読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長久啓太の「勉客商売」

岡山県労働者学習協会の活動と長久の私的記録。 (twitterとfacebookもやってます)

神奈川労連山田事務局長発言よりメモ

メモ

『労働者教育』(労働者教育協会の会報)No.149

 

 f:id:benkaku:20140410090057j:plain

 

第25回労働者教育交流研究集会の記録号。

 

そのなかで、

神奈川労連の山田浩文事務局長の

発言からの私的メモです。

 

「率直に言えば、労働運動をやっていると、いろいろな課題が

あって忙しいわけです。ともすると学習運動が頭から離れて

いくことが私にもあります。それが下の階に学習協があります

から、ちょくちょく顔を見せられて、『どうなっているか』と言わ

れれば、きちんと方針化をして、具体化しなければいけないと

思うわけです。つねに学習運動の方から、労働組合運動に

働きかけていただくことが大事だと思うし、私たちがなにか学習

しなければいけないという時に、すぐに相談できる相手がいる

ということは非常に大事で、これが学習運動が前進している

大きな要因だと思っています」

 

「学習運動が組織の強化、拡大につながっているという実感を

もってもらうことが非常に大事だと思っています。実感がもてな

いと学習運動に金も人も出そうとはなりません。実感をもって

もらい、時間も財政的にも保障するという立場に立ってもらう

必要があります」

 

「大事なのは、いろいろなことをそれぞれで考えることです。

職場や地域、産別もそうですが、考えられる人をどうつくるかが

大事だと思います。とくにいま情勢が大きく動く中で、自分から

構想して運動をつくっていく人をどうつくるかが非常に大事だと

思います」

 

「学習協の方には、思い切って労働組合に働きかけてほしいと

思います。労働組合も青年活動家をどうつくるか悩んでいます。

『なにかしないといけない』『なんとかしたい』という思いがある

わけです。その時に、学習運動から思い切って声をかけて

いただけると『渡りに船』で、一緒に運動をすすめる中で連携が

強まると思いますし、学習協と労働組合の役員同士の懇談なども

やってみるといいんじゃないかと思います」