読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長久啓太の「勉客商売」

岡山県労働者学習協会の活動と長久の私的記録。 (twitterとfacebookもやってます)

「すべて国民は、貧困であってはならない」(憲法25条)

メモ

このかん、「健康とはなにか」「文化とはなにか」を

語る機会が多く、あらためて憲法25条の

条文について考えています。

 

憲法25条の1項は「生存権」と言われていますが、

ぼくは「人間的生存権」と言うべきかと。

 

だって、たんに「生きられればいいっ」て

25条は言ってないですから。

健康という言葉。文化という言葉があります。

 

健康も、文化も、人間にとって必要不可欠であり、

どちらも社会性をもっています。

 

健康には3つの側面があり、

肉体的健康、精神的健康、そして「健康でありたい」という

“健康観”をつくる動機にもなる「社会的健康」(人間関係)です。

 

とくに大事なのが、社会的健康、ということです。

 

生きがいとか、生きる目的とか、自分の存在価値。役割。

それって、孤独のなかからは生まれません。

 

さまざまな人間的な諸関係のなかから、

培われてくるものです。

だから、社会的健康という土台があって、

「自分のいまある力を最大限に発揮したい」

という「健康観」が生まれてくるのだと思います。

 

 

文化は、ゆとりです。

ゆとりには、「お金」「時間」「人間関係」の要素。

 

貧困は、こうしたゆとりを奪います。

貧困は文化を蝕むのです。

 

貧困はまた、健康も蝕みます。

社会的排除としての不健康、という問題です。

 

わたしは、憲法25条は、

「すべて国民は、貧困であってはならない」

という人権宣言だと思います。

 

そして、2項でその責任を国に求めているのです。