読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長久啓太の「勉客商売」

岡山県労働者学習協会の活動と長久の私的記録。 (twitterとfacebookもやってます)

「搾取がなぜ目に見えないのか、の根拠がおもしろい」

報告が遅くなりましたー。先週の労働学校。

 

14日夜は、

第86期岡山労働学校「超入門! 資本論教室」の

第5講義でした。11名参加。

 

 f:id:benkaku:20131114200559j:plain

 

テーマは「搾取のひみつ」。

 

講義前、あれこれと考えたこと。

 

「搾取(さくしゅ)」って、しぼりとる、

ていう漢字をつかいます。

 

めっちゃ長時間労働だったり、

汗ふくひまもない過密労働だったり、

こんなんじゃ暮らせないよ!という低賃金

だったりの仕事だと、「搾取」って、

身体感覚で「そうだ!」ってなると思います。

 

でも、マルクスのいうところの「搾取」って、

定時に帰れて、そこそこなゆとりのある仕事内容で、

賃金もまあやってける額もらっている労働者も、

「剰余価値」をつくりだしてそれを合法的に「いただき~」って

なることを指しています。

ちゃんと労働力の価値分もらっても、搾取されてますよ、と。

 

「搾取」って、見えないからほんとやっかい。

「生協に搾取はあるのか」なんて議論もあったりするけど、

「搾取」っていう概念自体の感覚的取扱いにくさってあると思います。

 

 

さて、それはそうと、以下、講義の概要です。

(実際はイラストや図など使っていますが、文字だけ)

 

 

一。搾取のヒミツ

 

 1。資本とは何か(おさらい)

  ◇私たちが労働力を売るのは、「使用価値」(商品)が必要なため

   商品 - 貨幣 - 商品  が私たち(労働者)のお金の流れ

  ◇これに対して、資本家が労働者の労働力を買って

商品生産をする流れ(目的)は…

   貨幣 - 商品 - 貨幣  ということ

 

 ここで重要なことは、はじめの貨幣量よりも、

おわりの貨幣量が大きくなるということ。減ったり、

同じ量では意味がない。

 

    この運動の目的は、貨幣の増加、つまりより大きな貨幣(価値)の

獲得にあること。 資本=自己増殖する価値のこと。

    では、なぜ「はじめ」より「おわり」が大きくなるのか。

 

 2。搾取のひみつ-「手品は成功した。貨幣は資本に転化した」

 

労働力という商品の独特の性質をつかむこと が大事!

 

①労働力の1日分の価値(労働力の再生産費)と、その労働力の

1日の使用(ここでは分かりやすいように8時間労働とする)が

新しくつくりだす価値は、大きさが異なる。

   ②そして、それは必ず、後者の方が大きい。

 

  ◇生産力の高い発展段階

   *なぜ、「労働力の価値」よりも、「労働者がつくりだした新しい

価値」のほうが大きくなるのか。それは、資本主義的生産が、

高い水準の生産力をもち、「自分の生活を維持していく分

(労働力の再生産費)」よりも多くの価値を、契約した時間内の

労働で生み出すことができるのです。

   *そして、この「労働力」という商品の特別の性質が、資本家が

労働者を雇って労働をさせれば、より大きな価値が得られる

しくみになっているのです。

 

     「労働力の価値と、労働過程における労働力の価値増殖とは、

2つの異なる大きさである。この価値の差は、資本家が労働力

を買ったときに念頭においていたものであった。糸または長靴

をつくるという労働力の有用的属性は、価値を形成するには

労働が有用的形態で支出されなければならないという理由か

らいって一つの“不可欠な条件”であったにすぎない。しかし、

決定的なものは、価値の源泉であり、しかもそれ自身がもって

いるよりも多くの価値の源泉であるという、この商品の独特な

使用価値であった。これこそは、資本家がこの商品から期待す

る独特な役立ち方なのである」

    (『資本論』第5章「労働過程と価値増殖過程」新書版330~331P)

 

     「貨幣所有者は、労働力の日価値を支払った。それゆえ、1日の

あいだの労働力の使用、1日にわたる労働は、彼に属する。労働

力はまる1日作用し労働することができるにもかかわらず、労働力

の日々の維持は半労働日しか要しないという事情、それゆえ、労

働力の1日のあいだの使用が創造する価値がそれ自身の2倍の

大きさであるという事情は、買い手にとっての特殊な幸運であるが、

決して売り手にたいする不当行為ではないのである」 (同前331P)

 

 

  ◇図式にしてもう一度

 

 

    このように、自ら労働して価値を生み出さないものが、他人の

労働の成果の一定部分をうばいとることを、搾取(さくしゅ)といいます。

 

   *生産手段をもっているものが、こうした搾取をすることができる。

   *搾取は、原始共産制社会以降の、いつの時代にもあった、しかし・・・

 

資本主義の搾取は目に見えないのです!

 

   たとえば封建制社会では…

                       ・・・はっきりと搾取が目に見える!

 

 

 3。搾取がなぜ目にみえないのか

  ◇実際の賃金形態が、搾取の本質をつつみかくす

   *賃金はたいていの場合、月末払い・後払い。普通の商品売買は

前払いが一般的。

*「労働全体の結果」にたいして支払われたように見える。

   *パート労働者は「時間給」→何時間働いたかによって賃金が決まる。

   *成果主義賃金→どれだけ働いたか、成果があがったかで賃金が決まる。

    こういう体験を通じて、「どれだけ働いたか=賃金の大きさ」という

観念ができあがる。「労働の価格」のように見える。

*くりかえしますが、ふつうの商品売買は「前払い」が原則。先に

払うことで、その商品を「所有」「消費」する権利があたえられる。

 

    「現実的関係を見えなくさせ、まさにその関係の逆を示すこの現象

形態は、労働者および資本家のもつあらゆる法律観念、資本主

義的生産様式のあらゆる神秘化、この生産様式のあらゆる自由

の幻想、俗流経済学のあらゆる弁護論的たわごとの、基礎であ

る」

(第17章「労働力の価値または価格の労賃への転化」新書版924P)

 

    「現象形態は、直接に自然発生的に、普通の思考形態として

再生産されるが、その隠れた背景は、科学によってはじめて

発見されなければならない」 (同前928P)

 

    まとめ。

   資本主義社会の搾取は、学習しないとわからない!

 

   *生産労働をしていない人も搾取されている

    ・なぜ自分の会社がおおきくなるのか

    ・建物や機械設備のあらたな導入・・・原資は???

    ・すべて労働者の労働が生み出した価値

 

   *貧富の格差は拡大する一方・・・社会の富はどんどん増えている

    ・日本の大企業の内部留保は、バブル時代の2倍!? え!?

    ・労働者に労働力の価値どおりの賃金が支払われているか

 

 

二。商品の“命がけの飛躍”

   これまでの話は、つくった商品がきちんと「売れる」という前提で

お話をしてきました。ところが、実際はそうではないことは、

みなさんもよく知ってのとおりです。

 

 1。商品が、売れるかどうかわからない

  ◇もう一度、「資本」の基本運動をおさらいしましょう。

貨幣 - 商品 - 貨幣  ということでした。

 

   *最初の「貨幣-商品」はスムーズに進行します。

   *しかし、「商品-貨幣」はそうはいきません。市場に出した商品が

きちんと売れるのかどうか。マルクスは、この過程を「命がけの

飛躍」と名づけました。

   *商品が実際に売れるかどうかは、市場に出てみないとわから

ないからです。

*その商品を買ってくれる需要が実際にどれだけあるのか、同じ

商品をつくる業者がどれくらいいて、どれだけの商品をどんな

値段で売りにだすのか、そういう事情は固定したものではなく、

たえず変動しています。

 

     →自社の「新商品」の開発がうまくいくかどうかわからない

     →他社が自社の商品よりすぐれた商品をつくりだすかもしれない

     →他社の生産技術が進歩し、より安い価格で同じ商品を売り

だすかもしれない

     →その商品の供給が、需要より上回っているかもしれない(過剰生産)

 

*だから、せっかく商品をつくって売りにだしても、買い手が

みつからなかったり、市場での売り値が下落してその商品

の生産にかかったもとの費用も回収できなかったり、資本家

はそういう危険にたえずさらされています。これは商品生産の

社会の、ぬけだすことのできない宿命です。

 

2。資本家どうしの「命がけの競争」が宿命となる

◇競争の敗北者は、倒産・廃業します(労働者の失業をともなう)

*この法則は、資本家どうしの激しい競争とある部分の敗北、

没落という形で、多くの社会的悲劇を生みながら作用します。

 

◇搾取強化へ

*より大きな資本をもとでにし、より高い生産力・生産技術・販売

方法を生みだし競争力を強化して、商品を売り続けることを

資本家は強制されます。したがって、資本家の利潤獲得欲求

には限度がありません。

 

     「資本は唯一の生活本能を、すなわち自己を増殖し、剰余価値を

創造し、その不変部分である生産諸手段で、できるかぎり大きな

量の剰余価値を吸収しようとする本能をもっている」

(第8章「労働日」新書版395p)

 

 

以上。

 

 

感想文を少し。

 

◆むずかしかったです。やっぱり搾取って言葉は

嫌いです。しぼりとるため。

 

◆搾取ってことばは難しい。賃金の前払いって・・・

いいなーと思うけど。いざもらうとドキドキする。

 

◆商品のウラに人がいる。それを考えると感慨深い。

 

◆搾取がなぜ目に見えないのか、の根拠がおもしろい。

労働の結果が賃金というのは、常識的になっているので…。

こんな事に気づいたマルクスはすごい。

 

◆最後の資本家たちのたたかいのところは、どんな良い

理念をかかげている病院でも一定の利益をあげないと

生き残れないのが悲しい。資本家は、悲しい生き物ですね。

市場にルールを作ったほうがもっと自由になりそう。