読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長久啓太の「勉客商売」

岡山県労働者学習協会の活動と長久の私的記録。 (twitterとfacebookもやってます)

岡山医療生協労組でも連続講座はじめます

2014年から倉敷医療生協労組で取り組まれている
労働組合の「そもそも」を学ぶ連続講座。
今年は岡山医療生協労組でも行われることになりました。

4月からです。
月1回、全10回程度になる予定です。
今年に入り、岡山医療生協労組と相談をしてきて、
具体化されました。

なぜ、「そもそも論」が必要なのかといえば、
そうしたことを学ぶ機会が少ないからです。

多くの人が認識をつくっていくプロセスは、
自分の経験と、学校教育、そしてマスコミからの情報でしょう。

しかし労働組合のことは、学校教育やマスコミに
たよっていては、しっかりとした認識に到達しないのが現状です。
「経験をつうじて」というのも難しいです。

まして、労働組合の活動は仕事以外の時間をつかいますので、
貴重な自分の時間、生活時間をあてるわけです。
だからちゃんとした「活動する動機」がないと、
主体的に労働組合に関わろうかというような人はでてきません。
あやふやな認識ではあやふやな行動にしかなりません。

基礎となる認識をつくる。
これが「そもそも」的な講座の目的です。

またこれは、1回学んだら身につくというものでもなく、
野球の「素振り練習」を日常的に行うのと同じように、
「くり返しくり返し」自分のものになるまで
学ぶ必要があります。そうすれば労働組合活動の
基礎的な力がつきます。

といいながらも、あまり気負いすぎず、
倉敷と同じように2~3人でもとにかく継続して
続けていくことを大事にしたいと思います。


【全10回のカリキュラムは以下の予定です】
第1回 労働者って誰のこと?
第2回 労働時間とはなにか
第3回 賃金とはなにか
第4回 人間らしさと労働組合
第5回 日本国憲法と労働組合
第6回 労働者の権利と労働組合の役割
第7回 民主主義と労働組合
第8回 じつはすごい労働組合の歴史
第9回 労働組合のたたかい方
第10回 労働組合が楽しくなる10の方法