読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長久啓太の「勉客商売」

岡山県労働者学習協会の活動と長久の私的記録。 (twitterとfacebookもやってます)

パブみたいな労働食堂で「たまたま」から生まれるもの

講師活動

「お好み焼き食べに行こう」

昨夜の労働食堂(岡山医療生協労組)に
そう誘われてきた彼。

お好み焼きを食べる場で学習会が行われているとは知らず、
ふらふらと入ってきた彼。
学習会によくわからないまま参加した彼。

ジッとぼくの30分ほどの話を聞き、
その後みなの感想を聞いていた彼。
昨年12月に岡山医療生協に転職してきたそう。

そして彼は、こう語った(超要約)。

「前は医療機器メーカーで働いていて、夜11時12時は
あたりまえ。会社に何かを言うなんてありえなかった。
こうやってみんなで交渉できる労働組合があること自体
に感動してます」

ちなみに昨夜の学習会テーマは“労働組合のたたかい方”。
ぼくは、労働組合にふれるきっかけなんてなんでもいいし、
そういう“たまたま”をたくさん準備するのが大事と強調した。

昨夜も“たまたま”のなかからいろいろなものが生まれた!
と思う。

玉野の職場からわざわざ参加しにきている女性は、
「月に1度のこの場がウップン晴らしになってる」
と語っていた。

最初に労働食堂にふれたとき、
「パブみたいだな」と思ったが、
ちょいパブリック(公共的)な空間でありながら、
自分が表出できて、出会いと学びがあって、
美味しいものを囲んで語りあえる。

こういう空間が広がってほしい。

f:id:benkaku:20170125091744j:plain

f:id:benkaku:20170125091757j:plain

f:id:benkaku:20170125091812j:plain