読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長久啓太の「勉客商売」

岡山県労働者学習協会の活動と長久の私的記録。 (twitterとfacebookもやってます)

89期岡山労働学校「経済学教室」 修了式

ということで、土曜日(12日)は
89期岡山労働学校「経済学教室~ピケティからマルクスへ」の
修了式&修了コンパでした。

修了式は都合あわなかった人が多く、
ちょい少な目の12名が参加。
ただ、コンパからの参加ふくめると19名の参加で
今期を締めくくりました。

f:id:benkaku:20151212183854j:plain
修了式のようす。

今期は通し受講生20名のうちなんと16名が
修了(7回以上の出席)しました。
それだけみなさんが熱心に通っていただいた
経済学教室でした。
運営委員の2人は皆勤出席で今期を支えてくれました。
感謝のひと言です。


さて修了式では、1人4分の修了発表を行いました。
それぞれ色のある、おもしろく感動的な発表でした。

とくに初受講生のみなさん4人の発表は
労働学校の魅力と力を感じさせるものだったと思います。

入学式のときには「場違いなところに来てしまったかも」
と思っていた方が、だんだん溶け込んできて、
さいごはみんなととても楽しく過ごされていた様子。

学校の非常勤講師をしている女性は、
「使用者も労働者がいなければ成り立たない」という
ことが目からウロコだった、
もっと人を大事にする教育、政治にしなければ
いけないと強く思った、と。

病院で言語聴覚士をしている初受講生は、
「自分の労働力を大切にすることを学んだ」として、
職場でちゃんと1時間の休憩をとるようになったこと、
これまで30分以下の残業は申請しなかったけど、
「自分の要領が悪いから」という考えを克服し、
きちんと残業をつけるようになった、
後輩たちにもこういうことを伝えていきたい、と。

受講生最後に発表した初受講生のSくんは、
「学校には正直いい思い出がなく、今回労働学校に
誘われたけど、最初は“学校”というだけで抵抗があった
けど、ここに来て学んで、なんでこんな大事なことを
もっと早く学んでなかったんだろうと強く思った。
ほんとうに参加できてよかった」と発表され、
とても感動をよびました。


修了発表終了後は、修了証書の授与、
そして修了コンパ。
お楽しみのゲームもしながら、交流をさいごまで楽しみました。

場所を変えての
修了コンパ2次会も14名が参加し、わいわいと交流。
楽しい時間でしたね。



【参加者の感想文を少しだけ紹介します】

■この労働学校の存在を知れて本当によかったです。
また機会があれば今度はいろいろな知り合いや友だちを
誘ってみたいです。

■成長が見える修了発表が多々あって感動しました。
人間っていいね、という思いを持ちました。

■感動的だった。次期も参加したいと思う。

■来期もよろしくお願いします。

■修了発表、それぞれの言葉で語られ、想いを強く
感じました。賞状を頂くのは学生以来だったので
嬉しいです。次期もがんばって参加し、学んでいきたいです。

■労働学校はいい所だなと思いました。みな楽しく
学び信頼のできる仲間をつくることだできたのだと
思える話をされていました。政治の世界は今、それと
正反対にとんでもないことばかりです。でも皆かしこく
なってそんな政治を変えていきましょう!

■今日も感動しました。勇気をもらいました。楽しかった。