読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長久啓太の「勉客商売」

岡山県労働者学習協会の活動と長久の私的記録。 (twitterとfacebookもやってます)

ストライキについてのメモ(2)

メモ

唐鎌直義「どうしたら貧困をなくせるか」
『前衛』2011年12月号 212Pより


【労働者にとって伝家の宝刀、ストライキ権がある】
 労働者にはたった1つ、伝家の宝刀があります。労働のボイ
コットです。「働かないぞ」というのが大事です。最近、日本
の労働組合はぜんぜんストをしませんね。時々、中小の私鉄が
ストライキをやっていて、中小私鉄ってがんばっているなと
思いますが、だいたい大きいところはやりませんね。
 労働者が労働力を売らないと生産がストップします。生産が
ストップしたら、例えばトヨタが1日生産しなかったら、いっ
たいいくら損をするか。これは企業にとっては大打撃でしょう。
ストライキは国が労働基本権として認めています。これも労使
対等に近づけるための方法です。労働力を売らないことを資本
家に宣言できる、たった1つの道なのです。サポタージュとか、
ピケを張るとかいろいろありますが、一番はストライキです。
フランスの労働者が年中やっていることです。最近ではギリシャ
でゼネラル・ストライキ(全産業いっせい同時ストライキ)が
起きました。EU諸国の労働者階級は資本主義というシステム
を十分に知り尽くしていると思います。資本主義をよく知る
ことが大事です。自分だけなんとかうまく生きていこうという
抜け駆けはダメで、資本主義のシステムと資本主義のもとで
認められている法律、自分に与えられている権利を集団的に、
最大限に行使しながら賢く生きていくということが重要です。
社会政策論も社会保障論も、そのことを教えるための学問に
ならなければいけないでしょう。