読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長久啓太の「勉客商売」

岡山県労働者学習協会の活動と長久の私的記録。 (twitterとfacebookもやってます)

「働き方の質をみんなで考えていきたい」

講師活動

きのう(31日)のお昼は、
倉敷医療生協労組の「お昼休み!ろうどうくみあい入門講座」。
水島協同病院にて13名参加。
労働者と労働組合のそもそも編でした。

f:id:benkaku:20161031125442j:plain

以下感想文をいくつか紹介します。

■倉敷医療生協労組があるから私たちは今働きやすい
環境にあると思いました。これからも働き方の「質」を
みんなで考えていきたいです。1人ひとりの尊厳を守る
仲間を広げるのが大切だと思います。

■労働組合の大切さを改めて感じました。人員削減以降、
労働条件がどんどん悪化しています。1人の声では
届きそうにありません。

■子どもが大きくなるにつれ、お金もかかるようになり、
以前よりも働く時間をふやし、ますます自分の時間もなく
なってしまう。今現在、1人の時間は30分あればいい
ほう。生活にゆとりがいるなら、お金のゆとりが必要
だと思うけど、税金などの支払いが多いため、ゆとり
なんて全くない!!

■時間のゆとりをつくろうとすると仕事の時間を減らす
ことになる。労働時間を減らすとお金のゆとりが減る。
バランスをとるのはとても難しい。その中で少しでも
ストレスを少なくするためにみんなで協力して交渉して
いけたらいいと思う。

■文化は、人間を育てる。また参加させてください。

■労働組合とは、人間らしい生活を守るためにつくられ
た。生活にゆとりがない・・・。同感です。