読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長久啓太の「勉客商売」

岡山県労働者学習協会の活動と長久の私的記録。 (twitterとfacebookもやってます)

紹介―『オランダ流 ワーク・ライフ・バランス』(中谷文美)

 90期岡山労働学校第1講義の講師、中谷文美(あやみ)さんの著作。
読み進むにつれ、その誠実な研究方法や興味深い内容に膝を打ちつ
づけた。岡山大学の先生なので、「もしかしたら、講師に来てもらえるか
も」と淡い期待を抱き、直接メールを送ったところ、快諾をいただいた。
私も講義ははじめてお聴きする。

 本書の特徴は題名のとおり、オランダにおける「働くこと」と「その他の
大切なこと」、とくに家事労働との“組み合わせ”の技法を追跡している
ことである。「人生のラッシュアワー」とは、子育てをする時期をさす。生
活における嵐のような時期に、オランダ人やオランダ社会が「仕事」と
のバランスをとるため、どのように仕組みを変え工夫を積み重ねてきた
のか、またその根底にある考え方について示されている。オランダに長
期間住み、たくさんの人にインタビューしたものが研究のベースとなって
おり、説得的だ。

 オランダは「パート王国」といわれるほど、短時間労働者の割合が高い。
だが日本の「パート」とは大きく違い、たんに「フルタイムよりは短く働く」
というだけで、正規職員とは均等待遇である。そうした仕組みであること
を前提にしつつ、オランダ流「人生と仕事をどちらも大事にする方法」は、
私たち日本社会への大きな問題提起となる。ぜひ中谷さんの講義を直
接聞いていただきたい。中谷さん自身の歩みや研究への動機も知るこ
とができる。来週、14日の木曜夜である。

 

『オランダ流 ワーク・ライフ・バランス
   ~「人生のラッシュアワー」を生き抜く人々の技法~』
(中谷文美、世界思想社、2015年)

f:id:benkaku:20160218091928j:plain

f:id:benkaku:20160309104905j:plain