読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長久啓太の「勉客商売」

岡山県労働者学習協会の活動と長久の私的記録。 (twitterとfacebookもやってます)

くちびる、免疫学、日中関係、ホッブズ、時間を

最近読んだ本。
相変わらず、なんの系統性もない。


『くちびるに歌を』(中田永一、小学館、2011年)

f:id:benkaku:20160602170304j:plain

同名の映画を昨年?みて感動。
この原作も味わいがあったが、
映画は柏木先生の背負っているものを描き、
「手紙」の歌詞とストーリーが交差して
より感動が深くなっている印象。

また合唱の素晴らしさも映画はより昇華していたと思う。
原作も良かったけど。


『好きになる免疫学』(萩原清文、講談社、2001年)

f:id:benkaku:20160602170249j:plain

イラストも交えて、免疫のそもそもとシステムをわかりやすく。
自分でないものを排除するという免疫機能、
といえば単純だけど、無駄や偶然をたくさんふくんだ
壮大なドラマが体内では繰り広げられている。
人間の体は摩訶不思議だ。


『日中関係の未来を共創するー両国元外交官・大学生の提言』
 (丹羽宇一郎・王泰平・谷口誠他著、川村範行編、かもがわ出版、2016年4月)

f:id:benkaku:20160602170318j:plain

2015年秋に名古屋で行われた国際シンポジウム
「日中大学生討論会」の記録。
おたがいの国の大学生による議論が貴重。
相互理解がやはり鍵だなと実感する内容。


『ホッブズーリヴァイアサンの哲学者』(田中浩、岩波新書、2016年2月)

f:id:benkaku:20160602170220j:plain
近代国家論の創始者と位置づけられるイギリスの哲学者ホッブズ。
「人間中心」という思想は今では当たり前に感じるが
当時(17世紀)は根本的価値観の転換だったのだろうな。
ほかいろいろ発見があった。


『時間を取り戻すー長時間労働を変える人事労務管理』
            (渡部あさみ、旬報社、2016年3月)

f:id:benkaku:20160602170234j:plain

人事労務管理の視点から労働時間問題を具体的に
考えている内容で、参考になる。
「なぜ長時間労働になるのか」の分析の視座を
職場の実際に置くことも大事だなと。