読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長久啓太の「勉客商売」

岡山県労働者学習協会の活動と長久の私的記録。 (twitterとfacebookもやってます)

憲法は労働者に一方的に肩入れ(労働組合はすごい組織)

きのう読んだ憲法テキストに、
27条・28条は経済市場において労働者を勇気づけるためにある、
と書いてあり(いま本が手元になく不正確かも)、その通りだと感じた。

私的関係である労働契約にあえて、積極的に介入して、
最低限のバリケードを設定し労働者の人権を守ること、
そして労働者が労働条件を対等に使用者と交渉できるように
「その手段」を整えなさいと、憲法は国家に命令している。

憲法は労働者だけに、肩入れしているのである。
憲法は中立ではないのである。

労働市場において人権を保障するためには、
傍観者的中立などありえない。

言うまでもないが、使用者と労働者の力関係は
はっきりしている。使用者が圧倒的に強い。
労働条件を先に決める力、業務内容を決める力、人員配置、
雇用形態を決める力、人事権・・・。使用者は裁量がオオキイ。

この力関係のまま、労働契約を自由契約のまま放置していると、
労働者の労働条件・働く環境は悪化・劣化する。
労働者はモノや道具のような扱いをされる。それは歴史が証明している。

だから、
法律で「少なくともこれ以上は」という労働条件の最低限を
決めるという勤労条件の法定主義(27条2項)があり、
結社の自由よりもはるかに法的に保護された
労働組合の団結権・団体交渉権・団体行動権
(労働三権=労働基本権)がある。

仕事をあえて放棄する=労働契約違反ともいえるストライキは、
労働者・労働組合のいちばんの「秘技」であり、
団体交渉を対等に行える担保として認められている。
ストライキを行っても、刑事上・民事上の責任は問われないなど、
これまた法律の保護を受けている(労働組合法)。

『学習の友』10月号で笹山尚人弁護士は、
労働組合を「すごい組織体」と表現し、
「そのすごさの恩恵に欲していない人が多い」ことを残念がっている。

労働組合は、すごいのである。

憲法が一方的に肩入れするほど、特別な存在なのである。

そうしなければ、
労働者は生活や尊厳を守れないからである。
働きやすい職場、誇りのもてる職場をつくれないのである。

その役割を担っている労働組合は、
労働者の先輩たちが歴史的につくりあげ、
国家に「応援せよ」と憲法で命令するまでに
認めさせてきた「すごい組織体」なのだ。

人権の主体である「個人」とは、みずからの生活や人生を
仲間とともにみずから切りひらく力をもった人という意味である。
その手段を労働者はあたえられている。

憲法は
「たたかう手段はあたえました。あとはあなたたち次第です」
「1度きりの人生ですよ。あなたはモノや道具ではなく人間ですよ」と、
労働者を勇気づけているのである。