長久啓太の「勉客商売」

岡山県労働者学習協会の活動と長久の私的記録。 (twitterとfacebookもやってます)

ぶらり、時間散歩 (第9回)

『学習の友』の時間エッセイ9回目です(7月号掲載)。


第9回「自分の時間は自分のもの」

 香山リカさんの『大丈夫。人間だからいろいろあって』
(新日本出版社)を読んでいて、そのとおり! と思った
ところがありました。
 「『何歳まで第一線で仕事をするか』は、人それぞれ、
自分のからだやこころと相談しながら決めればよいこと。
『あの人は私より10歳も年上なのにまだ働いている、
それに比べて私は』などと比べて引け目を感じる必要は、
まったくない。自分の定年は自分で決める」
 自分の人生の時間の使い方は、自分で決める。まっと
うな人権感覚です。
 近代思想家のひとり、ジョン・ロックによれば、「自
由」とは、「自らの適当と信ずるところにしたがって、
自分の行動を規律し、その財産と一身とを処置すること
ができ、他人の許可も他人の意志に依存することもいら
ない」状態だと規定しています(『市民政府論』)。ロ
ックの考え方は、「生命・自由・幸福追求」はまずもっ
て自分のものであり、他人に依存せず、侵害されてもい
けないものであるとし、人権思想としてアメリカ独立宣
言などに結実しています。
 自分の時間をどう「処置」するかは、自分で決められ
ることが大事です。ところが最近の日本では、「定年を
選べる」「多様な働き方」などという美辞麗句で、70
歳までの定年延長が可能になるよう企業に義務づけよう
とする動きがあります。背景には、社会保障費の削減、
年金支給開始年齢をさらに引き上げようという安倍政権
の思惑があります。年金が70歳からになれば、「定年
を自分で決める自由」はさらに狭まっていきます。現在
でも、年金だけでは生活できずにやむを得ず働いている
高齢者が多いのが現実です。
 自分の時間を他人に売る、というのが雇われて働くと
いうことです。自分の定年を自分で決めるためには、雇
われなくても生きていける生活の保障が不可欠。それは
政治の役割です。
 「人間はじぶんの時間をどうするかは、じぶんできめ
なくてはならない・・・。だから時間をぬすまれないよう
に守ることだって、じぶんでやらなくてはいけない」
(ミヒャエル・エンデ『モモ』岩波少年文庫)。
 時間どろぼうをやっつける、参議院選挙は目前です。

選挙学習会4回目。意思表示を!

今日(17日)のお昼は、
倉敷医療生協労組・パート部の選挙学習会4回目。
玉島協同病院にて。

f:id:benkaku:20190717151523j:plain
感想交流では、「政治に関心がない」
「誰がやっても同じように思える」という声も。
政治認識の質の低下は著しいなと。

「どうせ変わらない」という気持ちはよくわかりますが、
どんどん悪い方に変化しているのが厳然たる事実。
ここを認識できるかどうか。

意思表示しなければ、
望まない未来に向かって現実は変わっていきます。
命や人権や生活はふみにじられ、平和な日常さえ危うくなります。

学習会では、「投票に行こうと思う」と
前向きな認識の変化もチラホラありました。

不断の努力を積み上げたいです。

サマーコンサート&焼肉の結婚記念日

15日(月)は午後、相方とおでかけ。
地元の知人が入っている
アンサンブル早島の災害復興支援・サマーコンサートに。

f:id:benkaku:20190716100807j:plain

f:id:benkaku:20190716100824j:plain

聞きやすい曲ばかりで心地よかったです。
自宅から車で5分のところに、
こういうホールがあることも、恵まれてますね。


終了後は4人で焼肉屋さんへ。

f:id:benkaku:20190716100849j:plain

ライス(中)を頼んだのに特大サイズだった。おなかいっぱい。

そんな1日は、
18回目の結婚記念日だったのです。

自治労連岡山県本部の30周年レセプションに

土曜日(13日)の夜は、
自治労連(自治体職員でつくる労働組合)岡山県本部の
30周年レセプションに参加。一応来賓。
全労連系では岡山県内の最大産別組合。

f:id:benkaku:20190716100458j:plain

3分の2は見知った顔の方でした。
ぼくも学習協21年やってるんで、人脈広くなりました。
会費集金やひめ本の販売もこそこそと(笑)。

いま岡山県学習協の会長も、自治労連県本部委員長の
鷲尾さんにしていただいています。
自治労連の仲間のみなさま、
れからもよろしくお願いいたします!

医学生さんに第2次世界大戦の話を

金曜日(12日)の夜は、
岡山県民医連の医系学生さんの集まりで
「2度と戦争をくりかえさないために」をテーマに
講義と感想交流。

要請では、第2次世界大戦の話を中心に、
ということでしたので、そのように。
なかなかどでかい話ですが。

20世紀の人類の歴史のなかで、
いちばん記憶せねばならないのが、この世界大戦で
あることは間違いないと思います。

なぜ、戦争は始まったのか、
なぜ、とめられなかったのか、
この経験を通じて、人類はなにを獲得したのか。
など。

考えることは山ほどあります。
命や尊厳について向きあい続ける
医学生さんだからこそ、学び続けてほしいテーマです。

選挙学習会3回目。主権者という当事者になろう。

今日(12日)のお昼は、
倉敷医療生協労組のパート部の学習会に。3回目の選挙学習。

f:id:benkaku:20190712181052j:plain
まー、政治認識ってほんとバラバラだなと感じました。
学びあう場がもっと必要。

「問題をかかえた人々」=当事者とは呼べない。
問題を把握し、ニーズを自覚したときに、人は当事者になる。
主権者という当事者になろう。

で、この学習会のついでに、
倉敷医療生協労組へ『ひめは今日も旅に出る』の
追加注文ぶんをお届け。
7月1日に持参した30冊はあっという間に売り切れ、
7月8日に50冊持っていったものも残り少なくなった
ということで本日20冊追加。

累計100冊!!

「当事者になる、というのは、エンパワーメントである」

『当事者主権』(中西正司・上野千鶴子、岩波新書、2003年)
を読み終える。

f:id:benkaku:20190711150442j:plain


以下、自分用のメモ。

「当事者とは、『問題をかかえた人々』と同義では
ない。問題を生み出す社会に適応してしまっては、
ニーズは発生しない。ニーズ(必要)とは、欠乏や
不足という意味から来ている。私の現在の状態を、
こうあってほしい状態に対する不足ととらえて、
そうではない新しい現実をつくりだそうとする構想
力を持ったときに、はじめて自分のニーズとは何か
がわかり、人は当事者になる。ニーズはあるのでは
なく、つくられる。ニーズをつくるというのは、も
うひとつの社会を構想することである」(2~3P)

「何を達成するかという理念は、いかに達成するか
という手段やプロセスと切り離せない」(96P)

「当事者とは、周囲から押しつけられるものではな
い。自己定義によって、自分の問題が何かを見きわ
め、自分のニーズをはっきり自覚することによって、
人は当事者になる。したがって当事者になる、とい
うのは、エンパワーメントである」(196~197P)

人権講座2019 4回目と5回目もやりましたー!

すみません、まったくダメダメで。
人権講座2019の報告ができていませんでした。

4回目(6月21日)は7名の参加で、
「人権は発展する―国際人権規約」を学びました。

5回目(7月5日)は10名の参加で、
「ジェンダーからの解放―女性差別撤廃条約」を学びました。

f:id:benkaku:20190705195545j:plain

写真は5回目のようす。


今回は、意欲的なテーマでの講座でしたが、
参加人数は低調でした。力不足です。
同時に、若い人の参加が目立ったのは
今後に活きてくると思います。

まだまだ、がんばらねば。


それぞれの講義、3人の方の感想を紹介します。

【4回目】

■国際連合が国際連盟の欠点を見直し、お互いの
人権状況をチェックしあい、平和を維持するという
システムをつくったということに、「なるほど、
そういう役割があるんだな」と納得しました。
日本に出される勧告に関心をもって、言うべきこと
は発信できるような人間でありたいと思いました。

■国連への告発を市民もできるんだということを
もっと広く知らせたい。民青もそうだけど、自分は
こう思うを1人1人が発言できる場が本当に
求められていると思いました。

■今の国内の状況をみていると、将来が不安になる
ことばかりですが、国際社会からの監視の目が
あることを知るだけでも少し活力がわくかもしれ
ないと思えました。今は働き方なども多様化して、
若い世代ほど(LGBTなど含めた)多様性を
受け入れやすいのではないかと思います。受け入れ
やすい世代が政治を担うようになれば、少しずつ
世の中は変わるんじゃないか、とも思えました。


【5回目】

■女性の権利について感想交流で話していると、
どんどん話が膨らんで教育や軍事のことにつながって
いったのが面白かったというか、興味深かったです。
ぜんぶつながっているんだなと思いました。少しは
人権が自分のものだという実感がわいたかなと思い
ます。

■女性差別撤廃条約締約国には4年に1度、条約の
実施状況について報告書を国連事務総長に提出
されることになっているが自民党政権はやる気がない。
確かに人権感覚はさびつきやすい。常にみがき続ける
ことが大事。

■女であることでこれまで感じたイラダチやモヤモヤを
嫌だ! と大きな声で言える社会になったらいいなと思う。
そのためにも政治を変えるこのが必要だなと思った。

北九州の健和会で2回目の研修。

今日(10日)の午前中は、
北九州、健和会での職員研修(中堅)。
3週間前にも同じ研修できました。2回めです。

f:id:benkaku:20190710145329j:plain

ものの見方の講義を休憩はさみ80分。
残り10分で感想交流。
みなさん集中力高めで聴いていただきました。

終了後すぐに岡山に戻ってきて、午後もお仕事。
ふいー。

学童保育指導員労組でいつものそもそも話

昨夜(9日)は、岡山市学童保育指導員労組の
学習会。ここはいつも開始が遅くて20時から。
「労働組合のそもそも」といういつものお話。

f:id:benkaku:20190709204323j:plain
毎年呼んでいただいている労働組合なので、
何回も同じような話を聴いている方も多いのですが、
今回もみなさんの真剣な学びのエネルギーを感じました。

きのうは初めて訪れるクラブが会場。
まあ当然なんですが、学童保育は学校ごとにかなり
環境が違いますね。

そして指導員さんの労働条件、本気でよくしていかないと。
もちろん選挙の話も少ししました。

全医労で安倍改憲問題

昨夜(8日)は、全医労岡山地区協議会の
執行委員会にて前段30分学習会。
テーマは「安倍9条改憲で何が変わる?」。

f:id:benkaku:20190708183022j:plain

そもそも憲法とは?から入り、
安倍政権には憲法を変える資格がないこと、
具体的に9条がどのように変わるのか、
選挙真っ最中なんで、参議院選挙の意義と争点、
そして労働組合の役割も。

20分しゃべり、10分感想交流という配分。
意外とみなさん情勢にうとかったりします。
しっかり学びの場をもつの大事ですね。