読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長久啓太の「勉客商売」

岡山県労働者学習協会の活動と長久の私的記録。 (twitterとfacebookもやってます)

労働力商品の適切な再生産のために(レジュメ)

メモ

昨夜(12日)の岡山労働学校第5講義、
「資本とは何か、賃金とは何か」の
労働力商品の再生産のところのレジュメを
そのままはっつけます。


三。労働力商品の適切な再生産のために
 
1。労働力も商品ということは…
  ◇他の商品と同じように、「使用価値」と「価値」がある。
   そして、価値の大きさは、
   「労働力の生産に社会的に必要な労働時間の大きさによって決まる」

   *労働力の生産とは?
   *労働力は、労働者の身体に備わっているエネルギーの総体。
    それを生産するとは?

   ◇生活のなかで、労働力エネルギーは再生される。 
   *人間らしい生活ができてはじめて、労働力の適切な再生産が可能
   *つまり労働力の生産に必要な労働時間の大きさとは、人間らしい
    労働力の再生産のための「生活諸費用」となる。それが労働力
    商品の価値の大きさ。
   *労働力の対価としての賃金=人間らしい生活費。その「価値の
    大きさ」を基礎に、売買がされる。ではそれは、現代日本では
    いくらぐらいでしょう?(要討論)

   *適切に労働力を長持ちさせ、再生産できる「働き方」でなければ
    ならない。
   *基本は40年ぐらい、生活のために売り続ける。背負わされた宿命。
   *「労働力の安売り=命の安売り」「労働力の酷使=命の酷使」
   *労働法(働くルール)がある根本的理由。健康であることの
    資本主義的意味。
    ・「労働条件は、労働者が人たるに値する生活を営むための必要を
     充たすべきものでなければならない」(労働基準法1条)

 2。労働力の価値(賃金)の3つの要素
  ①労働力の所有者である労働者本人の生活費。
  ②家族の生活費。養育費。
   *労働者は、いつかは寿命がつきたり、老齢となって労働する
    ことができなくなります。しかし、労働力はたえず市場に補充
    されなければなりません。そのためには、次の労働者を育てる
    ことが必要だからです。
  ③知識・技能・熟練に必要な養成費。
   *特定の知識や技術や熟練を身につけるために支出される養成費も
    必要です。

   ☆注意!
    労働力の価値どおりに賃金が支払われても、資本家は価値を増やす!

  
◇資本家は、等価交換をつうじて、合法的に価値を増やす。
  ◇搾取、というものがキーワード。資本は搾取を追求する「怪物」です。
  ◇そのしくみを、マルクスは解明しました(次週解説)

 3。実際の賃金形態が、賃金の本質(労働力の適切な再生産費)を隠す
  ◇働いた結果(労働の対価)のように「見える」
   *労働者の賃金はたいていの場合、月末払い。つまり後払い。
    私たちが多く体験する商品売買(前払い)と違う。働いた
    結果にたいして支払われるように見える。
   *パート労働者は「時間給」→何時間働いたかによって賃金が決まる。
   *成果主義賃金→どれだけ働いたか、成果があがったかで賃金が決まる。
   *こういう体験を通じて、どれだけ働いたか=賃金の大きさという
    観念ができあがる。「労働の価格」のように見える。
  ◇雇用形態により賃金差別、さまざまな賃金形態
   *「賃金=生活費」からかい離する

 4。労働力の安売り市場になっている日本
  ◇労働力の価値どおりに賃金が払われていないのが日本の現実。
   *安く買い叩かれている状態。競争環境が野放しに。
  ◇圧倒的に資本家(雇う側)の立場が強い
   *4割となった非正規労働者、派遣労働の自由化、所得保障が
    されない失業者…
   *生産手段をもっている資本家は、雇用する側(選ぶ側)であり、
    雇われる側の競争環境を利用し、圧倒的に強い立場に。本当は
    労働者に依存しているのに脅せる。
   *労働契約は自由契約にまかせておいてはダメな分野
    (労働法の強化が必要)

  ◇さらに、社会保障や税金で再収奪されている
               (賃金額だけ見ていては不十分)
   *賃金-社会保険料-税金+社会保障給付 
   *賃金が増えても、税金の増で「ゆとり」減。
    社会保険料増でも「ゆとり」減。
   *社会保障や福祉(教育・医療・保育・介護など)の充実で支出減。
  ◇競争を制限する仕組みの必要性
   *日本の労働者の賃金依存率の高さ(ローン・教育費・家族の養い)を
    なんとかする。
   *労働者間の競争圧力を緩和する仕組みを
    ・社会保障の充実により「生活不安」を軽減する
     (もの言える労働者に)
    ・失業する権利(劣悪な労働を拒否する権利)
     ー失業時の所得保障で安売り阻止
    ・交渉力を強める―労働組合の拡大強化(団体交渉・ストライキ
    ・労働市場における規制強化(政治変革)
         -派遣労働禁止、最賃大幅引き上げなど

さいごに:労働者として生きていく覚悟(学ばないと見えてこない)
   *自分の労働力を大切にする
    (自己責任でなく制度的・法律的・組織的に保障する)
   *おなじ「宿命」を背負わされた「雇われ組」と手をつなぐ。
    団結をひろげる。