長久啓太の「勉客商売」

岡山県労働者学習協会の活動と長久の私的記録。 (twitterとfacebookもやってます)

長野・松本のALS患者さんが来宅

きょう(16日)午前中、
長野・松本のALS患者さん(60代女性)と、夫さんがわが家に来宅。
ほんとうに素敵な出会いと時間でした。

ことの発端は8月下旬。

私が長野民医連の4年目職員研修で講演し、
相方の病気のこと、
民医連新聞の「ひめは今日も旅に出る」のエッセイのことを
いろいろお話しました。

終了後、ある参加者の方が走りよってきて、
「じつは私の担当でALSの方がおられて…。
最近元気をなくしていて、ぜひエッセイも紹介
したいし、連絡をとることって可能でしょうか?」と。

そのケアマネさんとの詳しい会話は忘れて
しまったけど、名刺を渡したのは覚えていて、
しばらくは「連絡があるかも」と思っていたけれど、
最近はすっかりこの話は忘れていました。

で、先日突然、学習協の電話に、
「Sといいます。松本のALS患者の夫で…」
と連絡があったのです。

で、ご夫婦の新婚旅行が倉敷で、
40年ぶりに行ってみよう、そして岡山に行くなら
ぜひひめに会いたい! と連絡をいただいたのでした。

患者のSさん(女性のほう)は、
2016年4月に信州大学病院でALSと診断を受けたそうで、
相方と半年ずれているだけで、ほぼ発症時期は同じ。

進行が進んでいるのは発語の部分(といってもかなり聞き取れました)と
足の動き。杖をつきながら、わが家の階段を登ってくださいました。
呼吸や手の動きはまだ進んでなく、呼吸器もしておられません。
この病気はほんとうに1人ひとり進行具合が違います。

それで、診断を受けてからは、
「どうしてこんな病気になったのか…」となかなか
受け入れることができず、
とくに今年に入ってからは気落ちが激しかったと
話をしてくださいました。
「朝起きたら、動くようになっていないか…と毎日思うんです」と。

そんなとき、偶然にもケアマネさんが私の講演を聞き、
相方のエッセイをそのSさんに読んでもらおうとなったわけです。

それ以降、毎号毎号、ケアマネさんが届けてくれる
相方のエッセイをSさんは楽しみにしていて。
何度も何度も読んで、
「どうしてこんな(前向きな)考え方ができるのだろう」と
いつか話を聞きたいと思っていたそうです。

大学病院での医師の話は、「そうだそうだ!」と共感されたり(笑)、
エッセイにすごくエネルギーをもらっていることを話してくださいました。
「私の考え方もすごく変わった」と。

話をお聞きしながら、ジーンとしました。
相方ががんばって1回1回書いているエッセイが、
実際に同じALS患者さんに届いて、こうしてご縁が生まれたことに。

Sさん、相方のことを「ひめ」「ひめ」って呼ぶんです(笑)。
不思議な感じですけど、それがまたうれしくて。

Sさんは不安定ながらもまだ歩けるのですが、
わが家で使っている介護用具や医療機器もあれこれ紹介し、
これからの在宅療養の少しでもお力になればいいなと思いました。

笑顔がすてきなSさん。支える夫さんもすてきな方でした。
信州のりんごと、Sさんが作られた造花をいただきました。

f:id:benkaku:20181116124223j:plain


今日は、
私と相方が仲間たちに結婚を祝う会をしてもらってから
16年の記念日です。

2年前の今日、ブログやフェイスブックで
相方の病気のことをみなさんに公表しました。

こういう日に、新しいすてきな出会いに恵まれたこと。
ほんとうに幸せな気持ちです。

平和ゼミは沖縄の学びに入る

きょう(15日)午後は、
岡山県民医連の第6回ゼミナール。

1月の沖縄フィールドワークに向けて、
今日は沖縄戦と沖縄の戦後を
ポイントしぼって学びました(私が講義)。

45分版「標的の村」も観ました。
「沖縄県民をほんとバカにしている」
という安嶺さんの言葉、6年前から何も変わってません。

問われているのは、
沖縄の問題を、
私たちの国の民主主義の問題として捉えること。

初めて「標的の村」を観たゼミ生は、
かなりショッキングを受けたようです。
あまりに理不尽ですから。

次回は米軍基地問題、地位協定などをさらに深めていきます。

暴力とジェンダー。アンコール学習会で。

月曜日(12日)の夜は、
ピースエッグinおかやまのアンコール学習会で講師。
「暴力とジェンダー~戦争から生活まで~」をテーマに問題提起。
12名参加。はじめてのワカモノも。

f:id:benkaku:20181113155400j:plain

エッグのときはジェンダーから入りましたが、
今回は「暴力とは」を考えるところから入りました。
暴力、強者と弱者、人権と尊厳、ジェンダーなど、
言葉をひとつひとつ確認しながら。

さらに、日本軍「慰安婦」について知っていることを
出しあってもらいました。みんな、あまり知らない…。
「慰安婦」にかぎ括弧をつける意味を初めて知った人も。
実態の本質は、軍隊による組織的なレイプであること、
さらに、日本軍の特質と日本社会のジェンダーもからめながら。

そして、なぜ歴史や加害の事実に向き合うのか、
ジェンダーと軍隊の親和性、
現在の性暴力問題とのつながりも考えてみました。


以下、何人かの参加者の感想文です。

■「ジェンダー」とは、「暴力」とは…。1つひとつの
言葉にこだわることの大切さを感じた。「暴力」はなぐ
るけるのようなイメージだったけど、人権侵害をしてい
るという言葉にハッとした。戦争も殺し殺されるだけで
なく、ありとあらゆる人権を侵害することにつながるん
だと思った。加害者の人権、被害者の人権も侵害して
しまう戦争というとらえ方をこれからもっとしていきたい。

■慰安婦問題が教育から消されていて、「教育は大事だ」
という意見がありました。歴史を学ぶときに、なぜ学ぶ
のかを認識していないと、「へー。そんな事があったん
だ」で終わってしまうので、ただ教科書に書き込めばい
いという事ではないだろうと思いました。

■まだまだ氷山の一角。もっともっと人権感覚をみがける
社会になりたい。

■「慰安婦」について知ることは辛い気持ちになるけれど、
やっぱり歴史から学ばないと今のジェンダーの問題や
個人の尊厳が守られないし、社会がすすんでいかないな
と思った。声を上げた人がバッシングされるのは本当に
辛いなと思った。そういった人が守られる社会になれば
いいなと思った。

第7講義は「人権感覚をみがくために」

92期岡山労働学校第7講義は
「人権感覚をみがくために」です。

さまざまな活動の困難の背景に
「おかしいことを自分の言葉に変換し、発する」という
人権感覚がさびついてしまっている状況があると思います。
ではどうするか。たっぷり交流します。

11月15日(木)18時半~。
単発参加OKです。詳細はチラシをご覧下さい。

f:id:benkaku:20181113151629j:plain

 

ほとんどない、表現の自由、右派は、イマドキ、健康法、ある男

最近読み終えた本。

『「ほとんどない」ことにされている側から見た社会の話を。』
            (小川たまか、タバブックス、2018年7月)

f:id:benkaku:20181112170545j:plain

性暴力を取材してきたライターさんが、
自身のブログを加筆しまとめた本。
タイトルに凝縮されているけど、ぼくふくめ、
男性には見えてないものってたくさんあるなと。
装画も良いです。


『「表現の自由」の明日へ~一人ひとりのために、共存社会のために』
                 (志田陽子、大月書店、2018年10月)

f:id:benkaku:20181112170514j:plain

「私たちが『自由』を放棄して萎縮してしまえば、
次の世代はその萎縮した社会をデフォルト(もとも
との普通の状態)として受け取ってしまう」(あとがき)。
多様な市民社会のための自由。


『右派はなぜ家族に介入したがるのか―憲法24条と9条』
    (中里見博・能川元一・打越さく良・立石直子・
           笹沼弘志・清末愛砂、大月書店、2018年5月)

f:id:benkaku:20181112170529j:plain

改憲勢力のターゲットは9条とともに常に24条にある―。
その理由を解きほぐし、また24条の本質的意味をとらえなおす。
いろいろ勉強になった。


『イマドキ家族のリアルと未来ー憲法9条の陰でねらわれる24条』
         (あすわか+前川喜平、かもがわ出版、2018年11月)

f:id:benkaku:20181112170429j:plain

憲法カフェシリーズ3冊目、らしい。
大月書店の『右派はなぜ家族に…』より深みは
ないけど平易で一般むけ。
憲法の人間観、大切にしている価値をたくさんの人に知ってほしい。


『働く人のほんとうの健康法~世直し活動は健康にも最高』
                (服部真、学習の友社、2018年10月)

f:id:benkaku:20181112170459j:plain

健康の社会的決定要因を中心に、
疫学の最新知見をわかりやすく解説。
健康に関する誤った常識をスパスパ切っていく爽快さも。
働く人の健康法は労働組合運動であると勝手に解釈。
オススメの1冊!


『ある男』(平野啓一郎、文藝春秋、2018年9月)

f:id:benkaku:20181112170446j:plain

小説。過去を変えたい人、
過去を支えに生きていこうとする人。
現在の生き方によって過去や自らの属性の
意味も変わってくるのだろう。
平野さんの分人主義、
「カテゴリーに人間を回収する発想が嫌い」という
城戸(主人公)の言葉に共感する。

久しぶりに哲学した!

きのう(11日)は徳島日帰り。
午後、民青同盟の若いみなさんと
「ものの見方たんけん隊~はたらくってどういうこと?」の学習会。

f:id:benkaku:20181112135910j:plain

今回ぼくを呼んでくれた徳島のリーダーは、
岡山労働学校で運営委員もしていたわかもの。
徳島に帰っても彼女なりに頑張っていて嬉しいかぎり。

学習会では、時間がたっぷりあったので、
まずは自己紹介(というかぼくが聞きまくった)でたっぷり交流。
それぞれの歩んできた人生がおもしろい。

学習会内容は、
哲学とは?から始まり、人間のそもそも、
資本主義社会で働くということ、雇われ組の現状まで。
やりとりしながら、あれやこれや。

最年少18歳!2000年生まれ!(笑) 2100年まで生きるそうです。
楽しい学習会でした。
移動時間にまとまって読書もできたし、よい1日でした。

f:id:benkaku:20181112135943j:plain



「学習って楽しいです」

昨夜(8日)は、92期岡山労働学校の第6講義。
15名の参加でした。

f:id:benkaku:20181108195139j:plain

テーマは「労働組合で職場を変える」。

まず、「労働組合ってなに?と聞かれたら」を
各自に考えてもらい、グループでベストアンサーを選び、
ホワイトボードに書いてもらいました。

それにもとづきながら、
労働者の権利が守られないのはなぜ?
立場が弱いというのはどういうこと?
そもそも労働組合の定義とは?
などなど、
これだけで30分ぐらい時間かけました。
話もあちこち飛びながら。
このライブ感がとっても面白い。今期の特徴です。

そして、いつも私が説明している、
労働条件が生活の質に直結している、
だから労働条件にこだわろう、交渉しよう、
だから労働組合、という話をしました。

さらに、1995年の『学習の友』の記事で、
私立の保育園で労働組合をつくったルポタージュを紹介。
じっさいに職場を変える労働組合の力と、
労働組合の活動を通じて成長する労働者の姿を実感してもらいました。

最後に、現在労働組合員である人に前に出てきてもらい、
労働組合があって良かったこと、成長できたことを
1人ひとり語ってもらいました。
これもそれぞれの経験にもとづくお話で、説得力があり、
また労働組合の多様な魅力を実感できる時間でした。

みなさんありがとうございました。


以下、いくつか感想文を紹介します。

■看護師さんの労働条件の話が衝撃的でした。
本当に奉仕という言葉で搾取を覆い隠してし
まっていたのだと思います。最近、自分の人生
へのこだわりが薄れてきたので、もういちど
とり戻したいと思いました。ゆとりがほしい!

■生活の質を高める。ゆとりをもつ。1人では
あまり考えられないことかもしれない。一緒に
考える場所が労働組合なのかも。

■学習の友の保育士さんの労働組合を立ち上げた
話を読み、自分と同じくらいの年齢で、仲間と
ともに行動に起こしていってすごいなあと思った。
働く人のためにも、その仕事場が改善されることは
ほんとに大事だなあと思った。自由に選択できる
人生を歩みたい!

■労働組合で働いているのに、「労働組合とは?」
の答えがぱっと出てこなかった自分に、今日の講義
は大変勉強になりました。何度も聞いている話しで
も、毎回なるほどと思ってしまいます。まだまだ
学習が必要だなと感じますが、少しずつ身になって
いるような気もしているので、学習を続けていき
たいと思います。この講義をニュースにして、学習
を深めたいと思います。学習って楽しいです。感動
もありました。今後の活動に活かしたいです。

■看護師の闘争についてもっと知りたいと思った。
久しぶりに組合について考えることができてよかっ
た。労働組合活動の重要性をもっと伝えられる人に
なりたい。

レポート採点おわり。来年もがんばろう。

今年度のソワニエ看護専門学校「ものの見方・考え方」
レポート採点おわり。

f:id:benkaku:20181109102704j:plain

毎年おもしろく読んでいるけど、
今年も「よくここまで自己開示してくれるなあ」と
思う学生さんが数名。

彼氏と別れて独りお酒を飲みながら泣いてますとか、
前の職場をやめてソワニエに入学した赤裸々な理由とか、
母子家庭に育った苦労を語っているとか。

自己開示しているのは、
私も自己開示しながら授業しているから、かな。
ありがとう。

いろんなものを背負って、看護学校に来ている学生さん。
看護師になるために、厳しい勉強を積んでいる。
そんな学生さんの力になり、沈殿する言葉を、
投げかけられただろうか。つねに自問自答です。

来年もがんばろう。

行けるときに行っとこうツアー2018 第6弾in沖縄(後半)

3日目(4日)。
天気予報を裏切りついに晴れ間が!!

ホテルでゆっくり始動です。
もちろんモーニングケアなど、介護的な準備時間はかなり必要で、
健常者のようにスッとは出られません。

この日は、沖縄の平和問題はじめてのお2人のために、
読谷村のチビチリガマから。

f:id:benkaku:20181108141600j:plain

なぜ集団死が起きてしまったのか、解説しつつ、
沖縄戦の状況なども説明しました。

12時より、ガマから車で10分ほどの場所にある
ギリシャ料理店でランチをしました。

f:id:benkaku:20181108141853j:plain

f:id:benkaku:20181108141912j:plain

眺めのすばらしいお店で、おいしい料理を堪能しました。

ランチのあとは、
やはり読谷村にある、やちむんの里へ。

f:id:benkaku:20181108142055j:plain

わが家の多くの食器は、この北釜さんで買っております。
この日も何点か購入。器は料理を楽しむ欠かせないアイテムです。

続いて、嘉数高台公園へ。
普天間基地をみおろし、ここでもあれこれと解説。

f:id:benkaku:20181108142216j:plain

f:id:benkaku:20181108142256j:plain
嘉数高台公園で埼玉土建30人ぐらいのご一行とすれ違う
(旗があったからわかりまし)。
「このあとのビールがうまいぞ」という声も聞こえました(*_*)
同行の方に「埼玉土建とは」の解説をしときました。

この日は、最後スーパーに寄って、ホテルで部屋食。
テレビなど見ながらゆっくり過ごしました。


4日目(5日)午前中は伊江島へ。

f:id:benkaku:20181105111504j:plain

伊江島はじめての3人を案内しつつ、
団結道場(改修中)、アハシャガマ、タッチュー(城山)へ。

f:id:benkaku:20181108142629j:plain

f:id:benkaku:20181108142648j:plain

f:id:benkaku:20181108142714j:plain

f:id:benkaku:20181108142736j:plain

タッチュー頂上の目立たない場所に、
沖縄の太陽・黒田操子来島記念碑があるこを知っている人は多くないでしょう。

f:id:benkaku:20181108142843j:plain

f:id:benkaku:20181105122709j:plain

最後はやはりヌチドゥタカラの家へ。阿波根昌鴻さんのことも話をしつつ。
謝花さんもおられました。

f:id:benkaku:20181108143056j:plain
13時のフェリーで伊江島を離れました。
伊江島フェリーはエレベーターもありバリアフリーばっちり。
甲板まで上がれました。

f:id:benkaku:20181108143136j:plain

本部町のよく行っていた、紀の川食堂でお昼。
安定のおいしさ。変わらぬ味。

f:id:benkaku:20181105151149j:plain

f:id:benkaku:20181108143312j:plain

その後、古宇利島で海を眺める。天気もよく、海は青く。

夕方、道の駅でサーターアンダギーを買い込み、
そのままホテル近くのイタリアンレストランへ。

f:id:benkaku:20181108143443j:plain

f:id:benkaku:20181105174055j:plain

夕食の前に夕陽がみえました。
なんべんも訪れてきた好きな場所から、次の目標へのエネルギーをもらう感じ。
よい1日。


快晴の5日目最終日(6日)。

f:id:benkaku:20181108143642j:plain

ホテルで少しのんびりしたあと、この日も辺野古へ。

f:id:benkaku:20181106113506j:plain

キャンプ・シュワブのゲート前。
抗議活動の方々を基地の中から望遠レンズのカメラで
撮影していたことに抗議している場面。

f:id:benkaku:20181108143820j:plain

大浦湾側へ。抗議船と海上保安庁が激しく動きあっている様子が
見て取れました。工事再開後のフロート設置をめぐって。
緊迫感ある状況でした。

晴れていたので、ほんとうに海がきれいでした。
この海を埋め立て? 世界史的愚行です。愚か過ぎます。
民主主義を殺しながら進められる蛮行です。


辺野古側のテントにも向かい、状況の説明も受けました。

f:id:benkaku:20181108144159j:plain

さらに、ゲート前に戻り、沖縄民医連の瀬長さんにごあいさつ。
カンパもお渡ししました。

時間はすでに13時に。
南風原文化センターに寄って、
最後の沖縄食は相方が大好きな海洋食堂!

f:id:benkaku:20181108144256j:plain

豆腐ンブサーは絶品! 相方も大満足。
名物おばあにも病気のこと心配していただきました(*_*)

16時には予定どおり那覇空港に着き、
レンタカー返し、18時20分のフライトで岡山に帰ってきました。


4泊5日、半年ぶりの飛行機旅で準備もたいへんでしたが、
沖縄に行くと、また沖縄に行きたくなるものですね。

じつはぼくも体調イマイチで咳がなかなか引かず。
でもなんとかもちました。
最後、那覇空港でやっと飲んだ生ビールがうまかった。

多くのみなさんの励ましと支えにも感謝です。
ありがとうございました。

行けるときに行っとこうツアー2018 第6弾in沖縄(前半)

2日(金)から、
「行けるときに行っとこうツアー2018 第6弾in沖縄」でした。
6日(火)までの5日間。

10月上旬に体調くずしたものの順調に回復してきてましたが、
前日、昼食が気管にひっかかりヒヤヒヤものでした。
沖縄が私たちを呼んでいたのでしょう。

f:id:benkaku:20181107162618j:plain

1年半ぶりに那覇空港に降り立つ。旅の始まりです!
那覇空港で親友Tさんと合流。1日目は4人での行動でした。

f:id:benkaku:20181107162719j:plain

まずは、南風原の食堂で遅めのランチ。

f:id:benkaku:20181107162915j:plain

ランチを頂いたあとは、北上です。
相方がいつも注文(ネットで)している宜野座の
きのストアー(お菓子屋さん)によりました。
目立たない場所に、ひっそりと建っていました。

相方は、ここのお菓子が大のお気に入りで、
いつも冷凍庫にストックがあり、時々食べているのです。
無くなりそうになると、次の注文を勝手にしています。
つまり必ず冷蔵庫にきのストアーさんのお菓子があります(笑)。

今回はお店のご夫婦にもごあいさつができました。
ほんとにいつも美味しいお菓子づくりをありがとうございます。

f:id:benkaku:20181107163133j:plain

さらに近くのソフトクリームメインのお店によりました。
ボリューム満点でした。
まあ食べ過ぎたので、この日の夕食は部屋食にしましたけど。

f:id:benkaku:20181107163325j:plain

さいご辺野古へ寄りました。安倍政権による工事再開という現実。
ここへ来ると自分の非力さが突き刺さります。

お宿には18時頃チェックイン。

f:id:benkaku:20181107163432j:plain

今回4連泊したお宿(ユニバーサルルーム)、
とっても広くて海も見えて、非常によかったです。
さらに今回は、沖縄にある障害者の旅行などを支援している
団体にお願いして、介護ベッド導入ができました。
これ、いつもウチで使っているものと同じ。
まさにいつもと変わらない環境!
介護するものにとっても、相方にとっても負担がグッと少なくなります。


さて2日目(3日)は、
ざんねんながら! ほんとうに残念ながら!
朝から強風&ざんざんぶりの雨。

風邪ひいたらダメなので、
楽しみにしていた午後からの
モンパチフェスは野外のためあきらめました(>_<)
今回の旅の前半のビッグイベントだっただけに、
ほんとうに無念でした…。しょうがないですけど。

f:id:benkaku:20181107163833j:plain
かわりに安全パイのちゅら海水族館へ。

f:id:benkaku:20181107163907j:plain

安定のジンベイザメ。

f:id:benkaku:20181107163934j:plain

この巨大水槽の前には、車イスの優先スペースがあり、
目の前で見ることができました。以前はこのスペースなかったかと。
うれしい変化ですね。
この日水族館で、2人合流し、総勢6名となりました。

f:id:benkaku:20181107164042j:plain

夜は相方がよく通っていた器も料理も素晴らしい沖縄料理店へ。

f:id:benkaku:20181107164139j:plain

ソーメンに海ぶどうがのっています。
どれもこれも、ほんとうに美味しかったです。
まんぞく。

(3日目につづく)

働き方を徹底的に比べてみた

先週木曜日(1日)は、92期岡山労働学校の
第5講義でした。16名の参加。

が、しかし、長久の調子も悪かったのですが、
相方がこの日調子をくずし(沖縄の前日なのに)、
急遽帰宅せねばならないことに。

で、学習協常任理事の谷口さんに
申し送りをして、今回は講義なし。
「働き方たんけん隊」という内容のシートに
「自分の労働条件」を書き込んでもらい交流する
内容にしました。
参加されたみなさんには申し訳なかったですが、
感想文をみると、よい交流ができたようです。
ありがとうございました。

f:id:benkaku:20181107123414j:plain

1日のようすです。

感想文を若干ですが、紹介します。

■いろいろな職場があり、それぞれいろんな思いで
仕事をしていることがあって、考えさせられるこ
とがいっぱいでした。

■ブラックな職場ばかりだった。みんな働きすぎ。
給料も安い。人間らしい働き方とは程遠いなあと
思った。交流できて楽しかったが、解決策はある
んだろうか…。

■タイムカードの有無やハラスメントの経験などを
話していると、他の職でも様々な問題があるんだ
なーと改めて感じた。そもそも人の命を預かる医療・
教育・福祉の現場に正規・非正規が存在している
こと自体がおかしいし、非正規の職員や教員がハラ
スメントの対象になると考える。

■このワークシートはおもしろいですね。自分の
働き方を客観的に振り返れたり、交流による気づき
などできるアイテムですね。長時間労働や働きすぎ
の裏には給料の低さがあること見えました。プライ
ベートと仕事を分ける方法を知りたいです。

■自分の職場の「あたり前」がそうではないんだー
と目からウロコ! もっと話したかったな。パワハラ
のこと等、外の意見がきけ、職場復帰に向け勇気が
でました!