読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長久啓太の「勉客商売」

岡山県労働者学習協会の活動と長久の私的記録。 (twitterとfacebookもやってます)

死について考えると… 『このあと どうしちゃおう』

読書記録

出版されたばかりの、
『このあと どうしちゃおう』
(ヨシタケシンスケ、ブロンズ新社、2016年4月)
を買って読む。

f:id:benkaku:20160424112815j:plain


著者の絵本デビュー作『りんごかもしれない』の
想像力にも感嘆しましたが、
今回の絵本もなかなかの面白さ、奥深さです。

亡くなったおじいちゃんが残していた、
「このあとどうしちゃおう」ノート。
それを孫が読んでいきます。

「死んだあと」に対するおじいちゃんの想像力と
自由な発想(死んだからこその)に、ぷぷぷと笑えます。
そして、じん、と伝わるものがあります。

さいごの展開もよくて、
死について考えることは、生について考えること、
というメッセージです。

付録のインタビューで著者は、

「人は死の間際になればなるほど、
死について語れない」

「健康で元気なときに、もっとカジュアルに
死について話ができていたら」

と、自身の経験からの問題意識を
語られていて、とても共感しました。