさん来て入口付近をガード

している模様なので、あんしん。

 

まず日本軍「慰安婦」問題の概要がわかるピデオ、

「希望に羽ばたく蝶」の上映が始まりました。

 

金福童(キム・ポクトン)ハルモニの証言が始まりました。

8年間、日本軍の姓奴隷として、

アジア各地を転々とさせられた被害者です。

 

つづいて、吉元玉(キル・ウォノク)ハルモニの

証言がはじまりました。

北朝鮮の平壌が故郷。

日本軍「慰安婦」で連れ出されて以来、

いちども故郷に帰ることができていない。

 

韓国挺身対問題対策協議会共同代表の、

ユン・ミヒャンさんの訴え。

ハルモニには時間がない。

安倍政権は、侵略戦争を否認しようとしている。

国際社会では通じない。

両国の共生関係をつくるために学ばなければならない。

 

韓国挺対協共同代表の、ユン・ミヒャンさんの訴え。

韓国でも70~80年代に米軍による性暴力被害者がいる。

ハルモニたちは、多くの性被害者たちと連帯するために、

さまざまな運動を展開している。

 

会場の若いおふたりから短いメッセージと、

ハルモニに花束贈呈。

それぞれ歴史に向き合う決意を語り、

しっかりしていて頼もしかった!

若い世代すごいぞ!

ハルモニから

「一生懸命勉強して、尊敬される大人になってほしい」と応答。

 

キムハルモニの

「みなさまー、しっかりがんばってくださいよー」の

笑顔での最後のひと言がめっちゃ印象にのこりました。

そう、がんばらなくてはいけないのは

日本の主権者である私たちです。

 

よしだよしこさんのミニライブも感動した~!

女性たちを歌った歌… 元気でたー。

 f:id:benkaku:20130523151258j:plain

 

以上。