読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長久啓太の「勉客商売」

岡山県労働者学習協会の活動と長久の私的記録。 (twitterとfacebookもやってます)

『世界の憲法集 第3版』より 「尊厳規定」のメモ

メモ

日本国憲法では「個人の尊厳」という言葉は
24条の家族生活における関係性のなかで謳われていて、
あまり目立った位置にありませんが、
他国の憲法なかでは、「尊厳」という概念が人権の
中核的・核心的位置にあることがかいまみれます。

尊厳とは、
その人がその人であることを否定されないこと。
モノや道具として扱われないこと。
人間としての自由や権利を保持していること。
・・・などの多様な意味や説明ができると思います。
単純に言うのは難しいですが。

やはり、「個人(人間)の尊厳」があるからこそ、
「個人は尊重」される、と理解したほうがよさそうな
気がします。
「世界人権宣言」も尊厳という言葉が重要な位置で
何回も出てきます。

ただ日本国憲法をそのまま素直に読むと、人権とは
13条の「個人の尊重」を根本的価値とする、という
説明はまちがっていないし、適切だとも思います。
条文の位置や書き方にもよりますからね。

もちろん当然ですが、以下の各国の
尊厳規定が憲法に盛り込まれている=そうした理念が
その国で実現している、とはかぎりません。
日本国憲法がそうであるように、素晴らしい理念や
価値観を実現するのは、国民の不断の努力がどれだけ
活発に行われているかによります。がんばりましょう。


以下、メモです。

■インド憲法前文
「すべての公民に個人の尊厳と国民国家の統合・保全を
もたらす友愛を促進することを厳粛に決意し」

■スウェーデン憲法2条
「公権力は、すべての人間の平等ならびに個人の自由
および尊厳を尊重して行使しなければならない」

■スペイン憲法10条
人間の尊厳、人間の侵すべからざる生来の権利、人格
の自由な発展、ならびに法および他人の権利の尊重は、
政治的秩序および社会平和の基礎である」

■大韓民国憲法10条
「すべて国民は、人間としての尊厳および価値を有し、
幸福を追求する権利を有する。国家は、個人の有する
不可侵の基本的人権を確認し、これを保障する義務を
負う」

■大韓民国憲法33条
「3.勤労条件の基準は、人間の尊厳性を保障するよう、
法律で定める」

■ドイツ連邦共和国基本法1条
人間の尊厳は不可侵である。これを尊重し、および
保護することは、すべての国家権力の義務である」

■フィリピン憲法2条11節
「国はすべての人間の尊厳を価値として認め、人間と
しての権利に最大の敬意が払われることを保障する」

■ベルギー国憲法23条
「何人も、人間の尊厳に値する生活を送る権利を有する」

■ポーランド共和国憲法前文
「第三共和国の福利のためにこの憲法を適用するすべ
ての者に、人の生まれながらの尊厳、自由に対するその
権利および他の者と連帯する義務を保持することに配慮
しつつこれを適用し、これらの原則の尊重をポーランド
共和国の揺るぎない基礎とするように呼びかける」

■ポーランド共和国憲法30条
「人の生まれながらの、奪うことのできない尊厳は、人
および市民の自由と権利の源泉をなす。それは不可侵で
あり、その尊重と保護は公的権力の義務である」

■ロシア連邦憲法7条
「ロシア連邦は、社会国家であり、その政策の目指すと
ころは、人の尊厳ある生存と自由な発達を保障する条件
をつくることである」

■ロシア連邦憲法21条
「1.個人の尊厳は、国家によって保護される。いかなるこ
とも、それを落としめる理由となることができない。2.
何人も、拷問、暴力およびその他の過酷なまたは人間の尊厳
を傷つける待遇または刑罰を受けてはならない(以下略)」