長久啓太の「勉客商売」

岡山県労働者学習協会の活動と長久の私的記録。 (twitterとfacebookもやってます)

武藤将胤著『限界を作らない生き方』

『限界を作らない生き方
 ~27歳で難病ALSになった僕が挑戦し続ける理由』
     (武藤将胤、誠文堂新光社、2018年6月)を読み終える。

f:id:benkaku:20180618100051j:plain

クレイジー(すごいという意味で)と呼ばれる
人間になりたかったという、
ひとりの若者が難病のALSになってからのチャレンジを語る。
柔軟な発想と底知れぬエネルギー。
自分の生き方を貫く強い意志と行動力。すごい。

相方がALSとなってから、
ALSの闘病記は10冊近く読んだけど、
間違いなく、本書がいちばん刺激的で、
共感するところが多かった。

武藤くんの歩み、ALSとなってからの苦悩や生活、
そしてこの分野での革新的な取り組みの数々。
ご家族や友人のインタビューもあり、内容豊富。

あらためて感じたのは、
病気になる前の生き方やものの見方が、
罹患後の生き方、目標設定などに強い影響をおよぼすこと。

ALS患者の武藤将胤ではなく、
武藤将胤がALSとなった。
でも、その生き方は変わらないし、
ハンディキャップをさらなる跳躍のバネに
しているということ。

きのうのソワニエ看護専門学校での授業の冒頭、
本書を学生さんに紹介した。
読書紹介は毎週しているが、
「読んでみたい」「自分なら…」
「ALSのこともっと知りたい」などいつにない強い反応があった。

武藤くんが若くて、世代的に近いので、
ALSのことを自分に引き付けて考えてくれた
学生さんが多かったのだろう。
もちろん武藤くんのバイタリティーもあるが。

「障害者のためのツールを見ていると、日常生活の
中の支障を減らせばいいだろう、最低限のことが
できればいいだろう、といった視点で考えられてい
ることが多いのです。疾患や障害のある人は、『と
りあえず日常生活を無事に送れることだけでありが
たい』と思っていなければいけないのでしょうか。
それ以上のこと、好きなことをやることを我慢した
り、表現活動をあきらめたりしなければならないも
のでしょうか。ALSに限らずさまざまなハンディ
を背負った人も、それぞれの制約を超えて『好きな
こと』がもっといろいろできるようになったら、前
向きにイキイキと生きていく意欲をかきたてられる
ようになると思います。僕は、ハンディがある人が
できること、その可能性を拡げたいのです」(38~39P)

武藤くんのスピリットが凝縮している言葉だ。
彼は、ほんとうに信じられないスピードで、
多くの人を巻き込みながら、
この可能性を拡げるチャレンジをし続けている。

たくさんの人に、読んでもらいたい1冊。

【本書の構成は以下】
1。制約が僕を進化させてくれる
2。自由にどこにでも行くことをあきらめない
3。障害者も健常者も、男性も女性も、
 すべての人が快適にカッコよく着られる洋服を
4。人生に限界なんてない!
 人とつながり続けるために僕がやっていること
5。『好き』を人生の推進力にする方法
6。未来のために、今できることをやり続けよう

生協労連大学部会 第32回全国交流集会in佐賀大学、にて。

土曜日(16日)は午後から、
生協労連大学部会 第32回全国交流集会in佐賀大学。
大学生協職員でつくる
労働組合の集まり(第30回in岡山大学でも講演した)です。

f:id:benkaku:20180618094848j:plain

佐賀は何べんも行ったことありますけど、佐賀大学は初めて。

f:id:benkaku:20180618094918j:plain

わりと最近オープンしたという、大学生協の食堂。
きれいな場所でした。

f:id:benkaku:20180618095001j:plain

「ゆとりのある働き方の実現と労働組合」
というテーマで50分の講演。おもに労働時間問題をお話。
大学生協の職場では長時間労働が常態化しており、
若手職員が辞めていくという事態も。
そこを改善していくための問題提起でした。

そのあと労働時間を考えるワークショップを2時間。

ワークショップの時間をたっぷりとるというのは、
現場の働き方の実態をしっかり議論したいという
主催者の強い問題意識があってのことでした。

状況を共有し、問題を把握する。
さらにそれを変えていくアクションまで考えられたらベスト。
こうした議論の場を継続的につくることが大事なんでしょうね。

終了後、寄り道なしで岐路に。
しかーし、長崎線の踏切事故で特急動かず。
在来線はなんとか動いており、新鳥栖まで出て、博多に。
帰宅は23時過ぎでした(涙)。

6月・7月とがんばって、8月は秋田!

いやあ、今週はモーレツに集中して仕事しました。
6月は集金月なので、
それにともなう諸々の雑務・実務がてんこもり。

しかし、今週のがんばりで、
今月後半もなんとかなりそうです。

毎年ですが、綱渡りの6月です。7月も。
(行けるときに行っとこうツアーはありますけど)


で。でですね。8月にレスパイト(息抜き)ひとり旅で
秋田に行くことにしました! 今日飛行機とった!
1泊2日の短期ですけど。

人生初の秋田!
これを楽しみに、しばらくは頑張れそうです。

『職場を変える秘密のレシピ47』 読書会@春日町

岡山県学習協主催で、
『職場を変える秘密のレシピ47』の
読書会をします☆ 月イチのペースで読んでいきます。

1回目は7月25日(水)18:30~20:00です。

毎回、事前にテキストの該当範囲を読んでもらい、
討論や職場の状況交流をメインにします。
どなたでも参加できます!

f:id:benkaku:20180614111152j:plain

買物にでかける

きのうは介護休みの1日。
相方と相方の妹さんと、岡山のイオンへ買い物に。
ランチは揚げたて天ぷらの定食。絶品のうまさ。

その後メガネやプレゼントを買いにいくも、
目ぼしいものなし。
代わりに夏服や靴下、一輪挿しの花瓶を購入。
最後にGODIVAのチョコソフトをペロリ。
気分転換になったよう。

f:id:benkaku:20180614094304j:plain

平日でもまあまあの人。
騒々しいからぼくはイオンとか苦手なんですが、
エレベーターの広さとか、段差がいっさいないとか、
バリアフリー面では申し分ないので、
お出かけは安心なんですよね。

訪問看護師、万引き、人が病気で、部長、職場のハラ

最近読み終えた本。
あんまり難しい本読んでませんね。


『訪問看護師ががんになって知った「生」と「死」のゆらぎ』
         (川越博美、日本看護協会出版会、2017年)

f:id:benkaku:20180604141842j:plain

ソワニエ読書日記6冊目。
白血病となった著者の体験と、訪問看護の実践と模索。
わが家も在宅ケア真っ最中なので、わかるなあ~という部分も。


『万引き家族』(是枝裕和、宝島社、2018年6月)

f:id:benkaku:20180607130014j:plain

映画館に行く時間がとれるか微妙なので、小説読んだ。
吸い込まれるように読んだ。
表層的な「常識」「善悪」「家族像」をゆさぶる物語。
細やかな生活描写。あきらめや葛藤、欠乏への眼差し。
是枝監督の人間をみる優しさ。


『人が病気で死ぬワケを考えてみた~ねじ子の医療絵図』
          (森皆ねじ子、主婦と生活社、2014年)

f:id:benkaku:20180607130034j:plain
人はなぜ病気で死ぬのか。
死因の歴史的変遷、感染症、ガン、生活習慣病を、
漫画と文章入り交じりなおもしろ解説で。
体のなかの変化がわかりやすく!ユニーク!
ソワニエ読書日記7冊目。


『部長、その恋愛はセクハラです!』(牟田和恵、集英社新書、2013年)

f:id:benkaku:20180612102429j:plain

不謹慎な言い方だが、めちゃ面白い本。
おなじセクハラ事実なのに
ハラッサー男性と被害女性の認識のズレ。
恋愛とセクハラの近い距離。
セクハラのわかりにくさやグレーゾーンの構造的理解。
あっという間の一気読み。


『職場のハラスメント~なぜ起こり、どう対処すべきか』
            (大和田敢太、中公新書、2018年2月)

f:id:benkaku:20180612102415j:plain

ハラスメント学習会の予習本。包括的に学べます。
日本には、ハラスメントを防止し規制する法律がない。
制定がのぞまれます。
ハラスメントを個人問題とせず、
社会・職場の問題としてつかむ大事さ。

ハラスメントの学習会

昨夜(11日)は、
倉敷医療生協労組の月イチ有志学習会の4回目。
それ、ハラスメントです!」がテーマ。

f:id:benkaku:20180612101702j:plain

先月参加された方から、
つぎはハラスメントを学びたいと要望が。
で、今日その方の職場実態を聞くと、典型的なパワハラで。
人権侵害であるハラスメントにどう向き合うかは、
労働組合や労働者が試されてる課題と痛感しました。

ハラスメントを詳細にガッツリ学ぶというよりは、
意見交換をメインにした学習会でした。

ごく簡単なレジュメは、以下。

1。なぜ「ハラスメント」を学びたいと?
 それぞれの体験なども交流できれば。

2。職場のハラスメント
 ◇大和田敢太氏のハラスメント定義

  「労働者に対して、精神的あるいは肉体的な影響を
  与える言動や措置・義務によって、人格や尊厳を侵
  害し、労働条件を劣悪化しあるいは労働環境を毀損
  する目的あるいは効果を有する行為や事実」

 ◇個人的な問題として処理されてきた従来の「いじめ」
  から、社会や職場の構造的な問題・課題である「ハラ
  スメント」という考え方に変わってきた。
 ◇認定にあたっては、加害者側の「意思・目的」は原則
  考慮外。「行為や事実」で判断。
 ◇労働局への相談でもっとも多いのがハラスメント事例
 ◇「○○ハラ」と細分化してハラスメントに名称をつけているのは日本だけ
 ◇したがって、言葉の用途方や定義もかなりバラつきがある
 ◇ハラスメントを包括的にとらえ防止したり
  規制する法律がないのが日本の現状
 ◇「国際労働機関(ILO)総会は8日、職場でのセクハラを
  含むハラスメントをなくすため、拘束力を持つ条約を制定す
  べきだとした委員会報告を採択した。報告はあらゆる形態の
  暴力とハラスメント禁止を明記。世界各地で性被害を告発す
  る「#MeToo」(「私も」の意)運動が広がる中、国際
  社会は職場でのセクハラ全面禁止に踏み出す」(毎日新聞6月8日)

■参考文献
 ・『それ、パワハラです~何がアウトで、何がセーフか』
  (笹山尚人、光文社新書、2012年)
 ・『部長、その恋愛はセクハラです!』
  (牟田和恵、集英社新書、2013年)
 ・『職場のハラスメント~なぜ起こり、どう対処すべきか』
  (大和田敢太、中公新書、2018年)


以下、何人かの感想文です。

■久しぶりに、いろんな方の話がきけました。すこし
力がわきました。

■ハラスメントについて色々話が出来て個々の考え方
もそれぞれあるなと思いました。意見交流会は勉強に
なりました。職場での悩みを聞いてもらえて、やはり
ハラスメントだと再認識できて、今後の対応も考えれ
て少しは前向きに考えられたような気がします。1人
1人が、もっと意識を持って言えるようになる職場に
なれば良いけど、今の状況ではほぼ無理なんだろうな
と・・・。

■交流のなかで実際にリアルな話をきいて、びっくり
しました。ハラスメントの定義について系統的に学ぶ
ことができました。ハラスメントのない職場や社会の
ために、しっかり学んで広げていかないといけないと
思います。

■ハラスメントがどんなものか知ることができました。
他の人のことを考えたり、思いやりをもって働けるよ
うな心の余裕が必要だと思いました。

学びあう場のつくり方~個人の尊厳と学習運動

(労働者教育協会第58回総会<6/10>での発言内容です)


 岡山県学習協で専従の事務局長をしています、
長久です。協会では常任理事もさせていただい
ています。よろしくお願いいたします。

 発言テーマは「学びあう場のつくり方―個人
の尊厳と学習運動」としました。10月の全国
学習交流集会in長野で、同じテーマで講演をさ
せていだく予定です。このテーマでの私の問題
意識や実践を紹介させていただきます。

 個人の尊厳とは、いうまでもなく、憲法がも
っとも大事にしている価値です。1人ひとりが、
個として、そして人間として尊重されることと
理解をしています。
 先日、岡山県高等学校教職員組合の憲法学習
会に呼ばれてお話をする機会があったのですが、
憲法の情勢問題よりも、力を入れて強調したの
は、いま学校現場や教育方法に、憲法的価値が
あるだろうか、ということです。成績や能力、
あるいは学校や教師への従順さというものさし
で、生徒1人ひとりが評価され、選別され、競
争させられています。
 そして、学校空間のなかで対話があるでしょ
うかと。対話がないところに、民主主義は育ち
ません。人と人とが尊重しあう関係はつくられ
ないと思うのです。対話を生み出すには、自分
の意見を自由に、安心して表出できる人と人と
の関係性がなければなりません。それが学校空
間にあるだろうか、と。教師と教師、生徒と生
徒、そして教師と生徒が、自由に意見をかわし、
ともに学びあい、育ちあう関係性こそが、人間
の教育に値すると思います。
 これはたんに学校現場だけの問題ではなく、
安倍政権がつくりだした分断社会への対峙方法
でもあります。違う意見や考えの人間とは交わ
らないし排除する、弱いものへの無慈悲な抑圧
と弾圧、これが安倍政権です。そうした状況に
対峙するために、自分のいる空間や人間関係の
なかで、憲法的価値を育て、取り戻すことが、
大事な課題です。岡山高教組の講演では、その
役割を担う大きな器が労働組合ではないか、と
いう問題提起をしました。

 憲法的価値を浸透させていくには、草の根か
ら対話が生まれる場をつくり、組織することで
す。たとえば職場では今、対話がとても少なく
なっています。生活や仕事の問題を自由に語り
合えているでしょうか。他者との対話を通じて、
私たちは自分の考えを相対化できるし、一致す
るところも見つけ出すことができます。相互理
解に欠かせません。また自分や仲間の育ちをう
ながすのも、「私の意見を表明する」という過
程を通じてだと思います。対話を通じた民主主
義は、成長のプロセスです。職場で自由な対話
やコミュニケーションが奪われているのだとし
たら、労働組合や、私たちの学習運動の場で、
それを取り戻していくしかありません。
 この課題を、学習運動の「学びあう場」に引
きつけてみると、私たちの運動も、よりいっそ
うの工夫や模索が求められていると思います。
学習運動の議論では、何を学ぶことが大事か、
その中身についての議論は比較的されています
が、学習課題をどのように学ぶのか、参加者ど
うしの対話やコミュニケーションをいかに作り
出すか、そのことを通じて学びあいの質を高め
る技法については、議論や経験交流が足りてい
ないように思います。

 岡山労働学校での経験をご紹介します。岡山
労働学校では、ずっと以前から、受講生どうし
の関係性の質が、学びの質を高めることを実感
的につかみ、それをうながす仕掛けをカリキュ
ラムやスケジュールのなかに組み込んできまし
た。
 たとえば、最初の第1回目の集まりで何をす
るか。1回目ですので、みな緊張ぎみです。初
めて労働学校に参加してくれる人もいます。な
かには知り合いが誰もいないのに、参加してく
れる方もいます。つまり人間関係がまだまった
くない、あるいは硬い雰囲気なのです。そこで、
いきなり講義をガーンと行うのではなく、まず
参加者どうしの交流を行います。誰とでも会話
がはずむ「偏愛自己紹介交流」というものを毎
期やっていますが、これで一気に会場の雰囲気
が変わります。いろいろおしゃべりをするので、
自分もこの場をつくっている一員だという実感
も得られやすくなります。こうした、学習会の
導入部分をどうするか、全体のスケジュールを
どう組むのかという問題は、たとえ単発の学習
会であっても、すぐれて重要かつ思想的な問題
でもあると私はとらえています。
 また、労働組合や市民運動などの学習会で、
講義を聞いて質疑応答して終わり、発言するの
はごく一部の役員だけ、というものを私はたく
さん経験してきました。参加者はまったく受動
的で、講義を聞いて帰るだけです。ひどい場合
には感想文さえない。いったいなんのための学
習会でしょうか。学習会が成功したのかどうか
の判断をどうやってするのでしょうか。労働組
合も、さまざまな運動団体も、大きな敵とたた
かっています。1人ひとりの構成員が力をつけ
なければ、とても闘えないのです。なのに、参
加者はいつまでたってもお客さん。もちろん学
習内容にもよりますが、双方向や対話を交えた
学びの場を、私たちは意識的につくりだしてい
かなくてはならないし、その技術的工夫が必要
だと感じています。

 岡山労働学校では、始まる前に音楽を流して
雰囲気を明るくしたり、講義の前の15分間受
講生にしゃべってもらうコーナーをつくったり、
グループ討論の人数や配置なども、細かく計算
して行っています。
 たとえば、グループ討論の人数は、何人が望
ましいとみなさんは考えるでしょうか。5人か、
6人か、7人か。何人以上になれば分割して2
つにわけますか。こんな細かいことも、じつは
理論がきちんとあります。今年に入って、ファ
シリテーションに関する本をたくさん読んだの
ですが、そこには、1つのグループが7人を超
えると、手抜きをする、つまり自分は意見交流
や議論に参加しなくてもいいやと思う人が急速
に増えると書いてあります。だからグループ討
議の基本は5人から6人だと。さらに細かく、
2人での対話のメリットデメリット、3人の場
合はどうか、4人はどうかなど、かなり緻密に
考えられ、教訓化されているなと思いました。
グループ分けの人数なんてあまり厳密に考えて
こなかった、という方も多いと思いますが、人
間の心理的な側面、若い人はディスカッション
の訓練に乏しい現状などもふまえ、さまざまな
工夫や配慮が必要で、その場その場で臨機応変
に最適の環境を整えていくことが求められてい
ます。そして経験を蓄積し、交流をしていくこ
とが大事です。
 学習会の空間づくりは、とても大事な成功の
条件です。人間は自分が思っている以上に、物
理的な影響を受けやすいのです。会場はきれい
か、明るさはどうか、机の配置はどうか、講師
との距離、座り方をどうするか。空間をデザイ
ンするのも、学びあう場をつくる主催者の責任
です。それが参加者の育ちあいをうながすので
すから。
 こういう学習会の技術的側面をなぜ強調する
かというと、発言テーマでもある、個人の尊厳
と学習運動にとって、欠かせない問題意識だか
らです。学習会の場でも、1人ひとりが尊重さ
れ、人間として学びあい、高まりあう。講師や
主催者に学習会はおまかせではなく、面倒くさ
いようでも参加者1人ひとりが学びの場づくり
に参加してもらう、このことが大事だと考えて
います。民主主義もそうですが、おまかせして
ラクをするものは、たいてい身につきません。
面倒くさくても、自らの頭で考え、対話し、新
しい視野をひらき、仲間をつくりだしていく。
これこそが、個人の尊厳がうたわれている状況
のもとでの、ふさわしい学習会のあり方だと思
います。
 なにより、そのほうが楽しいです。講師の話
を聞くものもちろん面白いけれども、それ以上
に参加者どうしの交流が楽しかった。そんな感
想をもつ人はたくさんいます。楽しいことは、
続きます。また来ようと思います。新しい創意
工夫も生まれます。憲法的価値を体感できる学
習会こそ、楽しい学習会です。

 学習運動は、伝統的に集団学習を重視し、
「学ぶ集団づくり」への目的意識をもってきた
運動体です。その意味で、その伝統を今日的に
発展させ、学びあう場の質をより高め、1人ひ
とりが輝く学習会、1人ひとりが主体者になる
学習会を、あたりまえのスタイルにしていくこ
とが求められていると思います。
 長野の全国集会では、より具体的に参加者に
問いかけをし、また参加者が楽しめる時間にし
たいと思っています。秋の魅力たっぷりの長野
に、全国からたくさんの仲間がつどい、情勢を
切りひらく主体的な力を育てあう3日間にでき
ればと思います。ともに成功のためにがんばり
ましょう。

労働者教育協会の総会に参加

きのう(10日)は朝イチの飛行機で東京へ。

9時半から労働者教育協会の
第58回総会(2日目)に参加しました。
情勢の特徴、学習運動の役割、
勤労者通信大学の取り組み、10月の長野での全国集会、
いま学びの教訓はなにか、
など、熱心に討論がされたようであります(1日目の聞いてませんが)。

f:id:benkaku:20180611100728j:plain

写真は、あたらしく北海道学習協の事務局長に
なられた方の発言。北海道ぜひがんばってほしいです。

私は、
「学びあう場のつくり方~個人の尊厳と学習運動」
というテーマで発言しました。
10月の全国学習交流集会in長野で同じテーマの講演をする予定で、
その問題意識をあれこれ。内容は別記事でアップします。

総会では、引き続き常任理事に選出されました。
また1年間がんばります。

終了後、
労教協主催での不破哲三氏の未来社会論の講演が
あったのですが、飛行機の時間があったので、
聞かずに帰路へ。ざんねん。

憲法25条を活かすとはどういうことか

土曜日(9日)午後は、
岡山医療生協くらしの委員連絡会総会にて
憲法25条を活かすとはどういうことか」の講演。

憲法とはなんだろう、
なぜ「生活を営む権利」を憲法はうたっているのか、
他国の憲法などにみる「生活」の人権規定、
社会保障の権利性の根拠はどこに置かれるか、
社会保障財源と再配分、
運動なくして社会保障なし、人権感覚をみがこう、
という流れ。

f:id:benkaku:20180611095954j:plain

最終的に60名ぐらいの参加者でした。
そして圧倒的に女性。
こういう活動に男性が少ないのも社会的な背景がありますね。
みなさん熱心に聞いていただきました。

ちょっと玄人知識として、
憲法25条1項と森戸辰男と大原孫三郎、人間裁判と社会運動も。

生活保障である社会保障財源に「生活税」である消費税をという矛盾。

年金制度が生活保障となっていない現状。

生活の自己責任からの脱出として、
歴史的に勝ち取ってきた社会保障制度。
その根底には人間の尊厳という大原則。

おかしいと異議申し立てをするにはエネルギーが必要。
織や運動のなかで発声練習を。
徹底的に「人間らしい生活」にこだわろう!
人生は1度きり!

などなど、あれこれお話しました。
みなさんの反応(笑うところで笑うなど)もすばらしく。
ありがとうございました。