長久啓太の「勉客商売」

岡山県労働者学習協会の活動と長久の私的記録。 (twitterとfacebookもやってます)

憲法講座第3講義は人権について

5日(金)の夜は、はオンラインの憲法講座、第3講義金曜回。
リアルタイムで23名が参加されました。
チェックイン交流は「2024年、こんな年にしたいー!」でした。

第3講義テーマは「私が私でいられるために―人権を託されて」。
基本的人権の核心である13条「個人の尊重」や「尊厳」について深め、
憲法の人間観を考えました。また第3章の人権の条文を1条1条解説。
こういう学習会は少ないと思います。

講義は後半、人権の担い手である「個人」とは何か、
日本の学校教育における人権教育の課題、人権侵害の基構造や、
人権を守るためには「たたかう条件」、
連帯や運動・組織の役割が重要だと強調しました。

 感想交流では、これまでの経験や職場での実体験などもふまえて語られ、
みなさんの受けとめが想像以上に大きかったと感じました。
お2人の方の感想を紹介します。

■人権の学習でしたので、色々な出来事を思い起こしながらの聴講でした。
感想交流も話だしたら、ひとりでずっと話してしまいそうなぐらい、
思いがあふれますね。心に響くキーワードを書きとめながら、
涙がでそうでした。
「あなたはあなたというだけで無条件に存在が肯定されるもの」
「だれもがかけがえのない唯一無二の存在」
「尊厳は誰にも奪われてはいけない」
「自分が自分でいるためにとても大切なものが内面の自由」
「人権を他人ごととして学ぶことが多い。だから人権を自分ごとにできない」
「新しい人権感覚は貪欲に学ぶ」。
相手を尊重し、包み込めるように、常に人権を意識していきたいと思います。
そしてまた、周りに少しずつでも共に学び、
考える輪を広げていきたいと思いました。ありがとうございました。
次回も楽しみにしています。

■今回の学習で改めて感じるのは、やはり「基本的人権の保障」の重みです。
個人」という概念が薄かった日本人にとって、
この言葉の裏に積み重ねられた幾重にもわたる、
多くのそれを手にいれることができなかった人たちの
情念のようなものさえ感じます。
当たり前の人としての権利ということが、
何条にもわたって記載されていることは、新鮮な驚きでした。
長久さんもおっしゃっていた、個人の内面の権利の保障について、
じつに丁寧に細部にわたって明文化されていることは、
世界的にも珍しいとのこと。
それはつまり逆に言えば、あまりにも個人の内面が疎かに
されていたということですね・・・
それをあの当時のアメリカはよく知っていて、それが日本を
戦争に走らせた原因のひとつだと考えたのでしょう。
ですから、この憲法を読むとき、以前から感じていた
「崇高な精神性」や「深遠な理想」「文学的ともいえる格調高い文章」が、
日本人発祥のものではなかったのだと改めて気づきました。
そうは言っても、現在の日本の社会は、相変わらず個人よりも
集団が優先されているように感じます。
たとえば芸能界、スポーツ界、政界、企業のありかたなど、
とても個人が大切にされているとは思えません。
そして一番強く思ったのは、「人権感覚はさびやすい」ということです。
私たち一人ひとりが学びや問いを止めてしまったとたん、
人権感覚や人権意識は下がっていってしまうということは、
今後も胸に深く刻んでいかなければと思いました。
こういう学習は生涯にわたって、繰り返し繰り返し学ぶ必要があるなと感じます。
それぐらい目にみえるものでもなく、数値化できないものなので、
私たちの心の中に存在させて、温めて、声に出していくものなのですね・・・
今回の学習を通して、勇気も出ました。
もし、私が困難に陥った時、憲法が私を助けてくれるのだという確信です。
私にはこんなにたくさんの権利があって、私は死ぬまでその尊厳を
守られる存在であるということは、
今後の生きる助けになり、誇りを取り戻した気分です。
今回もありがとうございました。次回が楽しみです。

2024年もどうぞよろしくお願いいたします。

大晦日から、何もない日々を過ごしました(笑)。

本当は昨日(2日)山登りしようと思っていたのですが、
能登半島地震の報道で神経が張ってしまい、そうした気分になれず…。
1日にクレールで映画『市子』観たのと、
紅白をオンデマンドでみた以外は、家で本読んでました。

■『のんのんばあとオレ』(水木しげる、講談社漫画文庫、1997年)
これは傑作。水木しげるの原体験風景。のんのんばあと、
父の言葉が(ときどき)深く示唆に富む。ユーモアや胆力も。
随所に登場する妖怪たちも愛らしい。死が近い、死との境界で生まれる
考えや思想は私たちの生き方を楽にしてくれる。

■『部屋づくりの法則』(高原美由紀、青春出版社、2023年)
先日赤旗新聞で著者の記事を読み、「空間デザイン心理学」に
興味引かれ本書も購入。空間が人間に与える影響は
「会議をデザインする」などで強調してきたので納得の部分が多かった。
終章で著者の哲学も語られていて説得力あり。

■『ルーツのある子どもたち 民族学級という場所で』
                (洪里奈、クレイン、2022年)
恥ずかしながら、民族学校と民族学級の違いすら認識がなかった。
「在日朝鮮人」当事者(3世)である著者の民族学級フィールドワーク。
真摯な実践と苦悩、民族学級という場のもつ意味。
「ルーツ」という言葉や名前の意味や変遷。知れてよかった。

■『真のダイバーシティをめざして 特権に無自覚な
マジョリティのための社会的公正教育』(ダイアン・J・グッドマン著、
出口真紀子監訳、田辺希久子訳、上智大学出版、2017年)
もっと早く読んでおけばよかった。特権に関する本かと
思っていたけど、内容の大部分は特権集団に対する教育方法と実践、
教育者の心構えについてだった。それがよかった。
労働者教育にも役立つ学び多し。新年早々いい本読んだ。

■『これからの建築 スケッチしながら考えた』
              (光嶋裕介、ミシマ社、2016年)
建築家の方の本を読むのは昔から好き。すぐれた建築家は、
人間や社会のありようと建築の関わりをつねに考え、
幅広い教養も兼ね備える。真摯に「空間と対話する」11話。
とても読みやすく、楽しく、共感多い1冊だった。

 

2023年のふりかえり

【健康面】
11月に1度だけ風邪でお休みした以外は、元気に過ごせた。
秋に行った健康診断で視力低下(1.0と0.8)を数字で見せられ
やや落ち込む。わが目よ、もうちょっとふんばってくれ~!
来年9月でいよいよ50歳。

【引っ越して1年】
昨年12月に岡山市内に引っ越して、丸1年。生活はめちゃくちゃ
楽になった。通勤時間徒歩7分。毎日お昼休みも帰宅。
にゃんずも長時間留守がなくなり大喜び(たぶん)。
買い物に行くにも岡山駅に行くにも便利なところで、場所最高。
朝の散歩は旭川河川敷を行くルートが定番コースで気持ちがいい。

【仕事】
岡山県学習協のお仕事は、引き続きオンライン講座に多くの
参加者が受講していただき盛況。今年講義レパートリーに
加わったのは「マイクロアグレッション」と「雑談」。
どちらも人間関係構築、仲間づくりに欠かせないもので、
今後も広げていきたい。講師活動はコロナ5類で県外出張も
どんどん増えてきて大忙し。年間講師回数は220回を超えて
過去1番多かった。

【読書】
最近読書記録をつけなくなってしまったので、年間何冊
読んだのかは不明。必要に迫られての読書が半分、
それ以外の乱読が半分、という感じか。自宅2階の2部屋が
書棚スペースとなりまだ余裕あり。引っ越しで本探しも楽になった☆

【旅行】
7月の愛媛講師仕事のあと「津和地島」で後宿。瀬戸内海の
小さな島で旅館の料理に舌鼓。
8月、長崎県の対馬に。台風接近で3泊予定が2泊に。対馬の自然を満喫。
同じく8月に北海道講師仕事の前に千歳と登別温泉に。地獄谷よかった。
10月下旬に相方の散骨ツアーで沖縄4泊5日。
天気バツグンで最高の旅に。よかった。

【映画・観劇】映画は16本を映画館で。良かったのは
「BLUE GIANT」「パリタクシー」「ほかげ」
「窓ぎわのトットちゃん」「鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎」。
観劇は、9月に自宅から徒歩5分の場所にオープンした
ハレノワ(岡山芸術創造劇場)で
「ガラパコスパコス」と「わが友、第五福竜丸」。

【相方】
亡くなって8月で2年。散骨もすべて終わり、ひと区切り。
8月に医療従事者のみなさんに向けて
「ALSと呼吸ケアを家族の立場から」の講演機会をいただく。
久しぶりに主治医の難波先生にお会いする。
8月に長野講師仕事の機会に松本在住で相方と交流のあった
ALS患者さんと5年ぶりぐらいにお会いする。お元気そうでほっとする。

【その他】
7月に仙台で講師仕事があり唯一未踏の県だった宮城県に。
ついに47都道府県コンプリート。
山登りは5月に赤穂の「雄鷹台山」、12月に備前の「天狗山」の2回だけ。
どちらも気軽に登れる低山。
どうでもいいけど、最近就寝時ほぼ毎日のように夢をみる。
わけわからない夢が多い(笑)。


今年も充実していた。
でも日本社会や世界の現実を日々つきつけられて、
もっともがきながら頑張らねば、とも思う。
一方で無理しすぎず、ずっと長く活動していきたいとも。
不真面目さと謙虚さを同居させつつ、2024年も元気に過ごしたい。

みなさま、よい年末年始をお過ごしください。

広島自治労連で心理的安全性講義

昨夜(20日)は広島県自治労連主催の連続学習会(4回目らしいです)。
「心理的安全性で元気な労働組合運動を」をテーマに
オンラインで1時間お話しました。その後質疑応答や感想交流など。
42名の参加だったそうです。

昨年から講義レパートリーに加わった心理的安全性。
2023年は本当に多くの学習機会いただきました。
このテーマで何十回もしたと思います。
9月には学習協で心理的安全性の実践技術講座もし、
11月には雑談講座の準備でさらに深め、
より実践的な話ができるようになりました。

1人ひとりを大事にし、多様性が生き、安心してぶつかりあいもできる。
チャレンジが促進される。それが心理的安全性です。
多くの組織のあたり前の文化になってほしい。
2024年もこのテーマの学習会多くなりそうですが、
引き続き、がんばります。

あっという間に師走も過ぎていきます。

この1週間も、まあまあ忙しかった。

12月は実務量も増える。
会費や「友」の請求書つくったり配達準備もあったり。
まあ25年やってるんで慣れたものですが。来週は集金がんばる。

先週は、毎日のように講師依頼がある依頼ラッシュウィークだった。
来年の予定が埋まっていく。
さあ、2024年もがんばるぞ、という意欲もわいてきます。

以下、講師の活動。

水曜日(13日)午後は、
自治労連近畿ブロックの書記部会総会でオンライン講演。
「書記が安心して力を発揮できる組合に~心理的安全性をキーワードに考える」を
テーマに1時間弱。
今回は心理的安全性を高めるチームでの実践編を中心にお話しました。
その後グループディスカッションで交流されました。

木曜日(14日)も午後、
京都民医連のソーシャルワーカーのみなさんの勉強会でオンライン講演。
「住まいは人権」をテーマに50分ほどお話。
感想交流ではみなさんの受けとめよく、良かったです。
主催者は「市長選挙の前にできてよかった!」と☆

金曜日(15日)の夜は、オンラインの憲法講座の第2講義。
リアルタイムで23名が参加。
「胸が熱くなる!憲法の自己紹介とビジョン」をテーマに学びました。
感想交流でみなさんの受けとめを共有し、さらに深まります。
憲法の学びはいつでもおもしろい。

土曜日(16日)午前中は、
福岡・佐賀民医連の第45期県連職責者研修でオンライン講演。
「心理的安全性を高める職場づくり」をテーマに休憩はさみ90分。
1月と2月にも同じ研修あり、
3回にわけて200人を超える参加が予定されています。

「ほかげ」、中江兆民「三酔人経綸問答」

今日(12日)は午後から休み。
シネマクレールで塚本晋也監督の「ほかげ」鑑賞。
前半の、部屋のなかだけで展開されるストーリーが
緊張感ありすぎて怖かった…。
趣里さんも「ブキウギ」とはまったく別人。
森山未來さんの身体表現力もすごかった…。
戦争体験という悲嘆や怨念や狂気を背負わざるをえなかった人たち。

また、映画鑑賞の前に寄った丸善にて、
『100分de名著 中江兆民「三酔人経綸問答」~話し合い、共に変わる』
(12月NHK Eテレで放映)を購入。帰宅後一気読みしました。

平田オリザさんの解説もよくて、
書き言葉の進化や時代背景もよくわかるし、中江兆民に親近感。
対話の精神、シンパシーよりエンパシー(共感する力)、
など読み解いていく。大事。

「『三酔人経綸問答』に登場する洋学博士、豪傑君、南海先生が
行っているのは、あなたの立場には同意はしないけど、理解はする、
という話し合いです。私はよく、エンパシーとは『席を立たない
こと』だと説明しています。どんなに意見が対立していても同じ
テーブルに着く。そしてそこに居続ける。兆民が描く三酔人は、
誰も匙を投げて席を立ったりはしません」(48P)

日本人「慰安婦」、コープ鴨方、林研修へ

きのう(11日)も猫に起こされ1時半ぐらいに起きて
ぼおっとしながら読書(もちろん健康のために2度寝してますよ!)。

『日本人「慰安婦」を忘れない』(吉川春子、かもがわ出版、2023年5月)を
読み終える。
2009年にビルマ従軍の日本人「慰安婦」の「名簿」を入手し、
現地調査もしたが、当事者に会えず、わかったことも少しだけ…。
なぜ日本人「慰安婦」は1人も名乗り出せなかったのか。
戦前の遊郭の実情、運動側の課題、日本社会の課題。つきつけられる。


午前中は、生協労組おかやまのパート部会新人研修をコープ鴨方店にて。
労働組合そもそも話のあとの交流で
「うちの人は長時間労働。朝7時に出て夜10時頃帰ってくる」
「残業代も出てない」と…。「え?法律違反じゃないですか」と聞くと
「じつは教員で」と。あ、給特法…。という展開になりました。

午後は事務所で少し仕事したのち、林精神医学研究所の中堅職員研修で
防衛費大増額問題の講義。なんか情勢、ガザのことなどあるからか、
受けとめがまっすぐな感じになってます。
そのモヤモヤした感情を行動に移すには、場所と仲間が必要ですね。

「心が震え、涙が出ます」

きのう(9日)の憲法講座第1講義。
ある方の感想が素晴らしいので、紹介します。
読んでいて、ちょっとウルウルきました。

■これまでの学習会とは異なり、今回はいつもよりも
襟を正して講座にのぞみました。学生時代に憲法に
ついてはざっくりと学んだ思い出はありましたが、
今回改めて制定にいたるまでの時代背景とそれに
関わった人たちの思いを知って、深く感銘を受けました。

確か、NHKでもこのあたりのドラマが白洲次郎を
主人公にしてあったと思います。明治憲法を手直し
したものが、GHQによってけんもほろろに却下
されたことも覚えています。日本国憲法はアメリカ
から押し付けられたものだと批判する人もいますが、
今回の学習でその成立に3人の経歴もちがった人たちの
尽力があったことは、これは歴史的な奇跡というほか
ないでしょう。

中でも当時22歳だったベアテさんの草案に目を通して、
心が震えました。誰よりも人間の根幹のありかた、
つまり男女同権や男女平等、女性や児童、弱者に
対しての眼差しは、おそらく当時の日本人にはなかった
ものだと思います。

話は少し飛びますが、ウクライナ侵攻やイスラエルに
よるガザ地区への攻撃を見ていると、世のなかで人の
いのちがまったく大切にされていないことに怒りが
こみ上げてきます。人類の社会システムの構築にあたって、
その基本となるのは、「健丈な肉体と権力を持った
年齢の高い男性」が作ったものがベースになっていて、
そこには女性や弱者の意見は反映されていません。

もし、日本国憲法の制定に男性だけが関わって作られて
いたなら、今の私たちの生活はひょっとするといまだに
戦前の「家父長制」のままだったかもしれません。
与党の中には「日本会議」のような時代錯誤の考え方を
ベースに活動をしている国会議員が多いのは、
そのような明治の幽霊、明治の戦争賛美、明治の
男性優位の社会へのノスタルジーがあるからでしょう・・・

それがどれだけ日本の国際社会における人権意識の
低下を引き起こしているか、彼らは想像すらしないでしょう。

この美しい97条と9条を読むとき、心が動かされ、
強い感動がせまってきます。憲法を学ぶことは、
難しいことではなかったのだ、これが私たちが日本という
国で生きていくための原点だったのだという思いを持ちました。

こういう授業を高校時代に受けていたら、ひょっとしたら
私の進む道も違ったかもしれません。次回も楽しみです。

世界の中にはいまだに宗教的な制約のなかで自由に学ぶ
ことも経済的に自立することもできない女性が多くいます。
子どもを産むことだけが使命とされ、心も体も傷ついて
いる女性がなんと多いことか・・・。ベアテさんの深く
高い人間の理想を知るとき、男性社会の中に彼女が残した
小さな、しかし偉大な足跡に勇気をもらい、心が震え、
涙が出ます。この学びをどう生かしていくかが、
今後の私の課題です。

ありがとうございました。

憲法は胸アツ

きのう(9日)午後は、憲法講座の第1講義土曜回。
リアルタイムで14名の参加。憲法の制定過程を中心に学びました。

金曜回のときもそうだったのですが、今回も目を潤ませながら
感想を語られた方がお2人も…。ベアテシロタさんの思いと
行動に胸がいっぱいになったと…。
憲法講座は受講生の7割ぐらいが女性で、24条の下書きを
書いた22歳のベアテさんの言葉と信念に心震える学びになるようです。
憲法の制定過程は人間ドラマに満ちています。

引き続き、長久自身が憲法を学んできて胸が熱くなった
ポイントを紹介しながら、残り4講義、がんばりたいと思います。

きのう参加されていた方の感想を紹介します。

■憲法について学んだのは正直学生以来でした。組合活動の
中での憲法9条に対しての活動にも参加したことはありましたが、
きちんと理解していなかったため、今回の講座を受講させて
頂きました。憲法は私たちが生きていく上でなくてはなら
ないものであると理解していましたが、憲法の制定の導入
部分の話は学校で習うこともなく、初めて聞く内容でとても
感銘を受けました。長久先生のお話はとてもムネアツで特に
憲法作成に日本人ではなくともここまで尽力して下さった
偉人がいることに驚きでした。わが日本国憲法を知ること
からはじめ、その重要性や伝えるべき内容を理解したうえで、
周囲に広めていけるような人材になれるよう、今後の
長久先生のご講義にて近づけるよう尽力したいと思います。
この度は貴重なご講義をありがとうございました。今後とも
宜しくお願い致します。次回も楽しみにしています!!!

ハラスメントをなくし、心理的安全性のある組織文化を

今夜(7日)は、共産党兵庫県委員会の
第1回ハラスメント学習会でオンライン講師でした。
「ハラスメントをなくし、心理的安全性のある組織文化を」をテーマに
1時間ちょいお話しました。

ハラスメント部分は、大和田敢太さんの『前衛』論文と新書を参考にしました。
組織文化の変革の問題提起もいくつか。

役員のみなさん中心に、兵庫県内の党員なら誰でも参加できたようですが、
みなさんYouTube視聴という形でしたので、何人参加されていたのかは不明。

チャットでの質問も出なかったので、事前の質問などに答え、
司会者の方とのやりとりだけでした。反応は今のところわかりません。

でも継続的な学習会にするようなので、
とても良い取り組みだと思います。

肩の荷がおりて、年末一直線?

懸案だった学習会レジュメを送信!!!
肩の荷が降りた。あとは大晦日を待つだけである(←そんなわけない)。

きのうは午前中、地域の会議。
午後は、第60回山形県社会福祉研究集会(福祉職場で働くみなさんの集会です)で
オンライン講演。山形にはリアルで行きたかったが…(苦笑)。

テーマは「マイクロアグレッションとは?~無自覚な差別で相手を
傷つけないためにできること」。休憩はさみ90分お話しました。
その後グループディスカッション45分して、
各グループの報告をして全体共有。
みなさんの受けとめがヒシヒシと伝わってきて良かったです。

終了後、NHKオンデマンドでブラタモリを見ながら晩酌。
世田谷は人口が90万を超えて23区でトップ。
なぜ世田谷は人が住みたがるのか? で楽しみました。

夜は何もないので7時半ぐらいには布団に入り、今日は2時起き。
パソコンぽちぽちしていたら山陽新聞きたので読み、
それからまたパソコンポチポチ(懸案だったレジュメつくってたのです)。
5時半から7時まで2度寝して、8時半から事務所へ。

土日も仕事したので、今日は早く帰ろっと。

憲法講座はじまる!感動広がった1回目

昨夜は全5回のオンライン「憲法講座~信託と希求を背負って~」の
1回目金曜回でした(まだ申込み間に合います!)。
リアルタイムで約30名が参加。
感想交流では口々に学んだことの感動を伝えあう、
余韻残る素敵な時間でした。

きのうのテーマは「こめられた希求-日本国憲法の制定過程」でした。
日本国憲法の背負っているもの(戦争と人権侵害の歴史)、
憲法の制定過程はどのようなものだったのか、
ベアテ・シロタさんのたたかい、
9条の「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し」が
日本の国会議員によって挿入されたことやその意味について。

最後は、この憲法のバトンを受け取って
リレーランナーとして生きる人を広げよう、という話を。
レジュメには入れてなった奥平康弘さんの
「日本国憲法は世代を超えた共同プロジェクト」の言葉も(写真)、

多くのみなさんの心をつかんだようです。お2人の方の感想を紹介します。


■戦争の歴史からできた憲法であることを忘れては
いけないなと痛感しました。そしてその戦争は、
日本という国が加害者であったということも忘れて
はいけないと…伝えていかなければいけないと改めて
考えています。加害者であった国、その国で戦争の
渦に巻き込まれた国民。その結果できた憲法。もう
2度と人権を侵害させない決意。でもそれは信託され
ているもの。気を抜けばまた、侵害される。戦争を
2度としないと国際平和を希求した憲法。でも戦争
する国への変貌を狙う勢力が虎視眈々と狙っている。
まだまだ…完成していない「憲法は未完のプロジェクト」
の憲法。私たちがこの憲法の持っている力と魅力を
最大限生かし、プロジェクトとして継続していかな
ければいけないと感じました。

■今日も素敵な講座、ありがとうございました。
日本国憲法に親近感を感じました。日本国憲法が
できる前の恐ろしい歴史、そこから生まれてきた
ことや憲法をつくるのに携わった人たちの苦労や
熱い思いを聞いてとても感動しました。(いつの
時代も…日本政府のダメさ具合も腹立たしいです。)
ベアテ・シロタさんが素敵すぎます!!!!本当に、
彼女がいたからこそ、今、日本で女性の人権がある
と感じます。(まだまだ足りないところもありますが…)
憲法ができる前の日本人女性の人権が無さ過ぎて、
恐ろしくて悔しくなってきます。その状況を見て、
肌で感じていたシロタさんが、熱い思いで日本人女性
のために頑張ってくれたのは本当に感謝でいっぱい
になりました。レジュメに「先人たちからのバトンを
受け取り、実践するランナーを広げよう」とありまし
たが、本当にその通りで…「日本国憲法があるから
大丈夫」と思うのではなくて、憲法を学んで、理解して、
行動したり、国に守らせようと声を上げたりして、、、
そういう人をどんどん増やして、憲法を活かした社会
にしていくのが、今生きている我々がすべきことだと
感じました。また、そういう社会を子どもたちに手渡
していきたいです。