読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長久啓太の「勉客商売」

岡山県労働者学習協会の活動と長久の私的記録。 (twitterとfacebookもやってます)

共通点を見つけたとき、想像力を働かせる原点に。

メモ

「しんぶん赤旗 日曜版」2016年7月3日付16面より
フォトジャーナリスト・安田菜津紀さんの言葉。

メモです。

「数字では悲しみや喜びなど、感情の揺れまでは伝えられ
ません。人間って、数字や“難民”というひとつの言葉でく
くられてしまうと共感力が落ちると思う。顔が見えない、
のっぺりとした情報になってしまいます。私は、人の心を
動かすのは具体的な出会いだと思います。シリアのニュー
スに接し、あれは誰々さんと会った場所だと思う。私の
写真を見る人にも、写真という“窓”を通してシリアの人に
出会ってほしい」

「爆撃された町の惨状を伝えることは必要です。でも、そ
ればかりだと、自分たちとは違う国で、違うことが起きて
いるという思いが強まってしまう。関心の薄い方は、もう
これ以上、悲しいものは見たくないと、心のドアを閉じて
しまうかもしれません。人が共感し、想像力を働かせる時っ
て、何が違うかではなくて、何が同じかを確認した時だと
思います。『シリアの人も同じように、日常のなかで笑う
んだ。同じように学校で勉強するんだ』と共通点を見つけ
たとき、想像力を働かせる原点ができると思います。日常
を伝えるのは、共感する間口を広げるために、大切なこと
だと思っています」


これ、いろんな問題でも応用できるというか、
通底してますね。労働問題でも。

労働者はさまざまな違いで分断されているけれど、
「同じとこ」を見つけることの大事さ。