読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長久啓太の「勉客商売」

岡山県労働者学習協会の活動と長久の私的記録。 (twitterとfacebookもやってます)

すっぽん鍋からの「人間らしさと労働組合」

講師活動

昨夜(9日)は、岡山医療生協労組の
超入門ろうどうくみあい講座の4回目。
テーマは「人間らしさと労働組合」でした。

学習会の前に、恒例「労働食堂」にて
すっぽん鍋を頂く。これで夏バテ防止はバッチリか!?

学習会では、30分ほどの講義をして感想交流。
以下、内容です。


一。「人間らしさ」とはなんだろう
 
1。それを考えるのが人間でもある
  ◇動物には、あまり「~らしい」を使わない。

   「らしい」とは、「・・・といわれるだけの諸条件を十分に
           備えている様子」(三省堂『新明解国語辞典』第7版)

   「労働条件は、労働者が人たるに値する生活を営むための必要を
   充たすべきものでなければならない」(労働基準法第1条)

 2。人間でありながら、人間でない「あり方」「状態」もある
  ◇つまり、「諸条件」を奪われているのではないか、という認識
   *たとえば、自由にものが言えないこと、移動ができないこと
   *たとえば、人にランクづけがされること、モノのように売り買い
    されること
   *たとえば、教育を受けられないこと
   *たとえば、働ける力と意志があるのに、働けないこと
   *たとえば、文化を享受できないこと、ゆとりがないこと

   ■不自由の自覚→自由の獲得へ(人間の歴史は自由拡大の歴史)

 3。「人間らしく生きる」内容を、1つひとつ「人権」として確定させてきた。
  ◇人権とは、何ものも奪えない、その人がもっている固有の自由や
   権利のこと。
  ◇「人間らしさ」の目録の結晶が、日本国憲法

   「この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年に
   わたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去
   幾多の試練に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことので
   きない永久の権利として信託されたものである」(97条)

   *13条「個人の尊重」「生命・自由・幸福追求」
    -1人ひとり、かけがえがない
   *14条「法の下に平等」―みんな平等だ
   *15条「公務員の選定権」―選挙で代表を選ぶ
   *16条「請願権」―お上にもの申せる
   *18条「奴隷的拘束を受けない」―だれの奴隷にもならない
   *19条「思想及び良心の自由」―なにを考えなにを正しいと思うかは自由
   *20条「信教の自由」―なにを信じるのか(信じないのか)も自由
   *21条「集会、結社、言論、出版、その他一切の表現の自由」
    ―伝えあう自由
   *22条「居住」「職業選択の自由」
    ―どこに住むのか、なにを職業とするか
   *23条「学問の自由」―なにを学ぶか
   *24条「両性の本質的平等」
    ―両性は平等であり誰と結婚するかは本人たち次第
   *25条「健康で文化的な生活」
    ―誰もがゆとりのある生活をおくる権利がある
   *26条「教育をひとしく受ける権利」―ひとしく教育を受けられる
   *27条「勤労の権利」―人間らしく働ける権利
   *28条「団結権・団体交渉権・団体行動権」―人間らしさを実現する組織
   
*9条「武力の行使の放棄」「戦力の不保持」
    ―生活の土台は平和であること

  ◇「信託」と人間らしさ
    ・・・過去の人類の努力が、いまの「あたりまえ」をつくってきた
   *人間は、歴史を意識的に受け継いでいく。過去から学べる。
    受け継ぐ。だれしも歴史のリレーランナーになる。

二。憲法が私たちに問いかけていること
 
1。人権を自分のものにできていますか? バトンを受け取っていますか?
  ◇不断の努力(12条)―その中身とは?

   「この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の
   努力によつて、これを保持しなければならない」

  ◇表現の自由(21条)
   ―集まり、組織し、話しあう、書きあう。そして伝えあう。

   「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、
   これを保障する」

 2。労働組合は、不断の努力をすすめる組織の中心。主権者として
   成長する舞台。
  ◇労働組合の労働基本権(28条)は、憲法第3章「国民の権利及び義務」
   のなかに
   *つまり「人間らしさ」獲得のために必要不可欠のもの、ということ。
  ◇団結権・団体交渉権・団体行動権―組合つくれ・要求せよ・たたかいだ!
   *労働条件の良し悪し=生活・働きやすさを左右する。でも労働者
   (雇われて働く人)は労働条件をひとりでは交渉できない。対等に
    労働条件を交渉するためには団結しかない。
   *人権・権利よりも、職場の「空気」が優先されがちな日本。労働組合
    が本来の役割をきちんと果たし、職場で地域で、1人ひとりの尊厳・
    人権を守る砦になっていく。
  ◇人権感覚、民主主義的訓練の場。おかしいことを「おかしい」と言える。
   *主権者として社会情勢を学ぶ。議論する。そして行動する。
  ◇「団結」ということ自体が「人間らしさ」の発揮。手をつなぎ支えあう
   生き方。

 3。8月9日は71年目の「ナガサキ」の日。なぜ労働組合が平和の取り組み
  をするのか?
  ◇「人間の尊厳」を根底から否定する力としての戦争・軍事的圧力
  ◇憲法がめざす幸福追求権・生存権は、戦争をしないということが大前提。
   *生活・福祉に必要なお金、産業も、戦争と戦争準備につぎ込
    まれてしまう。
   *戦争に向かう国家は、私たちの生活や人権を置き去りにする
    (歴史の教訓)。
  ◇労働組合は、憲法がめざす社会の実現のために活動する「なんでも屋」
   *平和活動の先頭に労働組合。憲法を否定する政治のもと、労働組合は
    忙しい。
  ◇個人の尊重(13条)―その人がその人であることを否定されないこと。
   *ひとりも見捨てない職場。ひとりも見捨てない地域。ひとりも見捨
    てない社会。
   *1人ひとりの労働組合員・労働者が、憲法を自分のものとして身体化
    しよう。