長久啓太の「勉客商売」

岡山県労働者学習協会の活動と長久の私的記録。 (twitterとfacebookもやってます)

「『団結せよ』と言う理由がわかった」

先週金曜日(17日)の夜は、
マルつまみ講座の第3回目(最終回)でした。
参加はちょい減って9名。

f:id:benkaku:20180820100304j:plain

「時間は人間発達の場である―『賃金、価格および利潤』をつまむ」
がテーマでした。

自分が労働者という自覚が育ち、階級的立場・団結の意義を
理解するのによいテキストだと思う『賃・価・利』。
労働組合でがんばるみなさんにこそ学んでほしい内容
だと感じますが、残念ながら労働組合からの参加は皆無・・・。
(毎回呼びかけていはいるんですけど)

講義は、いつものように『賃・価・利』とは
どんな著作かから入り、ウェストン部分はすっ飛ばして
6章のマルクスが理論的にガシガシ語っている部分を
解説していきました。

今回あらためてぼくも読み直してみて、
なかなか良くできているし、学びごたえがあるなあと
感じました。そのエッセンスをたくさんの方に
知ってほしいです。


以下、参加者の感想文(一部)です。

「今回のみの参加でしたが、日本社会の働く
仕組みの矛盾がよく理解できました。・・・労働
者が団結して頑張ることの必要性をすごく感じ
ました」

「今までアルバイトに行ったときはお金を稼い
でいると思ってたけど、労働力を売っている
とも言えるのが面白かった。少ない雇う組が
賃金から何からすべて決めてしまうのがずるい
と思った」

「マルクスが労働者に『団結せよ』と言う理由
が今日の世の中のしくみの説明を受けて、分か
った気がします」

「資本主義の階級関係がよくわかりました。
搾取のしくみの学習もわかりやすかったと
思います。3回参加しての刺激を、自己学習
につなげていきたいなあ」

「労働力の再生産したい。労働組合で資本家と
やりあうか、政治を変えるしかないのか。
となると、やっぱり学んで団結しかないなー。
全3回、ありがとうございました」

核兵器廃絶のために―記憶の継承

きのう(16日)は、鳥取民医連・平和人権ゼミでの講師仕事。
岡山と同じで、若い職員のみなさんの学びの場。
今年は「核兵器廃絶」がテーマだそうで、
基本的な学習をまずしたいとのことでした。

f:id:benkaku:20180817114957j:plain

テーマは「核兵器廃絶のために―記憶の継承」。

最初に「平和」と「人権」の関係性って
ところから入り、
質問しまくりながら、ウォーミングアップ。

さらに被爆の実相中心に1時間講義、
そして感想交流という流れ。
久しぶりに、長崎の被爆者、山口仙二さんの話も。
パワーポイント70ページと盛り込みすぎでしたが・・・。

広島の世界大会に参加してきたリハビリの青年から、
その様子なども聞きました。

よい学びの時間になったと思います☆

下町、死ぬくらいなら、死の、風に立つ

最近読み終えた本。
相変わらず、ノロノロと読書をしています。


『下町ロケット ガウディ計画』(池井戸潤、小学館文庫、2018年7月)

f:id:benkaku:20180813161339j:plain

前作と同レベルの面白さ。技術へのこだわり。
なんのために仕事をするのかの目的とビジョン。
大事だね。


『「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由』
         (汐街コナ著・ゆうきゆう監修、あさ出版、2017年)

f:id:benkaku:20180813161428j:plain

著者のデザイナー時代の経験(過労自殺しかけた)をもとに、
なぜ「会社を辞める」という選択・判断ができないかをリアルに。
漫画の特性を生かした伝え方。考え方を自由にするための良作。


『死のメンタルヘルスー最期に向けての対話』(中澤正夫、岩波書店、2014年)

f:id:benkaku:20180813161410j:plain

77歳となった現役精神科医が、
「死とはなにか」について考え続けている。
そしてどれだけ考えても、
すっきりとならないのが「死」であるなと改めて。
ガンで亡くなった看護師・齊藤秀俊さんとの対話や交流が壮絶だった。


『風に立つライオン』(さだまさし、幻冬舎文庫、2014年)

f:id:benkaku:20180813161354j:plain

映画をDVDで観たことをきっかけに小説も。
しかし、すごいなあ。
こんな物語(モデルはいるけど)が書ける才能が。
さださんの世界観や人間観がストレートに表現されている。
同名のさださんの歌は30年も前のものだけど、
そこに共鳴して、新しい物語が生まれる。まさにリレーだわ。

最終回は、『賃金、価格および利潤』!

岡山県学習協・マルつまみ講座3回目(最終回)は、
17日(金)18:30~。
「時間は人間発達の場である~『賃金、価格および利潤』をつまむ」
勤労者福祉センター。参加費1000円(学生500円)。

『資本論』にいたる経済学研究20年の蓄積の上に、
マルクスが語った資本主義の仕組みと労働者のたたかいの意義!

f:id:benkaku:20180813130707j:plain

 

ドタバタのなか、生協労組おかやまの執行委員会へ

土曜日は朝5時起きからのドタバタをくりひろげ、
9時半から生協労組おかやまの執行委員会で学習会講師。

f:id:benkaku:20180813105808j:plain

いま私たちの人権感覚が問われていること、
歴史から学ぶこと、なぜ労働組合がつくられたのか、
活動のあれこれ、いま解決したい課題は、という流れ。

この日が定期大会後、1回目の執行委員会だったので、
なぜ活動するのか的な、おおざっぱは話でした。はい。


そして帰宅してからもドタバタ。

f:id:benkaku:20180813110236j:plain

猫になりたい。

「久々にドキッとした」

先週金曜日(10日)は、マルつまみ講座の2回目、
「『フォイエルバッハにかんするテーゼ』をつまむ」でした。
先週より若干増えて13名の参加でした(女性8、男性5)。

f:id:benkaku:20180813104657j:plain

まあ、この『テーゼ』はややこしくて、
エンゲルスが『フォイエルバッハ論』を執筆するために、
古い原稿をあさっていたら、たまたまマルクスがノートに
書き付けていたこの11のメモを発見し、
『フォイエルバッハ論』の付録につけたというしろもの。

参加者には、「フォイエルバッハが人だと知った」
という人もおられました(笑)。
というわけで、ヘーゲル、フォイエルバッハと
マルクス・エンゲルスとの関係についてざっくりと説明。
さらに科学的社会主義の哲学、
弁証法・唯物論・史的唯物論のポイントを押さえて
からのテーゼ解説でした。

文章自体はやはり難解に感じる参加者のみなさんも多かった
ようですが、ものの見方として刺激を受けたようです。


以下、参加者の感想文の一部です。

「今日説明してもらったことは、よくよく聞いていたら、
どれもあたり前のことに感じます。だけど、普段の生活
では気がついたら反対のことをしていたり、あらためて
聞いたら『ハッ』とする。そんな内容でした」

「マルクスの思想の土台となったものは、何だったのか
はじめて知りました」

「よく聞く、『弁証法や唯物論』という言葉について
確認できてよかった。マルクス・エンゲルスの映画に
出てきていた11番の言葉が、このテーゼの中にある
言葉だと知れた。映画を見ていて、印象に残っていた
ので、それにつながってうれしかった」

「弁証法と唯物論。こんがらがりそうだけど、実践を
とおして『ものごと』の『本質』をしっかり見つめて
いくことが大切ってことでいいんでしょうか?」

「“個”や“自分”の意思が強く重要なポジションをしめ
てる若者の意識のなかでも、その1人の行動も経済や
社会に制限されるため、社会発展は法則が生まれる、
という話を聞いて衝撃を受けたことを思い出して久々
にドキッとした」

ひめは今日も旅に出る(9)

相方の「民医連新聞」での連載エッセイ9回目です。
昨年2月のベルリン旅のことについて書いています。

「歴史を刻む」ということは、
私たちの未来をよりよいものにするために
欠かせない営みだと思います。

翁長沖縄県知事が急逝され呆然となった2日前。
沖縄の歴史や痛みを胸に刻みながら、
自分にできることをしていきます。

f:id:benkaku:20180809111401j:plain

 

レスパイト旅in秋田に行ってきました。

火曜・水曜(7日・8日)と、
レスパイト1泊ひとり旅in秋田でした。

レスパイトって、
ふつうは介護される側が施設や病院に入るんですけど、
相方にはその選択肢がないので、ぼくが離れました。

f:id:benkaku:20180809100004j:plain

もろもろのお仕事、介護者の役割、
その他こまごまとした「しなければならないこと」
「心の重し」から解放されることが目的。

伊丹空港からプロペラ機で秋田まで。
なまはげの地元、男鹿半島が目的地。
寒風山という男鹿半島が眺望できる場所へ。

f:id:benkaku:20180809100050j:plain

気持ちよかったー。
そして半島をぐるっとドライブしてから、男鹿温泉郷のお宿でまったり。
夜はなまはげの和太鼓ライブもあり、とても楽しめました。

2日目は早めにお宿を出て、男鹿半島の先端、入道崎に。

f:id:benkaku:20180809100252j:plain

日本海の素晴らしい眺望。快晴。そして風が涼しい。

f:id:benkaku:20180809100406j:plain
車で移動し、大潟村の干拓地を突っ切るドライブ。
広さにびびりました。

最後は秋田空港から20分ほどの強首(こわくび)温泉につかる。
外観は怪しさ満点でしたが、泉質はさすが! 満足。
秋田空港で昼食と生ビールぐびり。

初めての秋田は田園風景がもうそれはそれは。
リフレッシュできました。


しかし、夕方、翁長沖縄県知事が「意識混濁」のニュースにふれ、
「え?。まさか・・・」と思っていたら、
自宅へ帰った19時半からしばらくして亡くなったとの報。
ただただ、悲しみにくれ、呆然とする夜でした。
今は語る言葉を持ちません・・・。

今週金曜日はフォイエルバッハにかんするテーゼ!

岡山県学習協・マルつまみ講座2回目は、
8月10日(金)18:30~。
「大切なのは変えること~『フォイエルバッハにかんするテーゼ』をつまむ」

勤労者福祉センター。参加費1000円(学生500円)。

1845年、若きマルクスが残した11のメモ。
エンゲルスが「新しい世界観の天才的萌芽」と評したその中身とは!?

ひとつひとつのメモをじっくり味わい、
私たちのものの見方をみがきます。

f:id:benkaku:20180806145400j:plain

 

岡山九条美術展にて9条の講師

今日は岡山九条美術展へ。
相方とめいっこさんと、いつもお世話になっているヘルパーさんも。
お昼は相方の要望で焼肉屋さんへ。お肉ぱくぱく。

その後、美術展で作品を見たあと、
美術展主催の9条学習会へ。

f:id:benkaku:20180806123939j:plain

毎年のように、講師がぼくなんですが…。
めいっこやヘルパーさんに聞いてもらうということで、
なんか恥ずかしかったような。

歴史から9条の意味や現在の
情勢をとらえることを強調しました。

憲法変えるかどうか以前に、
安倍政権は憲法を守れ、という怒りの気持ちを、
たくさんの人が共有するために、
まわりの人に働きかける、ともに主権者として成長する、
人権感覚をみがく。

結局は、国民しだいなんですよね。

「労働者の武器としての理論、というのが面白い」

金曜日(3日)の夜は、マルつまみ講座の1回目。
「万国の労働者よ、団結せよ!―『共産党宣言』をつまむ」。

f:id:benkaku:20180806123004j:plain
12名の参加でした。
SNSやメールでの宣伝しかしてなかったので、まずまずかな。
みんせいの若者たち(うち3人が学生)が6人も参加してくれ、
男女比もちょうど半々で、雰囲気は良かったです。

最初に自己紹介と参加した動機をそれぞれ
語ってもらい交流。
次にマルクスやエンゲルスの古典を読むときの心得を
長久の経験ふまえお話しました。

そして、共産党宣言をつまむ前に、
マルクスとエンゲルスがどのような青年時代を過ごして、
共産主義者に成長し、共同で『宣言』を執筆することに
なったのかの「歩み」をお話しました。

このへんの「背景」「人物史」を知ることって、
古典に立ち向かう構えをつくるうえでも大事だと思っています。

しかーし、このあたりの話に時間をかけすぎてしまい、
かんじんの『宣言』の内容紹介が非常に中途半端
になってしまいました(というかほとんどできなかった)。
次回、カバーしたいと思います。

それでも、みなさん知的刺激をたくさん受けていたようでした。

以下、感想文をいくつか紹介します。

「マルクスは難しいというイメージがあって敬遠
していたけれど、マルクスの生い立ちや人柄が
分かって少しずつ学べそうと思えた。労働者の
武器として理論を完成させたというのが面白い
(カッコイイ)なと思った。社会の仕組みを理解
することが大切なんだと改めて思った」

「今、資本論を読み進めているのですが、資本論
が労働者の武器だという視点をもらい、そうでき
るように学んでいきたいと思いました」

「マルクスの『資本論』はぜひ読みたいと思った。
世界を変えるのはプロレタリアートなのだけど
市民のひとりとして、後ろからそれを支える力に
なれると考えている」

「マルクスは資本論を労働者のために書いたなら、
どうしてもっと一般人に分かるように書いてくれ
なかったんだろう、と思いました」

「『資本論』を途中で読むのをやめていたのですが、
マルクスについて聞いているうちに、また読みたく
なったので参加してよかったです。短い時間でしたが、
共産主義に対して新しく興味をもてたのでよかった
です」

92期は10月4日(木)開校です!

f:id:benkaku:20180802110212j:plain


92期岡山労働学校「職場を変える・哲学教室」の
カリキュラムが決まりました。これから宣伝・募集に入ります。

今期の特徴はずばり、講義中心ではなく、
参加者の悩みや問題意識を出しあい、それに寄り添いながら、
「考え方の視角」「問題把握の方法」「変えるための実践論」を
哲学のなかから見いだそうというものです。

講義時間は60分ですが、
ワークをしながらの講義にしたいと思います。
従来にはなかった労働学校スタイルの追求です。
つまり新しいチャレンジ。
成功するかどうかは、募集次第(笑)。

なお、前期まで終了時間が21時でしたが、
20時半になっています。
もともと、21時は遅いなとウスウス思っていたので、
今期から思い切って終了を30分早めました。

18:30~18:40 受講生によるワンポイント講座
18:40~19:40 講義
19:40~19:45 休憩
19:45~20:20 グループ対話
20:20~20:30 感想文記入、終了
(その後有志参加で「なごみ」)

という時間割に変更しています。
カリキュラムは以下です。

①10月 4日(木)入学式・ミニ第1講義「なぜ職場を変えるのか」
②10月11日(木)第2講義「職場とは何か―そのとらえ方」
③10月18日(木)第3講義「職場の変化はジグザグすすむ―その法則性」
④10月25日(木)第4講義「変化の原動力―職場にある矛盾をとらえる」
⑤10月27日(土)ふれあいコンパ(居酒屋交流会。実費負担)
⑥11月 1日(木)第5講義「木も森もみる―さまざまなつながりと職場」
⑦11月 8日(木)第6講義「仲間と自分の弁証法―高まりあうために」
⑧11月15日(木)第7講義「集団の力で認識する―処方せんの出し方」
⑨11月22日(木)第8講義「職場・組織のあり方と人権・民主主義」
⑩11月29日(木)第9講義「大切なのは変えること―私と私たちのゴール」
修了式は第9講義終了後行います。

≪講師は長久啓太・県学習協事務局長≫

期間:2018.10.4(木)~11.29(木)
時間:18:30~20:30 ≪終了後は有志でごはん交流≫
会場:岡山市勤労者福祉センター(岡山市北区春日町5-6)
受講料:8,000円(県学習協会員6,500円、学生・障害者3,000円)
    単発参加は1回1,500円(学生600円)
    入学式のみ1,000円(学生400円)
修了資格:全10回のうち、7回以上出席の方に修了証書をお渡しします。

≪お申込み・お問い合わせ先≫
岡山県労働者学習協会
〒700-0905 岡山市北区春日町4-26
TEL&FAX 086-232-3738